映画:戦火の馬

「戦火の馬」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

戦火の馬の紹介:第一次世界大戦が背景の戦争映画。一頭の馬の視線を通して人々の生き様を描いた作品。スティーブンスピルバーグ監督によるヒューマンドラマ。

あらすじ動画

戦火の馬の主な出演者

アルバート・ナラコット(ジェレミー・アーヴァイン)、ローズ・ナラコット(エミリー・ワトソン)、テッド・ナラコット(ピーター・マラン)

戦火の馬のネタバレあらすじ

【起】– 戦火の馬のあらすじ1

イギリスのとある貧しい村の男の子が一頭の馬と出会う所からストーリーが始まります

このお話の主人公は馬です

馬と出会った男の子・アルバートは貧しい家庭で育ち、厳しく優しい母親と気難しい父親と暮らしていましたそして馬はジョーイと名付けられ、アルバートはなんとかジョーイを手なずけようと、日々世話をします

ジョーイは美しいサラブレッドですが気性が荒く、なかなかなつきません

しかしアルバートが一生懸命ジョーイを調教し、ついには一家の助けとなります

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「戦火の馬」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