「武士の一分(いちぶん)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

2006年公開。原作は藤沢周平の時代小説『盲目剣谺返し』。山田洋次監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』から続く「藤沢時代劇三部作」の最終作。主演は木村拓哉。藩主の毒見役を務める新之丞は、ある日貝の毒にあたり両目の視力を失った。妻の加世は家の存続のために、番頭の島田に助力を請うが……。

武士の一分(いちぶん)の主な出演者

武士の一分(いちぶん)のネタバレあらすじ

【起】– 武士の一分(いちぶん)のあらすじ1

※今回執筆いただいた内容は、別のID・に付け替えられて公開されました。

業務進行をいただいた内容が削除されたわけではありませんので、ご安心ください。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「武士の一分(いちぶん)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×