映画:横道世之介

「横道世之介」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

横道世之介の紹介:吉田修一による同名小説を実写映画化。第56回ブルーリボン賞作品賞、第5回TAMA映画賞最優秀作品賞受賞作品。キャッチコピーは「出会えたことが、うれしくて、可笑しくて、そして、寂しい――。」2013年公開。

あらすじ動画

横道世之介の主な出演者

横道世之介(高良健吾)、与謝野祥子(吉高由里子)、倉持一平(池松壮亮)、片瀬千春(伊藤歩)、加藤雄介(綾野剛)、阿久津唯(朝倉あき)、大崎さくら(黒川芽以)

横道世之介のネタバレあらすじ

【起】– 横道世之介のあらすじ1

長崎から東京の私立大学に通うために上京してきた横道世之介は、どこか図々しく、人の頼みを断れないお人好しの青年。

入学式で隣に座った倉持一平、クラスメイトの阿久津唯と仲良くなった世之介は、3人でサンバ同好会に入部します。いつの間にか倉持と阿久津はカップルになり、世之介は同じクラスの加藤雄介と親しくなります。

加藤と自動車教習所に通うことになった世之介は、そこでお嬢様育ちの与謝野祥子と出会います。2人はデートを重ね、世之介が夏休みに実家に帰省することを話すと、祥子は海が見たいとはしゃぎ、免許を取って連れて行きます。

夜の海に出かけた2人は、ベトナムから漂流してきたボートピープルに遭遇しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

  • spn45ze9さんの感想

    九州から上京してきたちょっと空気の読めないお人好し男、横道世之介が主人公です。何か劇的なことが起きるわけではないけれど、その人の好さで回りをちょっと幸せにする。ほっこりする映画です。あまり悪い人が出てこない沖田作品の特徴はここでも生きています。難点はちょっと上映時間が長いことでしょうが、この映画が好きな人は、映画の空気に浸っていたいと思うので私はあまり気になりませんでした。

映画の感想を投稿する

映画「横道世之介」の商品はこちら

IMAGE

横道世之介 [DVD]

DVD > 日本のドラマ映画
バンダイビジュアル
高良健吾(出演),吉高由里子(出演),池松壮亮(出演),沖田修一(監督)

¥4,180
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-22