「旅するジーンズと19歳の旅立ち」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

2008年アメリカ映画。原作は『ジーンズ・フォーエバー トラベリング・パンツ』。前作『旅するジーンズと16歳の夏』から3年後、魅力的な4人の主人公の続投で期待は高まります。一本のジーンズがまたもや離れ離れの4人を繋ぎます。

あらすじ動画

旅するジーンズと19歳の旅立ちの主な出演者

ブリジット(ブレイク・ライブリー)カルメン(アメリカ・フェレーラ)リーナ(アレクシス・ブレデル)ティビー(アンバー・タンブリン)ブライアン(レオナルド・ナム)コスタス(マイケル・レイディ)レオ(ジェシー・ウィリアムズ)イアン(トム・ウィズダム)エフィー(ルーシー・ヘイル)ジュリア(レイチェル・ニコルズ)ナズリン(ショーレ・アグダシュルー)ビル・カー(カイル・マクラクラン)ブリジット父(アーニー・ライブリー)ブリジット祖母(ブライス・ダナー)カルメン母(レイチェル・ティコティン)

旅するジーンズと19歳の旅立ちのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

母親のお腹の中で、生まれる前から出会っていた4人の少女たちは、強い絆で結ばれ、常に支え合っていました。そして16歳の夏に出会った不思議な1本のジーンズが、それぞれの道は違えど心はひとつだと教えてくれました。まるで体型が違う4人がぴったり履きこなせる不思議なジーンズは、4人と共に様々な変化を受け入れながら、いまも行き来しています。 高校を卒業した4人は別々の大学に進みます。16歳の夏から3年。そろそろジーンズはその役目を終え、これからはそれぞれの力で道を切り開いていくべきかと考え始めている4人です。

【起】– 旅するジーンズと19歳の旅立ちのあらすじ1

旅するジーンズと19歳の旅立ちのシーン1

画像引用元:YouTube / 旅するジーンズと19歳の旅立ちトレーラー映像

ティビーは、友の死を一緒に乗り越えたブライアンと付き合っています。ニューヨーク大へ進み、相変わらず映画を撮っていてます。

ブリジットはサッカーの強豪ブラウン大へ進学し、この夏はトルコの考古学合宿に参加します。父とは変わらずぎこちない関係のままです。

リーナは奨学金を得てロートアイランド美大へ進みました。ギリシャの祖父が亡くなり、葬儀でコスタスに再会しました。遠距離がうまくいきませんでしたが、気持ちは十分残っていました。しかしコスタスから「結婚したんだ」と告げられます。子どもを授かったようです。事情を知った3人もかける言葉が見つかりませんでした。

イエール大に進んだカルメンは自分の居場所を失っていました。今度は母親が再婚し、出産と引っ越しも控えています。夏は4人で過ごせると思っていたのにみんな予定が入っていて、少々投げやりに親しくなったばかりの舞台女優の誘いに乗り、バーモントに同行することにしました。

夏がやって来ます。「毎年やらなくてもいいんじゃないの」という雰囲気の中、儀式のためにいつもの聖地へ。ジーンズはもう役目を終えているのでは?と実は誰もが思っていたのでした。一番遠方に旅立つブリジットがジーンズを持って出ます。

旅の準備中に母方の祖母、グレタからブリジットへのたくさんの手紙を見つけました。父親に問いただしても歯切れが悪いので、ひとまずこれも荷物に詰めました。

発掘現場では、研修監督のナズリン教授を含め愉快なメンバーに恵まれ、毎日楽しく過ぎていきます。取り立てて何もなくジーンズはリーナの元へ。

ある日、立ち入り禁止区画の地下に落ちてしまったブリジット。無茶ばかりするとナズリンから注意を受けます。そのとき35歳で死を選んだ母親の話になると、ナズリンも戦争で家族も家も失った、だからこそ残されたものや耐え抜いたものに惹かれるんだと話してくれました。

その後は取り憑かれたようにグレタからの手紙を読み続けます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「旅するジーンズと19歳の旅立ち」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×