「明日、君がいない」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

「明日、君がいない」は2006年に制作されたオーストラリアの映画。この作品を若干19歳で手がけた監督のムラーリ・K・タルリは、10代の心の闇をリアルに描き出しカンヌ国際映画祭で高い評価を受け、各地で絶賛されました。ある昼下がりの2時37分、オーストラリアの高校のトイレの個室で一人の生徒が自殺をしてしまう・・・この学校に通う悩みを抱えた6人の生徒の視点で物語が進み、誰が自殺をしたのか自殺事件の真相が明らかになっていく。

明日、君がいないの主な出演者

明日、君がいないのネタバレあらすじ

【起】– 明日、君がいないのあらすじ1

※今回執筆いただいた内容は、別のID・に付け替えられて公開されました。

業務進行をいただいた内容が削除されたわけではありませんので、ご安心ください。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「明日、君がいない」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×