映画:旅猫リポート

「旅猫リポート」のネタバレあらすじと結末

旅猫リポートの紹介:2018年10月26日公開の日本映画。『図書館戦争』など数々の映像化作品で知られるベストセラー作家・有川浩の同名小説を、福士蒼汰主演で映画化したハートフルな物語。大ケガから救ったのを機に、深い絆を育んできたネコを手放すことになった青年が、新しい飼い主を探すための旅に出る…。

あらすじ動画

旅猫リポートの主な出演者

宮脇悟(福士蒼汰)、ナナ(トム&声・高畑充希)、杉千佳子〔旧姓・咲田〕(広瀬アリス)、杉修介(大野拓朗)、澤田幸介(山本涼介)、吉峯大吾(前野朋哉)、幼少期の悟(田口翔大)、幼少期の幸介(二宮慶多)、(中村靖日)、神崎(戸田菜穂)、モモ(声・ 沢城みゆき)、虎丸(声・前野智昭)、宮脇健悟(橋本じゅん)、宮脇和子(木村多江)、澤田慶介(田中壮太郎)、澤田洋恵(笛木優子)、法子(竹内結子)

旅猫リポートのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①野良猫ナナを飼っていた悟は悪性腫瘍が見つかり、ナナの新たな飼い主を探す。転校を繰り返した悟の友人はみな快諾してくれるが、ナナは拒否。ナナは悟の叔母・法子のところへ。 ②余命わずかな悟の病院のそばで過ごしたナナは、法子と共に悟の最期を看取った。

【起】- 旅猫リポートのあらすじ1

旅猫リポートのシーン1 東京。

野良の三毛猫のナナは、あることがきっかけで宮脇悟の飼いネコとなります。
そのきっかけは、5年前のある日のことでした…。

…5年前。
ナナはその頃は、生粋の野良猫でした。
悟はナナの熱心なファンで、ナナもそれを知っています。
ナナが悟の車のボンネットに座っていると、悟は喜んでいました。

ある春の夜。
ナナは車道を渡っており、車に轢かれます。
瀕死のナナは悟のことを思い出し、心の中で呼びました。
その念が通じ、悟が駆け付けます。

悟の手によって動物病院へ運ばれたナナは、一命を取り留めました。
それ以降、ナナは悟の飼いネコとして、暮らすようになりました…。

そうやって5年間、ナナと悟は一緒に暮らしていました。
しかし悟はある事情で、ナナを飼い続けることができなくなります。
そこで悟はナナをキャリーバッグに入れ、車の助手席に積みました。
車のルームミラーのところには、交通安全のお守りつきの、三毛猫キーホルダーがつけられています。
(注:キーホルダーは小学時代に手に入れている。後述)
悟とナナは、ナナの新たな飼い主探しの旅に出ます。



最初に行ったのは、悟が小学時代に親友だった、澤田幸介のところでした。
幸介は「俺でよければ飼うよ」と、ふたつ返事で引き受けてくれています。

幸介の家は、澤田写真館といいます。悟が幼少期のころから、幸介の父・慶介が経営していました。
いまは幸介が父から引き継いで、写真館を経営しています。
幸介は結婚していますが、事情があって妻はいっしょに暮らしていないそうです。
(注:事情はあとで判明)


ナナを見た幸介は、「ハチにそっくりだな」と言いました。
ハチは、幸介と悟の、小学時代の思い出の猫です…。

…小学時代、悟と幸介は猫を拾いました。ナナとそっくりの三毛猫です。
ハチを飼いたがったのは、幸介でした。
幸介は家に連れ帰りますが、幸介の父・慶介は厳しい父親で、猫を飼う許可を出しません。
思い余った悟と幸介は、猫を連れて家出騒動を起こしました。

大人たちに見つかり、逃げた先は、学校の屋上です。
悟は地上にいる大人たちに、「来たら飛び下りるぞー! …って、幸ちゃんが言ってます」と脅します。
その場の話し合いで、悟が代わりにハチを飼うことになりました。

悟の家では父・健悟と母・和子が仲良くしています。父は母の尻に敷かれていました。
両親と悟のもとで、猫のハチはかわいがられます。

修学旅行の荷物をまとめない悟に、母が怒りました。
あとで父が悟のところへ来て、「京都のお土産、よーじやのあぶらとり紙を買ってくれば、仲直りの糸口となる」と教えます。

京都で悟はまず、父親宛にお土産を買います。交通安全と書かれた、三毛猫のキーホルダーです。
(注:オープニングで出てくる、ルームミラーについているもの)

