「手紙(東野圭吾・原作 2006年)」のネタバレあらすじと結末の感想

手紙(東野圭吾・原作 2006年)の紹介:2006年公開の日本映画。東野圭吾の同名小説を映画化。犯罪者である兄と、その弟との手紙のやりとりを軸に、加害者の親族の視点で心情を描いた作品。

手紙(東野圭吾・原作 2006年)の主な出演者

武島直貴(山田孝之)、武島剛志(玉山鉄二)、白石由実子(沢尻エリカ)、中条朝美(吹石一恵)、中条(風間杜夫)、嘉島孝文(山下徹大)、寺尾祐輔(尾上寛之)、緒方(高田敏江)、緒方忠夫(吹越満)

手紙(東野圭吾・原作 2006年)のネタバレあらすじ

【起】- 手紙(東野圭吾・原作 2006年)のあらすじ1

武島剛志と直貴は両親を亡くした兄弟です。兄・剛志は弟・直貴を大学にやる学費欲しさに空き巣を働きますが、初老の女性・緒方の帰宅と鉢合わせます。緒方に植木ばさみで襲われた剛志は返り討ちにし、強盗殺人の罪で無期懲役の求刑を受け、千葉刑務所に服役します。
剛志と直貴は仲の良い兄弟だったので、手紙のやりとりをしました。
直貴は大学進学を断念し、川崎の工場で働きながら、幼馴染の親友・祐輔とお笑いコンビ〝テラタケ〟を組んでプロを目指します。
犯罪者の弟ということで差別を受ける直貴は、いつしか周囲の人間と距離を置く生活を送るようになっていました。直貴に惹かれアタックする食堂の配膳係・由実子にも辛く当たります。

【承】- 手紙(東野圭吾・原作 2006年)のあらすじ2

直貴は引っ越しや転職を繰り返しながら暮らしました。加害者の親族ということで、いわれなき差別を受けるからです。
この頃から直貴は徐々に、兄である剛志の存在を疎ましく思うようになり、手紙を出さなくなりました。しかし剛志からは手紙が届きます。
〝テラタケ〟がテレビ出演を果たし、ブレイクします。直貴は大企業の専務令嬢・朝美と愛し合うようになりますが、ネットの掲示板で名前をさらされ、テレビ出演やCM出演の話がすべてボツになりました。
相方の祐輔に迷惑をかけたくない直貴は〝テラタケ〟解散を宣言し、祐輔にピンで活動するよう言います。
朝美の父・中条に剛志の存在が知られ、直貴は別れさせられました。

【転】- 手紙(東野圭吾・原作 2006年)のあらすじ3

直貴は剛志の存在を頭から消そうとします。
電器店に就職した直貴は、剛志の件がもとで左遷させられました。ふてくされる直貴に変わらず接してくれるのは、親友・祐輔と由実子でした。
由実子の父が騙されて借金を作り、そのせいで家族がばらばらになった過去を持っていました。直貴の心情を理解する由実子は、直貴のふりをして剛志へ手紙を送り続けていました。由実子の愛を知った直貴は結婚します。
数年後、直貴と由実子には娘・実紀ができていました。しかし相変わらず直貴の周辺では差別が続きます。
実紀までもが差別されていることを知った直貴は、とうとう剛志に今までの差別の事情を書き、兄弟の縁を切りたいと手紙に綴ります。

【結】- 手紙(東野圭吾・原作 2006年)のあらすじ4

全部を清算するため被害者遺族に会いに行った直貴は、剛志が被害者の息子・緒方忠夫にも毎月手紙を送り続けていたことを知りました。
忠夫は「手紙は彼にとっての般若心経だ(綴ることで罪滅ぼしをする)」と気づいたと言い、剛志を許すと告げます。直貴も剛志の心情に気づき、涙しました。
ピン芸人として活躍する祐輔に、刑務所慰労訪問の話が来ます。それを受けた祐輔は、直貴に話を持ちかけました。
一度だけの再結成をした祐輔と直貴は、刑務所慰問コンサートに〝テラタケ〟として赴き、アドリブで兄の話題をネタにしつつ「切り離すことのできない兄だから」と伝えます。
観客の中には、泣きながら直貴を見つめる剛志の姿がありました。

みんなの感想

ライターの感想

兄とは顔を合わせたくなかった弟が、刑務所への慰問コンサートに行くことになり、そこに兄がいることを知ります。そして、仲がもつれていたにも関わらず、兄にしか伝わらない兄への思いをぶつけるのです。
何があっても兄貴は兄貴なんだというその言葉が、兄の胸にも突き刺さり人目をはばからずに涙します。そのシーンは、これまでの苦節を見てきたからこそ、一緒に泣くことができ感動的でした。二人は心の底からお互いのことを思い合っているということが分かりました。
  • 孝之ファンさんの感想

    山田孝之さんの大ファンです。この映画を観て 益々山田孝之の演技力に魅せられました。

  • なっちゃんさんの感想

    今、たまたまこの映画を見て最後に号泣しました。山田孝之さん、沢尻エリカさんの演技最高です。最後の赤いレンガの建物に縁があり面会に行きました。そのとき私じゃないのに何故?と罪悪感を感じましたが、みんなつらいんですよね。この映画を作ってくださったスタッフの皆様へ感謝のお礼を言いたいです。ありがとうございました。

  • ロキさんの感想

    被害者家族、加害者家族の辛さがよく分かりました。罪なき人が苦しむのは、加害者より辛いと思います。偏見を無くす社会にする為に、この様な映画を作って頂きたい。ありがとうございました。

映画の感想を投稿する

映画「手紙(東野圭吾・原作 2006年)」の商品はこちら