映画:昼も夜も

「昼も夜も」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

昼も夜もの紹介:中古車販売業の良介の前に、奇妙な女が現れる。悪態をつき続ける素性もわからぬ女に振り回される良介だったが、次第に女に心を開いていく。著名監督の作品をYou tube限定で公開するネスレシアター on YouTubeにて2014年に公開された。そのあと国内外の映画祭での上映を果たし、公開から数年の時を経てDVD化。監督は『黄泉がえり』の塩田明彦。

あらすじ動画

昼も夜もの主な出演者

良介(瀬戸康史)、シオリ(吉永淳)、ケンジ(碓井将大)、ヨシオ(須賀健太)、良介の姉(篠原ゆき子)

昼も夜ものネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 昼も夜ものあらすじ1

亡き父の後を継ぎ、千葉県の郊外で中古車販売業を営む良介。黙々と仕事をこなす一方、私生活では家を出ていった母に代わり幼い妹を育てており、酒も飲まずに姉のスナックで愚痴をこぼす日々を送っています。

ある日、良介の店の前で男に置き去りにされた見知らぬ女が声を荒らげて店内に乗り込んできます。良介は態度の悪い彼女を相手にせず、徒歩で20分ほど行った先にバス停があると言って追いやりました。ところが一旦はバス停に向かった女が、バスの本数が少ないことを理由に再び店に戻ってくると、商品である中古車に勝手に乗り込みます。「この車、私が買う」と女が言うと手付金として千円札をダッシュボードに放り投げ、車内で寝てしまいました。
閉店時間になっても女が寝ていたため、良介はその車で東京まで送ることにしました。女は悪びれることもなく、昼間の男のことや昔飼っていた犬のことなど喋り続けます。そして女はこれから家を探すと言い残して、良介に礼もせずに夜の街へ消えていきました。

【承】- 昼も夜ものあらすじ2

しばらくするとあの女がまた店にやって来て、この前と同じ車で寝始めました。その日休みだった良介は、従業員のケンジから連絡を受けます。女が目覚めたら駅まで送るよう良介に指示されたケンジは、ナンパ感覚で女を海へ連れて行きました。面白半分に女を連れ出したケンジでしたが、始終女が気味の悪い話をするので怖気づきます。さらに女は道の途中で車を降りると、「私の名前ハレナシオリだから、車の受取書を書いてと社長に伝えて」と言い、通りがかりの車の助手席に乗り込んで消えました。

シオリのことが気になった良介は、休日ながら店に顔を出しました。ケンジはシオリと海に向かったとは言えず、駅まで送ったと嘘をつき、受取書についての言付けを伝えます。それを聞いた良介は、シオリがまた来る気なのかと怪訝に感じるものの、どうも彼女の存在が嫌いにはなれずにいました。一方のシオリは寝床を求め、過去に関係のあった男を訪ねたり、都会の街を彷徨い続けていました。

【転】- 昼も夜ものあらすじ3

ある時またもやシオリが店に現れると「あんたの女になろうとは思ってない」と良介に告げ、しばらく泊まると言い切って例の車を占領しました。厚顔無恥なシオリに良介は呆れると思いきや、ブランケットをかけてやるよう従業員のヨシオに指示したり、作業の手順を変えたりと、彼女に翻弄されている模様…。そんな良介はケンジに「名前を呼んでやれば喜ぶっスよ」とからかわれる始末です。
夜になると良介は、シオリに温かい飲み物を差入れし、車に暖房もつけてやりました。シオリを放っておけない良介は、ぶっきらぼうな語り口ながら、自分の名刺に携帯番号が記載されていることを知らせて帰宅します。するとシオリが早速電話をかけてきて、良介の恋人について尋ねました。実は良介の恋人は2年前に事故に遭ってから、今も昏睡状態でした。何となくシオリに心を開き始めていた良介は、恋人に会わせてやることを彼女と約束します。翌日恋人の入院先にシオリを連れて行った良介は、かつて自身が浮気を繰返していたこと、その当てつけに恋人がヨシオと浮気し、その際に事故に遭ったことなどを打明けるのでした。

車中泊は危険なため、良介はシオリを家に泊めることにしました。それから何日か経過し、シオリは良介の姉のスナックで働き始めます。若いシオリが来た途端に、店の客がどっと増えました。
その3日後。散歩途中のシオリはスナックの常連客に声をかけられ、一緒に車で海に向かいます。海岸に到着すると、今度は初対面のサーファーの男の車にシオリは乗り込み、そのまま姿を消しました。それから2週間経った頃、スナックに来た男がシオリの噂をしています。誰とでも寝る女で、背中に鳥の刺青を大きく入れていると…。

【結】- 昼も夜ものあらすじ4

シオリはまた東京を彷徨い、行きずりの男と関係を持っていました。しかしある程度時間が経つと、決まって良介の店の車を寝床にするために戻ってくるのです。座席の奥に挟まっていた500円玉をシオリから渡された良介は、思い出したように自身の生い立ちを語り始めました。元々解体業者だった父親は、解体される車から様々な物を見つけました。驚くことに、赤ん坊も拾ったことがあるのです。昭和天皇崩御の新聞記事に包まれた赤ん坊が、良介だったということも…。

2人はそのまま車を走らせました。良介はシオリの出自も何も知らないものの、海の匂いを懐かしがっている彼女のために海へ向かったのです。それから48時間、トイレと食事以外を2人は車中で過ごしました。その後良介はシオリをバス停まで送りましたが、彼女はやはり、通りがかりの車の助手席に乗って去って行きました。
それから3ヵ月後。良介はシオリが占領していた車を売り払いました。

1年後。良介の家の近所まで来たシオリは、久々に良介に電話をかけます。少し穏やかになったシオリは、よく自転車に乗っていた良介のように、自転車で太平洋沿いを走っていました。良介はあれから恋人が目を覚ましたことなど近況を伝えます。それを聞いたからか、それともはじめから会うつもりはなかったのか、シオリは良介の顔を見ることもなく出発しました。電話を切って振り返った良介の視界に、自転車で走り去るシオリの姿が見えました。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

この映画を通して伝えたかったことは何だったのだろうと、疑問に感じたまま終わってしまいました。シオリの心境の変化と成長を描きたかったならば、そこに至る過程を綴ってほしかったです。
シオリの身持ちの悪さは知れているのに、なぜか男はみんな彼女に惹かれていて…。やはり危うげな女というのはモテるのでしょうか。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください