映画:桜桃の味

「桜桃の味」のネタバレあらすじと結末

桜桃の味の紹介:1997年のイラン映画。監督・脚本・編集は巨匠アッバス・キアロスタミ。今村昌平監督の『うなぎ』と共に、公開同年のカンヌ国際映画祭にてパルム・ドールに輝いた人間ドラマ。人生に失望した中年男のバディ。彼は自殺をほう助してくれる人を探すため、ひとり車を走らせていた。何度か依頼を断られたバディは、道中で出会ったトルコ人の老人に、ようやく申し出を受け入れてもらうのだったが…。

あらすじ動画

桜桃の味の主な出演者

バディ(ホマユン・エルシャディ)、バゲリ(アブドルホセイン・バゲリ)、神学生(ホセイン・ヌーリ)

桜桃の味のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 桜桃の味のあらすじ1

どこかうつろな表情をした中年男のバディは、何かを探す様子でゆっくりと車を走らせていました。貧民街では仕事を求めた人々が、バディに縋るように車に近付いてきますが、彼はそれを無視して先へ進みました。
バディは通りかかった工事現場で、借金の工面について公衆電話で通話している青年を見かけます。青年の電話が終わると、バディは「金が必要なら俺が相談に乗ろう」と声を掛けてみますが、不審に思った青年に追い払われました。
続いてバディは、プラスチックのゴミを拾っている青年を見つけて話し掛けます。青年はゴミを売って生活費に充てているらしく、バディは「君にいい仕事がある」と誘ってみますが、彼にもまた断られました。

バディが車を進めていると、少年兵がヒッチハイクしてきたので、彼を助手席に乗せました。兵舎に帰る途中だった少年兵は今日は休日だそうで、長距離を歩いて来たためか随分と疲れた様子でした。
バディは少年兵から様々な話を聞き出します。クルド人の少年兵は、事情があって仕方なく学校を中退し、2ヶ月前に兵役に就いたばかり。軍の給料は僅かで、その収入だけではとても生活は出来ません。少年兵が兵舎に戻るまでに1時間ほど余裕があると聞いたバディは、彼に仕事を紹介することに。仕事を実行してもらう現場へ向かい始めました。
バディが自身の兵役時代の話をしたことで、少年兵と少し会話が弾みました。ところが車はひたすらに進むため、少年兵は仕事内容が気になりバディに尋ねます。しかしバディは屁理屈を言って話をはぐらかし、「簡単な仕事だ」としか答えません。車は人気もなく荒れた小高い丘をひた進むので、少年兵は不安に駆られます。彼が「車を降ろして下さい」と申し出ても、バディはブレーキをかけません。

【承】- 桜桃の味のあらすじ2

丘にある道の途中に、まるで目印になるような1本の木がある場所で車はようやく止まりました。バディは事前に掘っておいた穴を少年兵に見せると、驚きの依頼をします。「朝6時にここで僕の名を2度呼べ。僕が返事をしたら手をとって穴から出せ。返事が無かったら、シャベルで20杯土をかけてくれ」と。車のダッシュボードに入っている20万トマンが謝礼だと言うのです。当然のごとく少年兵は、依頼を断りました。少年兵は車から降りることもなく、バディの考えを拒み続けます。それでも御託を並べて粘るバディ。しびれを切らしたバディが車に乗り込んだ瞬間、少年兵は助手席を飛び出し、走って逃げました。来た道を仕方なく戻るバディの眼下に、号令を掛けながらランニングをする兵士の列が見えました。

バディは続いて、丘の砕石現場でミキサー車の見張りをしているアフガニスタン人青年のアーマッドに声を掛けてみます。アーマッドがお茶を用意すると言うので、バディは簡素な見張り台にお邪魔しました。慣れた手順で一通り会話をしたバディは、アーマッドをドライブに誘います。ところが真面目なアーマッドは、頑なに見張りが必要だと言って誘いには乗りません。そこでバディは、休日でこの地を訪れていたアーマッドの友人で神学生の青年をターゲットに。神学生は特別疑う様子もなくバディの車に乗りました。

【転】- 桜桃の味のあらすじ3

アーマッドと同じくアフガン人である神学生は、教育環境のよくない故郷を離れ、イランで学んでいました。神学生の家庭は貧しいため奨学金を受けており、夏休みは働いて生活費を稼いでいます。必要ならば肉体労働でも何でもすると神学生が言うので、バディは仕事内容を仄めかしてみました。バディは自殺をしたい理由は告げず、同じイスラム教徒として手助けをしてほしいと神学生に哀願します。すると神学生は、バディの話を理解したうえで「自殺をするのは過ち」と説き始めました。神学生は「正しいことなら手伝うけれど」と、真っすぐな眼差しでバディに訴えます。それでもバディは聞く耳を持たず、神学生の言葉を遮って自分の主張を貫こうとしました。
バディは例の現場に神学生を連れて行き、穴を見せながら詳しい手順を説明しました。今夜睡眠薬を飲んだ後、バディはあの穴に入って眠るのです。夜明けに穴に来てもらったら、土をかけて欲しいと。しかしやはり神学生は「自殺だって人殺しだ」とコーランの教えに敬虔に基づいて、バディの依頼を拒みました。諦めたバディは神学生を車で送ると、また人探しに出ました。

バディは広い砕石場で車を降りてみます。丘に映った自分の影や、壮大な作業を土埃にまみれながら眺めました。

バディはその後、道中で出会ったトルコ人の老人バゲリに仕事を依頼します。バゲリは白血病を患う子供の治療ために、依頼を引受けたのです。ところがバゲリは、バディを諭すように語り始めました。「悩み事も打ち明けず黙ったままでは、誰も君を助けてやれない。悩みがあるからと言って死んでしまったら、人間は全滅だよ」と。バゲリは美しい景色をバディに見せるために、あえて遠回りになる道を選んで、自分の職場へ向かわせました。

【結】- 桜桃の味のあらすじ4

バゲリは自身の苦い経験をバディに語って聞かせます。結婚当初生活が苦しかった彼は自殺を考え、ある朝家の傍の果樹園へ入りました。桑の木に登ってロープを結んだ時、熟れた桑の実が手に触れたのです。ひとつ食べるととても甘くて、ふたつみっつと口にしました。そうしているうちに目に入ってきたのは、美しい太陽や緑…。そして登校する子供たちの声が聞こえてきたのです。バゲリは自殺をやめ、桑の実を持って家に帰りました。桑の実に命を救われたのです。
これまで何かにつけて反論していたバディは、バゲリの話を聞いて黙り込みました。バディが何も言わないので、バゲリは語り続けます。「夜明けの太陽、夕陽、星空、満月をもう一度見たくないのか?目を閉じてしまうのか?全てを拒み、全てを諦めてしまうのか?桜桃の味を忘れてしまうのか?友達として頼む。諦めないでくれ」と。バゲリは車を降りる前に、トルコの詩も聞かせました。

車はバゲリの職場である自然史博物館に到着します。ようやく口を開いたバディは、仕事内容を念押しするためバゲリに唱えさせました。渋々言葉にしたバゲリは「きっと会えるさ」と言い残し、金を受け取らずに職場へ向かいました。

バゲリの言葉に心を動かされたバディは、一度は見送った彼に会いたくなって博物館の中へ。はく製室で働くバゲリを呼び出し、彼が来るのを待っていたバディの目には、美しい夕景や鳥たちの姿が目に入ります。心が揺れ始めたバディは、再会したバゲリに「穴に行ったら小石を2個投げてくれないか?眠っているだけかもしれないから。肩を揺すってくれ。目を覚ますかも」と伝えました。バゲリは「死んでも約束は守るよ」と淡々と返答し、職場へ戻っていきました。バディの眼下には、元気に走り回る子供たちが見えます。バディは沈み行く夕陽を1人で眺めました。

深夜。バディはそわそわとしながら、自宅で睡眠薬を飲みました。その後、真っ暗闇の現場へ向かいます。雷鳴が轟くなか、バディは穴の横で一服しました。やがて穴の中に横たわったバディは、静かに月を眺めました。そして次第に画面は真っ暗に…。
程なくして画面が切替わります。緑が茂る広大な丘には、今作を撮影する映画クルー、バディ役の俳優、エキストラ、そしてキアロスタミ監督の姿が映し出されるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

演出も脚本も撮影もキアロスタミ監督でなければ作れない作品だと強く感じました。ラストの展開はあまりにも印象的なため、様々な憶測や見解、そして賛否両論があるらしいです。わたしは素直に「やられた!」と度肝を抜かされました。キアロスタミ監督は、見事なまでに虚構と現実が入り混じる作品を手掛けてきていたのだった…と。
バディは死なないだろうと予測していたのが、ラストの映像によって確信に変わり、安堵もしました。ずっと映っていた荒れた丘肌が、さわやかな緑の丘に変わったことも安心感と希望を与えてくれたことでしょう。これも計算済みの演出のはず…。
そしてバゲリの言葉のひとつひとつが、バディ同様にわたしの心も打ちました。落ち込んだ時はこの映画の言葉と、好きなものを思い出そうと思います。わたしの場合はさくらんぼじゃなくてチョコかなぁ。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「桜桃の味」の商品はこちら