映画:深呼吸の必要

「深呼吸の必要」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

深呼吸の必要の紹介:香里奈の映画初出演・初主演作品として2004年に公開された映画で、脇を固めるキャスト陣も豪華な面々が集まった作品となっています。沖縄の大自然の中で行われるサトウキビの収穫を通して挫折を経験した若者が再生していく姿が映し出されるストーリーとなっています。 MY LITTLE LOVERが歌う映画タイトルと同名の主題歌「深呼吸の必要」が、心地よい空気を作り出している作品です。

あらすじ動画

深呼吸の必要の主な出演者

立花ひなみ(香里奈)、池永修一(谷原章介)、土居加奈子(長澤まさみ)、西村大輔(成宮寛貴)、川野悦子(金子さやか)、田所豊(大森南朋)、辻元美鈴(久遠さやか)、おじい(北村三郎)、おばあ(吉田妙子)

深呼吸の必要のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 深呼吸の必要のあらすじ1

深呼吸の必要のシーン1 主人公・立花ひなみは、船に乗り沖縄県のある島へと向かっていました。
そこには募集を見て応募した人々が集まり、サトウキビ農家で収穫の手伝いをすることになっていたのでした。
ひなみが島に着くと、キビ刈りの経験者である田所豊が迎えに来ていました。
ひなみを含めた若者たちは田所の運転するトラックに乗り込み、サトウキビ農家のおじいとおばあが待つ家へと向かいます。
収穫を手伝うメンバーは普段派遣社員として働いているひなみの他に4人おり、素っ気ない態度の西村大輔と生意気で思ったことをすぐ口にしてしまう川野悦子、最年長の池永修一に内気で自分からしゃべろうとしない女子高生の土屋加奈子が参加していました。
田所はひなみらにサトウキビ収穫のスケジュールを説明すると、次の日から早速サトウキビの収穫作業が始まります。
降り注ぐ沖縄の日差しのもと、サトウキビ畑にやってきたひなみたちは田所からキビ刈りのレクチャーを受けそれぞれやってみますが、初めはなかなかスムーズにはいきません。
大輔は不器用で悦子は適当さが目立ち、加奈子は説明を受けてもサトウキビの前で立ち尽くし作業を始められずにいました。
そんな姿を見ておじいは優しくサポートし、田所も一人ずつテキパキと教えていくのでした。
日が暮れて家に戻るとひなみらはくたくたになりながら食事をして、次の日に備えていました。
そんな中、加奈子だけはひなみや悦子と一緒にお風呂に入っておらず、あとから遅れて入ろうとする加奈子でしたが、田所にお風呂のお湯がないことを告げられてしまいます。
加奈子は夜中に一人で家の外にある水道で髪を洗い、そこへおばあがやって来て加奈子の髪をタオルで拭いてあげるのでした。
次の日、加奈子は作業中につまずいて倒れたところを池永に起こされ、池永と大輔はその際に加奈子の手首にある傷を発見してしまいます。
長袖のジャージで必死に手首を隠そうとする加奈子の様子に、池永らは無言で加奈子を気遣うのでした。
キビ刈りのために作業中は長袖の服を着ていても、休憩時間になるとすぐに半袖になる悦子。
そんな悦子とは対照的に休憩時間になっても上着を脱ごうとしない加奈子を見て、悦子は不思議がりますが、池永は悦子に「体のためには肌を守る方が良いんだよ」と説明し、優しくフォローするのでした。

