映画:書道ガールズ!! わたしたちの甲子園

「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園の紹介:通常の書とは異なる形で表現される「書道パフォーマンス」について描かれている作品で、音楽と書が一緒になったエンターテイメント性の高いパフォーマンスを見ることができます。2010年に公開され、成海璃子をはじめ多くの若手女優が集まった本作は、実話をもとに描かれた作品でもあり、実際の書道パフォーマンスのモデルとなった愛媛県四国中央市で撮影が行われました。

あらすじ動画

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園の主な出演者

早川里子(成海璃子)、篠森香奈(桜庭ななみ)、好永清美(高畑充希)、山本小春(小島藤子)、岡崎美央(山下リオ)、池澤宏人(金子ノブアキ)、高田智也(市川知宏)、里子の父(山田明郷)、里子の母(朝加真由美)、美央の母(宮崎美子)、清美の父(おかやまはじめ)、智也の祖父(織本順吉)、商店街の魚屋の主人(羽鳥慎一)

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園のあらすじ1

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園のシーン1 愛媛県立四国中央高校の書道部部長である早川里子は、やる気が見られずどこか閑散とした書道部にいました。
里子のよき理解者であり同じく書道部の篠森香奈は部員の引き留めに失敗し、好永清美はお菓子を食べながら書をかき、山本小春は窓際の机に腰かけヘッドフォンをしてひとり書に向かっていました。
書のセンスがあった岡崎美央は部に姿を見せなくなり、男子部員は頼りにならないといった状況で、去る者は追わないといった姿勢の里子に、香奈は困り果てていました。
里子は書道はあくまで個人で行なうものであるという考え方を抱いており、部内のことにもあまり興味がない様子でした。
書道部の状況と呼応するかのように里子らが住む町全体も寂れはじめており、「日本一の紙の町」として栄えていたはずの町は、景気の悪化によって、里子の幼なじみ・高田智也の実家で作られている和紙の販売も厳しい状況となっていました。
そんな折、里子たちの通う高校に新しい先生がやってきます。
臨時教師として赴任した池澤宏人はそのまま書道部顧問となり、生徒たちの前で音楽をかけながら大きな半紙に文字を書く「書道パフォーマンス」を披露するのでした。
そんな池澤の姿を見て、書道家の父から厳しく育てられた里子は反感を持ちますが、池澤は里子が楽しんで書道をしていないことを見抜いていました。
里子とは裏腹に、清美は池澤の書道パフォーマンスに魅せられており、書道部の部室では音楽を聞きながら大きな筆で書をしたためている清美の姿がありました。
あ然として清美の姿を見ていた部員たちの中で追い出すような言い方をした里子の言葉に、清美はひとり部室を出で行ってしまいます。
部室を使えなくなった清美はひとりで公園へ行き、音楽を聞きながら書をかいていたのでした。
清美の実家が営んでいた文房具店が閉店することになり、店主である清美の父が部を訪ねてきて部員たちに不要になった書道道具を寄付していきます。
里子は公園で書をかいていた清美にお礼を言いに行き、言い過ぎたことを謝罪すると、部に戻って欲しいと告げるのでした。
しかし当の清美は部を辞めた自覚もなく、実家の閉店セールを盛り上げるために書道パフォーマンスを行ないたいと里子たちに告げます。

【承】- 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園のあらすじ2

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園のシーン2 閉店セール当日の商店街では、部員たち自らがイベントの呼び込みを行なっていました。
そのおかげもあってか清美の文房具店には多くの人が集まり、書道パフォーマンスが披露されましたが、清美はパフォーマンスの途中にバケツを飛ばしてしまい、中に入っていた墨汁が多くの見物人の顔にかかってしまうのでした。
怒った見物人たちは次々とその場をあとにし、里子たちの書道パフォーマンスは失敗に終わってしまいました。
里子と香奈は口論になり、香奈は里子が変わってしまったことを指摘します。
香奈は部に来なくなってしまった美央や、どこか悲観的になってしまった里子。
また部の現状を見て、昔のように楽しく書をかいていた書道部に戻りたいと言うのでした。
清美の父は書道部を店内に招き、労をねぎらうと、半紙にはみ出さんばかりに書かれた清美の字を見て、昔から後先を考えず「KY」と言われてしまう清美の性格を指摘しますが、そんなところも含めて清美らしい字だと褒めるのでした。
清美の文房具店は閉店し、商店街はシャッターを閉める店が多くなっていました。
里子の幼なじみ・智也の祖父が営む和紙工場も倒産し、智也の祖父は自らが作った和紙を焼き、その夜、工場からは火の手があがっていました。
清美は広島に引っ越すことになり、別れ際に里子へ仲間の大切さを説くのでした。
そして悔いの残る形で終わってしまった書道パフォーマンスを成功させたかったと話し、町を去っていくのでした。
里子はやる前からあきらめていた自分を反省し、今後は仲間を信頼し協力することを決意します。
智也の祖父の和紙工場の焼け跡から見つけた和紙を見つめ、「書道パフォーマンス甲子園」を行なうことを決めるのでした。

