映画:必死剣鳥刺し

「必死剣鳥刺し」のネタバレあらすじと結末

必死剣 鳥刺しの紹介:2010年に製作された時代劇ドラマ。藤沢周平の「隠し剣」シリーズの一編を映画化した作品で、監督は平山秀幸、主演は豊川悦司が務めた。藩主の側室を殺し罪に問われた藩士が迎える衝撃の最期を描いていく。

あらすじ動画

必死剣鳥刺しの主な出演者

兼見三左エ門(豊川悦司)、里尾(池脇千鶴)、帯屋隼人正(吉川晃司)、津田民部(岸部一徳)、右京太夫(村上淳)、連子(関めぐみ)

必死剣鳥刺しのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 必死剣鳥刺しのあらすじ1

必死剣鳥刺しのシーン1 物語の舞台は江戸時代、海坂藩。この東北の小さな藩で驚くべき事件が起こることから、物語は始まります。それは、多くの藩士が控える城内で、藩主である右京太夫の側室の蓮子が刺殺される、という事件でした。蓮子を殺したのは、物頭の兼見三左エ門、策謀とは縁のない真面目な藩士として知られていた人物でした。

兼見は死を覚悟しての行動でしたが、意外なことに藩から下された裁きは一年の閉門でした。兼見はこの裁きに戸惑いながらも、自らの屋敷の一室にこもり始めました。その間、兼見の面倒を見たのは、里尾という若い娘でした。里尾は兼見の亡き妻の姪で、嫁入り先から出戻って以来、兼見の家に身を寄せていました。里尾は泣き言一つ言わずに慎ましい生活を送り、兼見の閉門を見守っていました。そんな中、里尾は兼見が蓮子殺害を図ったのは、死に場所を求めていたからではないか、と推測しますが、本人に確認することはありませんでした。当の兼見は、亡き妻との美しい記憶に思いを馳せながら時を過ごしていました。

兼見が蓮子を殺した背景には、蓮子の日頃の行き過ぎた行いにありました。藩の財政が逼迫しているにもかかわらず、蓮子は藩の政策に口出しをして贅沢を楽しんでいました。蓮子はとても美しい女性でしたが、同時に反論する者に切腹を命じる残酷さも持っていました。

藩の中には現在の藩政に反感を抱く者も多く、その筆頭は藩主の別家にあたる帯屋隼人正でした。帯屋は面と向かって蓮子を「めかけごとき」と呼び、右京太夫に善政を望みますが、元々帯屋と折り合いの悪い右京太夫は帯屋の話に聞く耳を持ちませんでした。

それから間もなく、藩の悪政によって貧困を強いられた農民たちはついに一揆を起こしました。藩士たちはただちに鎮圧にあたりますが、そこに帯屋が現れました。農民からの信頼が厚い帯屋は農民たちの訴え状を預かり、確実に右京太夫に伝えることを約束しました。ところが、農民の訴えに対して右京太夫は応えることはなく、一揆の首謀者の打ち首を命じました。帯屋は晒された農民の首を前に黙り込んでしまうのでした。

【承】- 必死剣鳥刺しのあらすじ2

必死剣鳥刺しのシーン2 蓮子の死から長い時が流れ、兼見は閉門御免となり、久しぶりに日の光を浴び、外の空気を吸いました。しばらくの間、兼見は藩内を回って時を過ごしました。そんなある日、兼見は中老の津田から呼び出され、近習頭取を任じられました。意外な言葉に驚く兼見に、津田は右京太夫の本心を伝えました。右京太夫は兼見の才能を惜しく思っているというのです。しかし、兼見はにわかに津田の言葉を信じることはできませんでした。事実、近習頭取として仕えるようになってから、右京太夫は兼見と目を合わせようともせず、疎ましく感じているようにも見えたのです。

