映画:武士の献立

「武士の献立」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

江戸時代を舞台に、「加賀料理」の伝統の基礎を築いたと言われる加賀藩舟木家の史実を描く時代劇。料理の腕前で殿様に仕えた包丁侍一家の舟木安信と、それを支える妻・お春。さまざまな問題を乗り越えて行く若夫婦の姿を描く。監督は「釣りバカ日誌シリーズ」の朝原雄三。

あらすじ動画

武士の献立の主な出演者

舟木春(上戸彩)、舟木安信(高良健吾)、舟木伝内(西田敏行)、舟木満(余貴美子)、お貞の方(夏川結衣)、今井定之進(柄本佑)

武士の献立のネタバレあらすじ

【起】– 武士の献立のあらすじ1

気の強さから嫁ぎ先に一年で離縁された春は、加賀藩六代藩主・前田吉徳の側室であるお貞の方に仕えていた。

ある日、優れた味覚と料理の腕前をかわれた春は、藩内屈指の料理人である台所方の舟木伝内に、息子の嫁に来てくれと懇願される。

二度目の結婚に躊躇う春だったが、お貞の方の後押しもあって、嫁入りを決意しかし夫になった安信は、春への興味どころか料理の腕も家を継ぐ気もない、年下の男だった。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「武士の献立」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×