「悲しみに、こんにちは」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【結】– 悲しみに、こんにちはのあらすじ4

悲しみに、こんにちはのシーン4

画像引用元:YouTube / 悲しみに、こんにちはトレーラー映像

祖父母がフリダとアナにプレゼントをもって遊びに来た。フリダには青いパジャマ、アナにはピンクのパジャマ。

フリダは自分もピンクが良かったと言って青いパジャマを祖母とマルガの前で丸めて捨てた。

それを祖母が拾って店で交換してくるからと言った時、フリダはわざと青いパジャマの上に牛乳をこぼした。

マルガはフリダを叱り、そのパジャマをフリダに洗わせた。

祖父母が帰ろうとした時、フリダは一緒に行くと駄々をこねたが、エステバが抱き上げ、祖父母が乗った車は走り去った。

夜。フリダは家を出て行こうと人形たちをリュクに詰め込み、靴ひもを自分で結んだ。

台所で果物を袋に入れていた時、アナが起きだしてきてどこに行くのかと聞く。

フリダが、自分は嫌われているから家に帰るというと、アナは「私はフリダが好き」という。

フリダはリュックの中から人形を一つ取り出し、アナにあげると家を出て暗い道を歩き出した。

家ではエステバもマルガも起きだし、フリダを捜そうと外へ出た。

夜道が心細くなったフリダは家に帰って来て外に隠れていたが、フリダを捜していたエステバとマルガの横を通りながら、「暗いから明日にする」と言い、家の中に入って行った。

夏休みが終わりかけていた。マルガとフリダはリストをチェックしながらフリダが学校へ行く準備をした。

フリダから、ママは何で死んだのかと聞かれたマルガは、「ウィルスが小さな虫みたいに体の中に入って悪さをしたの。ウィルスは大きくなって、ネウスは戦う力が亡くなって死んだ」と説明した。

ネウスが亡くなった時、フリダは病院には連れて来られていなかった。

ネウスは娘の世話ができなくて悲しんでいたことをマルガは伝えた。

フリダは、マルガに心を許し始めており、「病気にならないよね」とマルガを心配した。

夜、お風呂から上がったフリダとアナは、ベッドの上で祖母から貰ったパジャマにエステバに着替えさせてもらった。

しかし、ベッドで楽し気に飛び跳ねていたフリダだったが、急に涙がこみあげてきて泣き出してしまう。

なぜ泣くのか、フリダは自分でもわからなかった。

そんなフリダをマルガは優しく抱きしめた。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「悲しみに、こんにちは」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×