映画:武士の一分(いちぶん)

「武士の一分(いちぶん)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

武士の一分の紹介:2006年制作の日本映画。山田洋次監督による、「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く、藤沢周平・原作の時代劇三部作の最終作にあたる。SMAPの木村拓哉が初めて時代劇に挑戦した作品でもある。

武士の一分(いちぶん)の主な出演者

三村新之丞(木村拓哉)、三村加世(檀れい)、徳平(笹野高史)、樋口作之助(小林稔侍)、滝川勘十郎(綾田俊樹)、加賀山嘉右衛門(近藤公園)、波多野東吾(岡本信人)、滝川つね(左時枝)、玄斎(大地康雄)、木部孫八郎(緒形拳)、波多野以寧(桃井かおり)、島田藤弥(十代目坂東三津五郎)

武士の一分(いちぶん)のネタバレあらすじ

【起】– 武士の一分(いちぶん)のあらすじ1

三村新之丞は、東北にある小さな藩・海坂藩に仕える下級武士でした。新之丞は美しく気立てのよい女性・加世と所帯を持ち、つつましいながらも幸福な暮らしを送っています。

新之丞は、城下にある木部道場で剣術を修め、優秀な侍でした。しかし仰せつかった仕事は、藩主の毒見役(鬼役)でした。

剣の腕を振るう仕事に就きたかった新之丞にとっては、気の進む仕事ではありませんでしたが、新之丞は務めをまっとうしつづけます。

ある日、新之丞は藩主の昼食を食べ、倒れました。それを見た他の武士が「食事に毒が盛られた」と早合点し、藩主の元へ急ぎ走ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「武士の一分(いちぶん)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×