映画:愛と情事のあいだ

「愛と情事のあいだ」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

愛と情事のあいだの紹介:心臓外科医のディエゴは、妻エミリアと息子ルーカスと幸せに暮らしていた。ある日のディナーでディエゴとエミリアは、友人のリチャードとその恋人ベディナから衝撃の事実を聞く。なんと二人は恋人同士にも関わらず他の人と肉体関係をもって楽しんでいると言う。興味津々なエミリアにディエゴは困ってしまう。ディエゴとエミリア、リチャードとペディナが巻き起こす出来事をコミカルに描いた作品。

愛と情事のあいだの主な出演者

ディエゴ(アドリアン・スアル)、ベティナ(カルラ・ペテルソン)、リチャード(フアン・ミヌヒン)、エミリア(フリエッタ・ディアス)

愛と情事のあいだのネタバレあらすじ

【起】– 愛と情事のあいだのあらすじ1

心臓外科医のディエゴはパートナーのリチャードと共にシンポジウムで表彰されます。その後に妻のエミリアとリチャードの恋人のベティナと4人で食事をします。彼らは長い付き合いで秘密はないほどでした。

食事の途中でエミリアはベティナから衝撃の事実を聞きます。それはリチャードもベティナも他の人と肉体関係をもっていて、お互いに様子を見せ合っているというものでした。

ディエゴにその事を話すエミリアは興味津々でした。堅い考えのディエゴは拒否しますが、エミリアの参加したい熱意に負けてしまいます。リチャードにその事を話すとパブロのパーティーに行こうと誘われます。

パーティーに行くとエミリアはとても楽しんでいました。ディエゴは気が気でない様子でキスになりそうな段階でエミリアを家に連れて帰ります。

残念な思いをしたエミリアはベティナをディエゴに差し向けます。誘惑されたディエゴは練習をしようと話しにのります。週末にリチャードとベティナの家にディエゴとエミリアは行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「愛と情事のあいだ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×