映画:武士の一分(いちぶん)

「武士の一分(いちぶん)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【承】– 武士の一分(いちぶん)のあらすじ2

食事に毒が盛られていたわけではなく、新之丞はつぶ貝の毒にあたったのでした。

新之丞は意識を失ったあと高熱を出し、激しい痛みに苦しみます。そして数日後、なんとか命は助かりましたが、新之丞は目が見えなくなっていました。

加世はお百度参りをして祈りますが、医師・玄斎は新之丞の目が再び見えるようになる見込みはないと告げます。

失明した新之丞は絶望で死を考えましたが、加代や中間(ちゅうげん 武家に奉公する使用人)・徳平の取りなしもあって、思いとどまりました。しかし困るのは今後の生活です。

新之丞の親族が会議を開き、家禄(給料)の半分でも据え置きでもらえるように頼めと、加代に言いました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「武士の一分(いちぶん)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×