映画:武士の一分(いちぶん)

「武士の一分(いちぶん)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【結】– 武士の一分(いちぶん)のあらすじ4

島田が家禄の口添えをしていなかったことを知った新之丞は、「武士の一分(侍が命を賭して守らなければならない、名誉や面目という意)」から島田に果し合いを申し込みました。

河原での決闘で、新之丞は島田の左腕をみごと斬り落として去りました。

島田は藩に詮議(事情聴取)されますが、一切答えませんでした。島田自身も武士の一分をまっとうしたのです。

島田は残った右手で己の腹を切り、切腹して果てました。

徳平が新之丞に、新しい飯炊き女を雇いたいと言います。その飯を食べた新之丞は、加代が戻ったことを知って抱き合いました。

「武士の一分(いちぶん)」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

武士の一分(いちぶん)はVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

武士の一分(いちぶん)のネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「武士の一分(いちぶん)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×