映画:柴公園劇場版

「柴公園劇場版」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

柴公園 劇場版の紹介:2019年6月14日公開の日本映画。公園で、柴犬を連れた中年男3人がダラダラと喋る様子を映す同名TVドラマの劇場版。日々壮大な無駄話を繰り広げるあたるパパ、じっちゃんパパ、さちこパパ。ある日、3人の中で唯一独身のあたるパパに恋の予感が。相手は真っ白な柴犬・ポチを連れたポチママだった…。

あらすじ動画

柴公園劇場版の主な出演者

あたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)、ポチママ(桜井ユキ)、謎のイケメン男〔ヒロト〕(水野勝)、室町洋子〔大学の同僚〕(松本若菜)、父(寺田農)、校長先生(山下真司)、芝二郎(佐藤二朗)、ゴールデンじいさん(大槻修治)、松本〔引っ越し業者〕(友秋)、榎本〔区の職員〕(田子天彩)、マドンナママ(鈴木奈津子)、床屋のおじさん(山本知之)、サラリーマン(日下雄一朗)

柴公園劇場版のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①独身あたるパパがポチママと急接近!? じっちゃんパパとさちこパパが尾行すると、あたるパパは謎のイケメン男性と親し気な様子。 ②イケメン男性はポチママの弟で、ポチママに結婚前提で近寄ったあたるパパの本気度を試していた。あたるパパとポチママ同棲、ハッピーエンドの予感。

【起】– 柴公園劇場版のあらすじ1

柴公園劇場版のシーン1

画像引用元:YouTube / 柴公園劇場版トレーラー映像

〝世の中は、無数の「もしも」に満ちている。

いい「もしも」、悪い「もしも」。

大人になるにつれ、「もしも」は悪いほうが増えていく。

犬はいい。

犬は今しか生きていないから〟

東京近郊の、ごくありふれた都市のありふれた「ふじみ町公園」。

(いちおう品川区設定?)

あたるという柴犬を連れた「あたるパパ」は、その公園で柴犬つながりのおじさんたちと知り合います。

ペットを介して知り合い、会話をし始めたので、互いの名前や職業などは全く知りません。

互いをペットの名前で呼びます。

後日、同じタワマンに暮らしているということが発覚するものの、示し合わせて公園に行くわけではありません。

なんとなくいつも同じ顔ぶれで、なんとなく集まり、なんとなく会話をする…そんなおじさん3人の、ゆる~い会話なのです(テレビドラマ『柴公園』)…。

・あたるパパ…中年男性。唯一の独身。今作品でなんと、職業と年齢が明かされる! あたるとの出会いのエピソードも明かされる! ベンチでは大抵センターポジション。ポチママにひとめぼれしているのだが、なかなか歩み寄れない。

・じっちゃんパパ…眼鏡をかけた中年男性。けっこう細かい性格。

・さちこパパ…小太りの中年男性。場をなごませようと配慮する性格。

・ポチママ…謎めいた女性。実はひきこもり。

ある事情があって、あたるパパはこのところ、マメシバの一郎を連れています。

一郎は二郎という飼い主から預かっており、二郎はただいま、アルゼンチンへ行っているのです。

(映画とテレビドラマの『幼獣マメシバ』シリーズでおなじみの芝二郎。

アルゼンチンに住む母親が倒れたということで、二郎は地球の反対側に行っている)

いつもの公園でじっちゃんパパ、さちこパパと会ったあたるパパは、二郎のことを聞かれて「むっちゃ変な人です」と答えました。

さちこパパが唐突に「もしもゲーム」と言い、もし預かる時点まで時間を巻き戻せるならば、どうしたかと訊きます。

あたるパパは「もし戻れても、預かる」と答えました。

あたると「ふたり」で暮らしていた時と、一郎が加わった「さんにん」の状態は、少し違うと説明します。

「3つだと家族感が出る」と答えたあたるパパは、そろそろ嫁取りが必要なのではないかと、既婚者であるじっちゃんパパ、さちこパパに冷やかされました。

じっちゃんパパ、さちこパパは軽い気持ちで言ったのですが、あたるパパは「昔から人間の家族に縁がない」と発言し、ふたりを動揺させます。

父親が頑固故に、一家は離散したというようなことをさらっと言うので、2人は戸惑ってごまかし笑いをしました。

自宅に戻ったあたるパパは、背広を着て、カメラをチェックします。

(なんと映画版で初めて、あたるパパの部屋が映る! さらに背広姿も!)

あたるパパは犬愛が高じて、Furboという機械を買っていました。

留守中にスマホで様子が見られるだけでなく、遠隔操作でおやつをやれるマシンです。

話しかけることもできますし、この機械、なかなかの優れものです。

機械の調整をしていると、スマホに二郎から電話がかかってきました。

あたるパパは二郎に一郎を見せますが、一郎はあまり淋しがっておらず、それを知った二郎は「なんたる恥辱!」と嘆きます。

バスで通勤するあたるパパを、実は同じバスに乗っているポチママが観察しているのですが、あたるパパは気づきません。

あたるパパが見ているのは、手元のスマホばかりです。

スマホに映ったあたると一郎を見て、あたるパパはにこにこしていました。

あたるパパは大学の理学部で、苔の研究をする大学教員でした。

苔はマイナーな学問なので、大学生もあまり入ってきません。

学生から「コケにする」という言葉の由来かと聞かれ、ちがうと答えたものの、(「コケ(虚仮)にする」「苔」は「木毛」と書く)学生からもあまり興味を持ってもらえません。

同僚の女性・室町洋子と昼食を摂るあたるパパは、しかし別々のスマホを見ていました。

洋子から「何を見ているか、動画を見せあわないか」と提案されるのですが、あたるパパは断ります。

洋子はがっかりし、怒って去ります(洋子はあたるパパに好意を持っていた)。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「柴公園劇場版」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