映画:時の面影

「時の面影」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【承】– 時の面影のあらすじ2

時の面影のシーン2

画像引用元:YouTube / 時の面影トレーラー映像

大きい塚の発掘調査が始まります。すると塚から木の破片が発見され、発掘を進めていくと大きな船が姿を現します。ブラウンは、エディスに報告し、きっとかなり地位の高い人物の墓で、船ごと埋葬されているのだろうと話します。エディスと彼女の息子は喜び、大発見に胸を躍らせます。

その頃、船の出土を聞きつけた地元の博物館の調査員たちが、発掘を引き継ぎたいと申し出ますが、エディスは断りブラウンんい発掘の続きをお願いします。そして、人手が足りなそうということで、発掘は素人ですが従兄のローリーを手伝いに呼んでくれます。

エディスは、ブラウンを自宅で一緒にディナーの約束をします。エディスはディナーのために、おめかしをしますが、ブラウンの奥さんが訪ねて来たことからブラウンからディナーをキャンセルされてしまい、ブラウンに惹かれていたエディスは肩を落とします。

その夜、大雨が降りだし、慌てて外に出て塚にカバーを掛けようとすると、そこに一人の青年が駆け付け手伝ってくれます。彼はエディスが呼んでくれた従兄のローリーでした。発掘は素人ですが快活でとても頼りになりそうな青年です。

次の日、エディスは以前から感じていた胸の痛みがひどくなり、ロンドンの病院に一人で向かいます。そこでエディスは、子供の頃の高熱が原因で心臓弁膜が損傷していて、修復が不可能となっており治療法はなく、また発作が起きると命に関わると診断を下されます。

自宅に戻ると、知らない男たちがサンプトン・フーの発掘現場にづかづかと勝手に入っていました。彼らは大英博物館の考古学者リチャード・フィリップスらで、船の出土は国家レベルの発見のため、大英博物館が発掘の指揮を執ることになったと知らされます。

ブラウンは怒り、エディスに確認しに行くと建設省の命令だから引き渡せと言われたそうで、ショックを受け寝込んでしまっていました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「時の面影」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×