【転】- 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園のあらすじ3

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園のシーン3 里子は紙の町である四国中央市で書道パフォーマンス甲子園を開催することで、町おこしにもつながると考えていました。
里子は半紙を手に持つと、「この紙が町にとっての宝物であることを伝えたい」と語るのでした。
市役所に出向き、自ら書道パフォーマンスを見せることで市の協力を仰ぎ、書道パフォーマンスは正式に開催されることが決まるのでした。
早速練習を開始する書道部員たちでしたが、みんなで協力して書をしたためる書道パフォーマンスはなかなか納得できるものにはなりません。
里子は顧問の池澤に協力を仰ごうとしますが、やる気を見せない池澤に、里子は自分の気持ちを正直に話します。
自らに書道を教える資格などないと語る池澤ですが、里子は自分が書道を楽しんでいないと気づかせてくれたことを語り、池澤へ指導を乞うのでした。
里子のまっすぐな心に池澤は指導を引き受け、次の日から本格的な特訓が開始されます。
体力づくりから連動して書をかく動きなどの指導を受けるなか、広島の清美から里子のもとへ手紙が届くのでした。
手紙には小春が中学の頃に不登校であったこと、またその原因がいじめであったことが記されていました。
さらに手紙と一緒に清美が別れ際に小春からもらったMDも同封されており、それは清美が中学時代によく聞いていたというアンジェラ・アキの「手紙」でした。
里子は書道パフォーマンスで流す曲をこの曲にすることを決め、同時に大きく書かれた「再生」という書を広げ、部員たちに見せるのでした。
書道パフォーマンス甲子園はにわかに話題となり、地元のニュース番組などで放送されると、参加を希望する学校が続々と現れます。
本番に向けた練習は進んでいきますが、里子は何かが足りないと感じていました。
それは部に来なくなった美央の存在で、すれ違いから仲違いしていた里子と美央でしたが、里子は香奈から美央の母が入院していることを聞かされます。
里子をはじめ書道部一同は美央のもとを訪れ、書道パフォーマンスを行なうと美央をあたらめて書道部へと誘うのでした。
一方、里子の家では、書道パフォーマンスについて里子の父が猛反対をしていました。
頭ごなしに書道パフォーマンスを否定していた里子の父ですが、学校を訪れ、顧問の池澤や
本番に向けて練習を行なっている里子の姿を見て心を動かされるのでした。

【結】- 書道ガールズ!! わたしたちの甲子園のあらすじ4

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園のシーン2 そしていよいよ、書道パフォーマンス甲子園の日を迎えます。
本番の朝、里子の父は智也の祖父に作ってもらったという和紙を里子に手渡します。
県内外から集まった書道部の書道パフォーマンスは躍動感があり、音楽に乗ってダンスや書をしたためる様子に会場は大盛り上がりでした。
そんな中、里子たちのパフォーマンスが始まります。
アンジェラ・アキの「手紙」に乗せて、カラフルな色を使った筆で虹や町の象徴である煙突を描き、息を合わせて書をしたためていく里子たちですが、最後の「再生」の文字を描くときになって里子は墨汁に足をすべらせ転んでしまいます。
その様子を見て、あわてて駆け寄ってきた男子部員は近くにあったバケツを倒してしまい、色のついた絵の具が半紙の上にこぼれてしまうのでした。
書道部・観客ともに凍り付き、音楽も止まってしまったことで、里子たちは成す術なく立ち尽くしていました。
そんな中で観客席にいた清美はひとり、「手紙」を歌いはじめ、その歌声は書道部にも伝染していきます。
やがて会場に広がり、里子たち書道部が手紙の大合唱に後押しされる形で、「再生」の文字を書きあげ、客席に掲げるのでした。
里子たちが優勝することはできませんでしたが、書道パフォーマンス甲子園は大成功に終わります。
大会後には早速、第2回の開催も決定するなか、顧問の池澤は駅で電車を待っていました。
海辺に集まっていた香奈たちは、里子に見送りに行かなくてもいいのかと尋ねますが、里子は「気持ちは伝えておいた」と話します。
池澤は生徒たちと撮った写真を見つめ、裏側には「ありがとうどざいました」とメッセージが添えられているのでした。

みんなの感想

ライターの感想

音楽をかけながら巨大な半紙に書をしたためる「書道パフォーマンス」が豪快かつ軽やかで、他校の書道部役として実際の書道部員がパフォーマンスを行なっていることもあり、見ごたえがありました。
主人公たちのパフォーマンスも負けず劣らずの出来栄えで、練習の跡が画面を通して伝わってきたこともまた良かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」の商品はこちら