映画:東京オアシス

「東京オアシス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

東京オアシスの紹介:東京のいろんな場所を舞台に、女優トウコのちょっとした逃避行と様々な人々とのふれあい、そこから得た人生の再出発を描く。監督は『マザーウォーター』の松本佳奈と新鋭の中村佳代。『かもめ食堂』『めがね』のスタッフが今作も手掛け、2011年に公開された。キャッチコピーは “見つめてみよう。きっと誰かがみえてくる。”

あらすじ動画

東京オアシスの主な出演者

トウコ(小林聡美)、ナガノ(加瀬亮)、キクチ(原田知世)、ヤスコ(黒木華)

東京オアシスのネタバレあらすじ

【起】– 東京オアシスのあらすじ1

女優をしているトウコは、自分を縛りつける現実から逃げたくなり、喪服姿のまま撮影現場から飛び出しました。

高速道路の近くのコンビニで深夜、トウコはトラックに向かい駈け出そうとすると、レタスを配送している青年ナガノに体当たりで止められます。トウコはヒッチハイクをしようとしていただけだと主張し、拒むナガノを押し切って彼の車に乗せてもらうことになりました。

トウコのマイペースで独特なテンポに、二人の会話はなかなか噛み合いません。ナガノの行き先は高速道路を降りる辺りだと言うと、行き先も分からないのにトウコはそこまで乗せて行ってほしいと願いました。ナガノはトウコを不思議に思いながら、車は夜の東京を走り続けます。

二人は途中パーキングエリアで食事をとりました。なぜか共にきつねうどんを注文し二人は気まずさを覚えます。ナガノは本来は地元の名物ひもかわうどんが好きなのだと熱く語りました。他に客のいない深夜の食堂にて。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「東京オアシス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×