【承】- 旅猫リポートのあらすじ2

旅猫リポートのシーン2 母宛に悟は、あぶらとり紙を買いたいのだと幸介に言いました。しかし、どこの店のものか名前を度忘れしています。
幸介が女子生徒といっしょに出かけていき、あぶらとり紙を手に入れました。
キーホルダーの会計をしていた悟は、担任の女先生に連れていかれます。

旅行の途中で悟がいなくなったことを、幸介はいぶかしみました。
旅行から帰った幸介は、両親から「悟の両親が、交通事故で他界した」と聞かされます。

悟の両親の葬儀に出かけた幸介は、悟にあぶらとり紙を渡しました。
それを見て初めて悟は、両親の死に涙を流します。それまでは実感がわかず、泣けなかったのでした。


両親が亡くなった悟を、親戚の誰も引き取ろうとしません。
施設へ預けようとする親族を見て怒ったのは、母・和子の妹、まだ独身の法子(のりこ)でした。
判事をする法子に、悟は引き取られることになります。

叔母の法子は転勤が多く、官舎住まいでした。ペットを飼うことができず、悟はハチを手放さないとなりません。
それを知った幸介は、今度こそ父・慶介にハチを飼わせてくれと言いますが、許可されませんでした。
ハチは悟の親戚にもらわれます…。


…小学時代の思い出を振り返った悟は、幸介から近況を聞きます。
幸介と妻が結婚した後、幸介は勤め先を辞めて、父・慶介の写真館を継ぎました。
幸介の妻は妊娠しますが、流産してしまいます。
それを知った父・慶介は、「これで分かった、子が産めるって」とひどいことばをかけました。
義父の発言に傷ついた妻は、実家に帰ってしまいます。

それを聞いた悟は、幸介に「奥さんと一緒に、新しい猫を探せ」と言いました。
ナナを引き渡す話は、白紙に戻ります。

悟はナナを連れて、写真館を去りました。
幸介は悟に言われたとおり、妻に電話をかけて、猫を探そうと言います。



移動をする悟は、ナナに中学時代の友人に会わせるぞと言います。
その話題の最中に、当人、吉峯(よしみね)から悟に、電話がかかりました。
吉峯も猫の引き取りを快諾してくれていたのですが、「子猫を拾ってしまった」と言い、電話で断りが入ります。
(中学時代の知人は、吉峯。転勤族の叔母・法子と暮らしている関係で、悟は転校続きだった)

悟は続いて、高校時代の友人のところへ車で移動します。



高校時代の同級生は、杉修介と千佳子夫妻でした。
現在、修介夫婦は、ペット同伴可のペンションを経営しています。

【転】- 旅猫リポートのあらすじ3

旅猫リポートのシーン3 …修介も千佳子も、悟と親しくしていました。修介と千佳子は幼馴染です。
千佳子は高校時代からすでに、動物好きでした。川の中州に取り残された犬を助けるために、試験を放り出すくらいです。

夏休み、悟は四国の高松で飼われている猫のハチに会うため、交通費を捻出するためにバイトをしたいと思います。
それを聞いた千佳子が、自宅の茶畑の手伝いのバイトを募りました。
悟に付き合って、修介もそのバイトをします。

修介は千佳子が好きでした。しかし千佳子は幼馴染の修介を意識せず、悟にほのかな思いを寄せています。
修介は千佳子の想いに気づき、悟に奪われないかとやきもきしていました。

茶畑でバイトしていた悟ですが、ハチが車に撥ねられて亡くなった知らせが、電話で入ります。
落胆する悟を叱ったのは、千佳子でした。
千佳子は、会いに来ようとしていたことを見せるため、高松へ行って来いと悟にアドバイスします。
悟はその助言どおり、高松へ行きました。

後日。
悟は修介と千佳子にお土産を渡します。
千佳子に渡したのは、京都のあぶらとり紙でした。千佳子は喜びます。
(注:幸介の助言が生かされている)

修介は悟と食堂へ行き、そこで「千佳子と映画を見に行った。わざとお前がいない時を狙って、誘った(そうでないと、千佳子が「悟も誘おう」と言うから)」と告げます。
千佳子を好きだと告白する修介を、悟は応援しました。自分は卒業までにまた転校してしまうだろうと言います…。


…杉修介と千佳子夫妻のところには、犬の虎丸や猫のモモがいました。
千住猫のモモはナナに友好的ですが、修介の飼い犬・虎丸がナナに牙を剥きます。
虎丸は「助からないニオイがする」と、悟のことをナナに表現しました。
虎丸とナナの折り合いが悪いので、引き取る話は白紙になります。

去り際、悟は千佳子に、高校時代に好きだったことを告白しました。修介は、どきっとします。
悟の告白を聞いた千佳子は、笑って自分も好きだったと答えました。
悟も千佳子も当時両思いだったのですが、屈託なく笑って別れる姿を見て、修介は安心し罪悪感がなくなります。
(親友である悟に報告はしたものの、悟がいないあいだに抜け駆けして映画に行った。そのうしろめたさがあった)



杉夫妻と別れた悟は、そのまま大阪まで車で移動をし、北九州フェリーに車ごと乗り込みます。
九州に上陸したあと、両親の墓参りをし、2日後の夕方に福岡の叔母のところへ着くと、法子に電話で報告しました。
ナナも同伴していると、悟は言います。

【結】- 旅猫リポートのあらすじ4

旅猫リポートのシーン2 両親の墓参りを済ませ、菜の花畑を見ながら薬を服用していた悟は、ナナの姿がないことに気づき、あせりました。
旅先で行方を見失うと、見つかるあてがないと思った悟は、つい「置いていくなよ。ずっとそばにいてくれよ」という本音を口にしてしまいます。
ナナはすべて、お見通しでした。ナナは悟の前に姿を現します。


〔1年前〕

悪性腫瘍が見つかった悟は、外科手術をしました。しかし手術は失敗に終わり、余命が1年と判明します。
悟は長く生きられないことを知って、ナナの飼い主を探していたのでした…。



叔母・法子は悟のために、家を用意してくれていました。悟を引き取った法子は、けっきょく結婚しないままです。
転勤族だった法子は、余命短い悟のために判事を辞め、福岡の法律事務所に職を得ていました。
悟のために一戸建ても用意しています。
転勤のためハチを飼うのをあきらめさせた法子は、ナナをあきらめさせないために、戸建てを購入したのでした。

ナナを連れて叔母・法子のもとへ行った悟は、法子に謝られます。
法子は悟を引き取った直後に、まだ少年だった悟にひどいことばをかけたと嘆いていました。


…それは、悟を引き取ったばかりの法子が「いずれ分かることだから、言うね」と、少年だった悟に告げた内容でした。
悟は両親と、血がつながっていない子どもでした。

〔1991年1月〕

判事をしていた法子は、ネグレクト(育児拒否)された赤ん坊の話を姉の家で話します。
それを聞いていた姉・和子とその夫・健悟は、赤ん坊のその後を気にしました。
聞かれた法子は、「両親の身内が引き取りを拒否したから、乳児院へ行くことになると思う」と答えます。
健悟と和子には、子どもがいませんでした。そこで2人は赤ん坊を引き取って悟と名付け、育てたのです…。


悟と法子は昔のことを振り返りました。
悟は、両親と血がつながっていないことを法子に知らせてもらったおかげで、幸福な子どもだったのだと早くに気づくことができたと言います。

悟はしばらくして、入院しました。
法子は時折、ナナをキャリーバッグに入れて連れていき、悟とナナを庭で会わせます。

面会の後、ナナは逃げました。いつでも悟に会うために、ナナは野良猫に戻ったのです。
その後、ナナは悟が車いすに乗せられて、看護師に連れられて海へ散歩に行くたびに、姿を現しました。
悟はナナの好きなささみとカリカリを、法子に用意してもらいます。

悟は次第に衰弱していきました。それでも悟とナナは会い続けます。

ある夜、ナナは病院へ急ぎました。入口付近で待機します。
悟の容態が急変し、法子が呼ばれていました。
法子がナナを探しに病院を出ようとし、玄関にいるナナを見つけます。
病室へナナを連れて入り、法子とナナは悟の最期を看取ります。


〔1年後〕

ナナは法子と、一緒に暮らしています。
悟の一周忌には、悟の昔の友人たちが顔を出しました。
幸介、修介、千佳子、吉峯も来ていました。
ナナは悟を思い返し、悟のことを好きな人たちがつながっていると思います…。

みんなの感想

ライターの感想

パッケージには、「ある事情で猫を飼えなくなった飼い主が、新たな飼い主を探す旅に出る…」と書かれている。
伏せなくても、すぐ判ってしまうからくり。もともと野良猫だった猫を飼い始めた時点で、その猫が大好きって判るでしょ。
なぜその猫を手放すことになったか…ちょっと考えればすぐ判る(自分の死期が近くて、飼いたくても飼えない)。
だからその秘密を先送りにする必要もないし、明かされても今更感がある。主人公が亡くなる展開、王道すぎるなあ。
猫のナレーションが多すぎて、途中から鬱陶しく感じた。悟もさとりすぎ(笑)。
綺麗にまとめすぎな感じ。猫を好きな人なら見てもいいけど、ストーリーは陳腐なもの。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「旅猫リポート」の商品はこちら