映画:明日、君がいない

「明日、君がいない」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

明日、君がいないの紹介:原題は「2:37」は、2006年制作のオーストラリア映画。監督はムラーリ・K・タルリ。2006年のカンヌ国際映画祭で高い評価を得ており、映画批評サイトの評価も97点と高い。

明日、君がいないの主な出演者

メロディ(テリーサ・パーマー)、ルーカス(サム・ハリス)、ショーン(ジョエル・マッケンジー) 、スティーヴン (チャールズ・ベアード)、サラ(マルニ・スパイレイン)、マーカス(フランク・スウィート)、ケリー (クレメンティーヌ・メラー)

明日、君がいないのネタバレあらすじ

【起】– 明日、君がいないのあらすじ1

午後2:37に、高校の一室で何者かが立てこもり、自殺する。

扉から流れでる血から映画が始まる。

登場人物は、男女7人の高校生時間が巻き戻る形で、それぞれの朝の様子へと移り、インタビューを挟みながら物語が2:37に近づいていく。

一人目はメロディで、朝から一人部屋で泣いている。

優秀な兄に比べ、親の自分に対する態度に不満を持っているメロディ ピアノも兄よりうまくなるとやめさせられたりしていた。

一方兄のマーカスは両親の期待を背負い、弁護士になる勉強と音楽にピリピリしつつ取り組んでいる。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「明日、君がいない」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×