映画:武士の一分(いちぶん)

「武士の一分(いちぶん)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【転】– 武士の一分(いちぶん)のあらすじ3

偶然道で行き合った顔見知りの上級武士・島田が加世に、何かあれば力になると言います。

城の決断は寛大なものでした。三村家は存続、三十石の家禄もそのままというものです。しかし島田はその代償として、加世に肉体関係を強要しました。島田は加世をだましています。

新之丞は加世と島田の関係を耳にし、加世を離縁しました。自分のせいで加世が辱められたことによる申し訳なさと屈辱、怒りからです。

新之丞は木部道場で、剣術の稽古を再開しました。道場主・孫八郎が新之丞をきたえます。

剣術稽古の甲斐あって、盲目ながら少しずつ新之丞は剣の勘を取り戻します。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「武士の一分(いちぶん)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×