「浮き草たち」のネタバレあらすじ動画と結末

ヒューマンドラマ

浮き草たちの紹介:2016年に製作され、アダム・レオンがメガホンをとり、マーガレット・コリンが出演したアメリカ映画。やむを得ない事情で怪しげな仕事を引き受けた男女が、カバンを間違った相手に渡してしまい、回収しに向かう姿を描いている。

あらすじ動画

浮き草たちの主な出演者

ダニエル「ダニー」(カラム・ターナー)、エリー(グレース・ヴァン・パタン)、スコット(マイク・バービグリア)、エヴェリン(マーガレット・コリン)、(ミハル・フォンデル)、(ルイ・キャンセルミ)

浮き草たちのネタバレあらすじ

【起】- 浮き草たちのあらすじ1

小さな店でシェフをしているダニエルは、夕食を作って、母と兄のダレンを待っていました。
ダレンは帰ってこずに、刑務所から電話がかかってきます。
アトランティックシティで窓を割って、捕まってしまったそうです。
ダニエルは代役で兄から仕事を任されます。車でカバンを運ぶ仕事で、報酬は1500ドルです。
誰の車に乗るのか聞くと、電話は終わりとなります。ダレンが並んでいた囚人にせかされ、電話をとられてしまったのです。
一方、ウェイトレスの仕事を失ったエリーは、スコットから仕事の説明を受けていました。しかし、カバンの中身を教えてもらえませんでした。
バイトを終わらせたダニエルは、待ち合わせ場所に行って、エリーの赤い車に乗ります。
少し走らせた後に停めていると、男がやってきて、エンジンを切らずにそのままと言ってきます。
そしてその男は、カバンを窓から入れてきて去って行きます。ダニエルとエリーは逃走します。
次にダニエルは、聞いていた緑のバッグの女性のいるホームに行きます。指定通りにカバンを置いて、代わりのバッグを持ち、電車に乗ります。しかし電車の中から、別の緑のバッグを持った女性を見つけ、渡す相手を間違えたことに気づきます。
次の駅で降りたダニエルは、急いでカバンを置いてきた駅に戻りますが、カバンも女性もいなくなっていました。

【承】- 浮き草たちのあらすじ2

エリーを見つけたダニエルは助けを求めます。
逃げるエリーでしたが、報酬が1500ドルと聞いて、公衆電話からスコットに電話をかけます。
自分の報酬とは違うことに、エリーは怒り出し、倍をもらうことを条件に、カバンの回収に向かいます。スコットは、ダレンの取り分を渡すからと説明します。
そのことを知らないダニエルと共に、彼女のバッグの中身の薬の住所を見て、エリーは彼と探しに行きます。
途中、道に迷ってしまい、エリーは郵便受けを勝手に開けて住所を見てみます。するとSUVに乗った嫌な男が注意してきます。
ダニエルとエリーは誤魔化して逃げ、住所の家にやってきます。
誰かと間違えられて、若い女性に中に通されます。するとSUVの男が帰ってきて、2人は逃げ出します。
翌朝、SUVの男や家族が出かけるのを見て、ダニエルとエリーは忍び込むことにします。そして家族写真を見つけて、そこにダニエルが間違えて渡した女性の顔が映っているのを発見します。
家のパソコンを調べたダニエルは、カバンを今持っている女性のヴィネッサの名前と会社の住所を見つけます。
その頃、スコットは無事に回収できるのかと、ジミーやラッセルに脅されていました。そこへ出所したダレンから電話がかってきます。スコットは、エリーと一緒にいるのが誰なのか聞きます。

【転】- 浮き草たちのあらすじ3

ダニエルから電話があって、ヴィネッサの名前や会社の住所が分かり、ジミーやラッセルは安心します。
それを聞いたダレンは、分け前がエリーに持っていかれることも聞きます。なのでヴィネッサの会社に電話をし、カバンが必要で外に出られないかと頼みます。
ダニエルとエリーは、ヴィネッサを見つけて後をつけます。そしてダニエルは、カバンのことを話します。するとあっさりと返してもらえて驚きます。
ヴィネッサは、ダニエルがダレンと思って返したのです。
ダニエルからカバンを受け取った電話があり、ジミーは運が良かったなとダレンに話します。
ダレンはダニエルに電話を代わってもらい、エリーたちが悪だくみをしていると話します。
無断欠勤をしたことから、ダニエルはシェフの仕事をクビになったと母から聞いて、確認の電話をするとエリーに伝えます。
エリーから許可をもらって、ダニエルはカバンを持ち、1人でバスに乗り込みます。
気づいたエリーは、急いでバスを追いかけて、次の停留所で乗ります。ダニエルは、バスの座席にカバンを置いて去ります。
エリーはカバンを受け取り、彼の免許証を眺めるのでした。

【結】- 浮き草たちのあらすじ4

家に帰ったダニエルは、カバンを持って帰らなかったことから、兄に怒られます。
ダレンは、エリーが彼氏と別れられないでいることを弟に話します。
エリーはスコットに車に乗るように指示され、ある金持ちの女性の家に行きます。
カバンの中には、弁護士に諦めろと言われた写真がありました。
エリーは報酬の3000ドルの入った封筒を受け取り、皆にも払うことを伝えるよう言われ、家を後にします。
エリーはダニエルの家に行って、彼の高校の同級生のふりをします。報酬を山分けにすることにし、エリーはダレンに渡さないようにと言います。
お金を手に入れて、ピッツバーグを離れるつもりのエリーでしたが、ダニエルに行先を聞かれ、ピッツバーグと答えます。
エリーはバス乗り場に行って、ピッツバーグ行きを頼みますが、やっぱり止めてプロビデンス行きにします。
思い立ったダニエルは、エリーを追いかけるため、全速力で走って向かいます。
エリーを見つけて、ダニエルは自分もピッツバーグに行くと伝えます。プロビデンスに行くと聞いて、ダニエルは自分も行くと言って、思わずキスしてしまいます。
エリーは今から始めようと提案します。ダニエルは納得して、彼女と一緒に乗り場に向かいます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、仕事を失って彼氏と別れられないでいる女性と、兄から嫌々引き受けて仕事を受けた男性が、恋に発展していく姿を映し出しています。
ダニエルがカバンを渡す相手を間違ったことが、2人に時間を与え、結びつけるきっかけとなります。
最後のダニエルの必死に気持ちを伝える姿や、それに応えるエリーの姿が印象的で、2人の幸せな未来を祈りたくなります。
また、彼女を必死に追いかけるダニエルの姿も印象的で、その姿を見ると恋愛をしたくなります。
青春を感じる映画に仕上がっており、見ていると若さを取り戻すことが出来るので、お勧めです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください