映画:決算!忠臣蔵

「決算!忠臣蔵」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

決算!忠臣蔵の紹介:2019年11月22日公開の日本映画。大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

あらすじ動画

決算!忠臣蔵の主な出演者

大石内蔵助(堤真一)、矢頭長助(岡村隆史)、大高源五(濱田岳)、不破数右衛門(横山裕)、堀部安兵衛(荒川良々)、菅谷半之丞(妻夫木聡)、奥野将監(大地康雄)、吉田忠左衛門(西村まさ彦)、原惣右衛門(木村祐一)、貝賀弥左衛門(小松利昌)、三村次郎左衛門(沖田裕樹)、武林唯七(橋本良亮)、間瀬久太夫(寺脇康文)、大石主悦(鈴木福)、大石るり(森本くるみ)、磯田武太夫(千葉雄大)、矢頭右衛門七(鈴鹿央士)、早川惣介(上島竜兵)、長次(堀部圭亮)、河村伝兵衛(波岡一喜)、井上団右衛門(山口良一)、祐海和尚(桂文珍)、前田屋茂兵衛(村上ショージ)、戸田権左衛門(板尾創路)、戸田采女正(滝藤賢一)、落合与左衛門(笹野高史)、りく〔理玖〕(竹内結子)、大野九郎兵衛(西川きよし)、瑤泉院(石原さとみ)、浅野内匠頭(阿部サダヲ)

決算!忠臣蔵のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①吉良上野介の屋敷に討ち入り、主君・浅野内匠頭の無念を果たした赤穂浪士だが、討ち入りに費やした資金は内蔵助たちが必死で捻出した金だった。

【起】– 決算!忠臣蔵のあらすじ1

決算!忠臣蔵のシーン1

画像引用元:YouTube / 決算!忠臣蔵トレーラー映像

江戸時代、そば一杯の値段は十六文でした。

現在のそば一杯の値段を480円とすると、「一文=30円」です。

このそばの代金を基準として、昔のお金を今のお金に置き換えてみることにします。

映画『決算! 忠臣蔵』は、すべてこの値段を基準にして算定されます。

(以下、映画では主だった費用がスクリーンに表示される)

〔元禄四年(1691年) 播州赤穂(兵庫県赤穂市)〕

赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助は、藩主・浅野内匠頭に仕えていました。

あるとき、大火事かと思ってはせ参じると、演習でした。

赤穂浅野家は、火消し大名と呼ばれるほど代々消防に力を入れていたため、演習でも力を入れていたのです。

当時、江戸は平和な世の中でした。

浅野内匠頭は大石内蔵助に「今のお上は腐りきっている。火事は怖い。火事はいくさと思え。いくさを忘れたらあかんで」と教えます…。

その十年後…。

〔江戸〕

元禄十四年(1701年)三月十四日。

江戸城の松の廊下にて、事件は起きました。

赤穂藩の浅野内匠頭は、清廉潔白な人柄です。

賄賂好きの吉良上野介の態度に腹を据えかねて、浅野内匠頭は斬りかかりました。

江戸城内で刃傷沙汰を起こしたことが問題視され、浅野内匠頭は即日、切腹を命ぜられます。

さらに赤穂浅野家はお取り潰しとなりました。いわゆる「倒産」です。

当時は喧嘩両成敗というのが、こういう場合の常でした。

ところが相手の吉良家は、おとがめなしなのです。

お取り潰し(倒産)となると、赤穂藩の藩士は路頭に迷うことを意味します。

さて赤穂藩では、藩士のふたつの勢力がもめていました。

藩士には「番方(ばんがた)」=「いくさ担当」と「役方(やくがた)」=「経理担当」がおります。

番方は城に籠城することを計画し、役方は「割賦金(かっぷきん)」=「退職金」の算段をしています。

大石内蔵助は浅野家の親戚筋・戸田権左衛門から、おとなしくしていればお家再興の見込みがあると聞かされて、藩士たちを説得しようとします。

もしもめた場合、退職金(割賦金)は27万円になるのに対し、戦わない場合は退職金180万円にくわえ、給与1年分が支払われると聞いて、藩士も気圧されました。

内蔵助は藩士たちを説得し、開城します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「決算!忠臣蔵」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×