「沈まぬ太陽」のネタバレあらすじと結末の感想

沈まぬ太陽の紹介:2009年公開の日本映画。『白い巨塔』などで知られる国民的作家・山崎豊子の同名小説を、渡辺謙主演で映画化。昭和40~60年代という激動の時代を舞台に、会社のために心血を注ぐ男のドラマが描かれる。

沈まぬ太陽の主な出演者

恩地元(渡辺謙)、行天四郎(三浦友和)、三井美樹(松雪泰子)、恩地りつ子(鈴木京香)、国見正之(石坂浩二)、恩地克己(柏原崇)、恩地純子(戸田恵梨香)、利根川泰司(加藤剛)、竹丸欽二郎(小林稔侍)

沈まぬ太陽のネタバレあらすじ

【起】- 沈まぬ太陽のあらすじ1

昭和30年代、大企業である国民航空の社員・恩地元は、労働組合の委員長として職場の環境をよくする運動をしていました。しかしこれは会社側としては不都合で、恩地は懲罰人事ともいえる、僻地への海外赴任命令を言い渡されます。
僻地にいる恩地に、会社は組合からの脱退を条件に、日本への帰国をほのめかしました。
同じように労働組合で活動していた恩地の同僚・行天四郎は、早々に組合を抜けてエリートコースに乗り、経営者側にまわっています。行天の愛人である国際線客室乗務員・三井美樹は、同期である恩地と行天の出方を冷静に見ていました。

【承】- 沈まぬ太陽のあらすじ2

恩地は仲間である行天の裏切りや、家族と長らく離ればなれになっている孤独感から、次第に焦り始めます。
10年後、やっと日本へ帰国がかなった恩地ですが、会社では相変わらず冷遇されていました。
そんな時、国民航空のジャンボ機が墜落する事故が起きます。これは航空史上最悪の事故で、犠牲者の数はとんでもないものでした。
現地対策本部に配置された恩地は、救援隊として現地に足を踏み入れます。
その後、恩地は遺族係を命ぜられました。
恩地は被害者遺族の家を一軒一軒まわり、遺族に謝罪しますが、これはつらく苦しいものでした。

【転】- 沈まぬ太陽のあらすじ3

恩地は無力を感じるようになります。
その頃、政府は国民航空の新会長として、国見正之の就任を要請しました。国見が新会長になります。
新会長・国見は、労働組合時代に奮闘した恩地の手腕を買い、新設した会長室の部長に恩地を任命しました。
恩地と国見はともに、国民航空の信頼を取り戻そうと尽力します。
国見が国民航空の内部調査を行うと、政界へ裏金が動いていることが判明しました。国民航空と政界との癒着をかぎつけられた竹丸副総理は、国見会長の退任を要求します。

【結】- 沈まぬ太陽のあらすじ4

辞任させられた国見に伴い、会長室がなくなった恩地も遺族係に戻ることになります。行天のはからいで、恩地は再び海外赴任することになりました。
恩地は妻子にナイロビへの赴任を打ち明けます。妻・りつ子と息子・克己は納得しますが、娘・純子だけは会社の意向に反発しました。しかし、恩地はそれをおしてナイロビ赴任を決めます。
航空チケットを金券ショップに売り飛ばし、横領していたことが露見、告発され、行天が東京地検に連行されました。
同じ頃、恩地はナイロビに向かう草原に、車を走らせていました。

みんなの感想

  • spn45ze9さんの感想

    山崎豊子の骨太小説を主役から脇役まで、多彩な役者陣が出演して映画化しました、雄大なアフリカロケまで織り込み、3時間越えの大作に仕上がっていたのでやっぱり見応えはありました。原作の持つ深みの域までは、達してないのかもしれないけど、出来栄えとしては高いレベルに出来ていたと思います。たたストーリーが長いのと真面目なので見終わると正直疲れます。

映画の感想を投稿する

映画「沈まぬ太陽」の商品はこちら