そんなある日、兼見は津田から呼び出しを受けました。津田はなぜ近習頭取の役を兼見に任じたのか、理由を明かしました。それは、兼見の剣の腕前にありました。兼見は「鳥刺し」という必勝の技を会得しており、それは兼見にしか使えないものでした。鳥刺しには「必死剣」という別名があり、半ば死んだ状態でなければ使えない技だといいます。津田はその剣を右京太夫の命を守るために使って欲しいと頼んできました。剣の名手である帯屋が右京太夫の命を狙っており、その企みを防いで欲しいというのです。兼見は帯屋を間近で見たことがあり、そのときに感じた雰囲気から帯屋が簡単に倒せる相手ではないことは間違いありませんでした。

【転】- 必死剣鳥刺しのあらすじ3

必死剣鳥刺しのシーン3 兼見は家に戻り、剣の稽古をしてから風呂に入ると、里尾が背中を流すために入ってきました。背中を洗われながら、兼見はかねてから進めていた里尾の縁談話について話題を振りました。しかし、里尾は縁談を拒否し、兼見の肩に抱きつきました。里尾は昔から兼見に恋心を抱いており、「叔父様のおそばにいたいのです。いつまでも」と口にしました。兼見はずっとそばにいた里尾の気持ちにようやく気づき、驚きの表情を浮かべました。

その夜、兼見はしばらく布団の中で考えた末に、部屋を出ました。そして、里尾の部屋に向かい、里尾を抱くのでした。その翌日、兼見は里尾に屋敷を出て遠い親類の家に行くよう指示しました。はじめは兼見との別れを拒んだものの、「時期が来れば迎えに行く」という兼見の言葉を信じ、里尾は屋敷を出て行きました。里尾が出て行って間もなく、右京太夫と帯屋の対立は緊張感を増し、兼見は帯屋の討ち入りが近づいていることを予感しました。

ほどなくして、ある雨の日に帯屋は城内に押し入ってきました。兼見はすぐに右京太夫を避難させ、帯屋と対峙しました。兼見は帯屋に説得を試みますが、帯屋は「邪魔する者は斬る」と言って譲らず、両者は激しい斬り合いを演じます。しかし、兼見は一瞬の隙をつき、帯屋に斬り込むことに成功します。帯屋はその場に倒れ込み、息を引き取りました。

【結】- 必死剣鳥刺しのあらすじ4

必死剣鳥刺しのシーン2 その直後、津田が大勢の剣士を連れて兼見の前に現れました。「兼見が乱心の上、隼人正様を斬ったぞ。逃さずに討ち取れ」…津田が発した思いがけない言葉に兼見は驚きますが、弁明する暇もなく剣士たちは襲いかかってきました。兼見が帯屋との戦いで負傷しているにもかかわらず、剣士たちはなかなか兼見にとどめを刺すことはできません。

戦いを続けながら、兼見は津田の思惑に気づきました。剣の達人である兼見を帯屋殺しに都合良く使う…右京太夫と津田が不自然すぎるほど特別な待遇を与えてきた理由を、兼見はようやく理解しました。兼見は津田の下に向かおうとしますが、剣士たちが行く手を阻み、兼見はあちこちを斬られてしまいます。それでも兼見は津田をめがけて這いつくばりますが、あとほんの少しのところで斬り殺されてしまいました。

しかし、油断して津田が兼見の死体に近づいたときでした。突然兼見の体が俊敏に動き、刀で津田の心臓を貫いたのです。津田を刺すと、兼見は再び目を閉じ、息を引き取りました。ある若い剣士は、本物の必死剣を見せつけられ、唖然としていました。

それから時は流れ、里尾は親類の家で兼見の迎えを待っていました。その手には、兼見との間に産まれた赤子と、兼見が閉門中に作った木彫りの鳥がありました。里尾は「今日もいらっしゃらなかったわね」と赤子に語りかけ、里山の向こうを眺めていました。

みんなの感想

ライターの感想

なぜ側室殺しの男がここまで特別な待遇を受けるのか、その意外な展開には驚かされました。主人公と同様、悪徳中老になり切った岸部一徳の演技にすっかり騙されてしまいました。津田を始めとする城内のずる賢い人間たちをこうして嫌らしく描くことで、兼見、帯屋、里尾がより実直で魅力的なキャラクターとして映し出されていると思いました。また、ラストの斬り合いは緊迫感が張り詰め、たいへん見応えがありました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「必死剣鳥刺し」の商品はこちら