【承】- 深呼吸の必要のあらすじ2

深呼吸の必要のシーン2 なかなかはかどらないサトウキビの収穫中、畑に一人の女性が訪ねてきます。
それは東京で看護師をしている地元の女性・辻本美鈴で、おじい、おばあも良く知る人物でした。
彼女もキビ刈りを手伝うことになり助っ人を得たキビ刈り隊は、手分けしてサトウキビを刈っていくのでした。
サトウキビの収穫は日程が詰まっているものの、休日も用意されています。
キビ刈り隊もその日ばかりはバカンス気分で悦子と大輔は海へ行き、ひなみは美鈴とともにバーベキューの買い出しに行っていました。
加奈子はおばあと洗濯をし、池永は商店へ買い物、おじいと田所は休みの間もキビ刈りを続けていました。
家で買い出しの相談をしていたひなみは偶然、池永の写っている写真を見つけます。
そこには白衣を着た池永と子どもの姿が写っていました。
バーベキューでみんなが集まった夜、民謡を歌いながらお酒と料理を楽しみ、キビ刈り隊は束の間の休息を味わいます。
田所は自分が季節ごとに日本全国をまわり、各地の農家で収穫の手伝いをしていることを話します。
聞こえの良いように話す田所に、大輔は「ただ逃げているだけなのではないのか」とつっかかると、その場にいた誰もが口を閉ざしてしまいました。
みな大輔の言葉に思うところがあり、それは大輔自身も同じでした。
悦子はふと思い立ったように大輔の帽子をとると、その顔に見覚えがあると言いだします。
大輔はかつて甲子園でノーヒットノーランを達成したエースピッチャーであり、野球選手として将来を嘱望されている人物でもありました。
しかし大学に進学後、大輔は試合への出場機会を失っていき、やがて肩や腰を壊してしまうのでした。
大輔は甲子園でのノーヒットノーランは単なるまぐれだと語り、才能や自分の実力に苦悩した末に野球に挫折してしまったことを話すのでした。
池永は昼間に商店で買っておいた花火を持ってきて、皆でやることを提案すると、そこにひなみらも集まり花火に火をつけるのでした。

【転】- 深呼吸の必要のあらすじ3

深呼吸の必要のシーン3 キビ刈り隊は次の日から収穫を再開しますが、突然降ってきた雨にうたれて収穫を早めに切り上げることになります。
ひなみは強い雨にサトウキビ畑を心配しますが、沖縄では雨や台風も日常茶飯事。
おじいたちは「なんくるないさ」と話し、「ダメになったら、まら初めからやり直せばいい」と語ります。
ひなみらは、トラックで出かけたっきり夕食の時間を過ぎても戻ってくる気配のない田所を気にかけていました。
強い雨と風の中、トラックを運転していた田所はハンドル操作を誤り、道路脇の崖に転落しそうになっていたのです。
捜索に出た池永やおじいたちは道路脇に植えてある木に引っかかり止まっている田所のトラックを発見します。
田所は大輔らによって救助され、看護師の美鈴が応急処置をほどこし診療所へ運びますが、島に医者は不在でした。
池永が医者であることを知っていたひなみは「助けてあげて」と頼み、躊躇していた様子の池永も決意した様子で田所の手術を始めます。
手術は無事終わり、池永はひなみに自分が小児外科医をしていたことを語ります。
子どもが好きで選んだ仕事でしたが、そこにはこの世を去っていく多くの子どもたちを見送らなくてはならない辛い現実が待っていました。
池永は忘れることなどできないと知りながら、どこか遠くへ行きたいとこの島へやってきたのでした。
ひなみは池永に、深呼吸の話しをします。
小学校の水泳大会で緊張していたひなみは、父親から深呼吸をするように教えられたと言います。
「深呼吸をすれば泳ぎが速くなるわけではないが、楽しくなる」と教わったひなみは、スタート直前に深呼吸をした結果、出遅れてしまいビリになってしまいます。
ひなみは「ビリはビリだったけど、泳いでいる間は楽しかった」と話します。
その話しを聞いた池永とひなみは海岸に座り、2人で深呼吸をするのでした。
田所が不在となったキビ刈り隊は、急ピッチで作業を進めますが、今度は美鈴が倒れてしまいます。
おじいの家へ連れて帰ると、目を覚ました美鈴に池永は「何ヶ月?」と尋ね、彼女が妊娠していることを悟るのでした。
美鈴は「4ヶ月」と答え、産むかどうかを迷っている様子でした。

【結】- 深呼吸の必要のあらすじ4

深呼吸の必要のシーン2 次の日、朝起きると加奈子の姿が見当たりません。
加奈子は一足先にサトウキビ畑に来て、作業を始めていたのでした。
その様子を見て、ひなみらは明るくなった段階で作業を始めることを提案します。
加奈子の姿を見ておじいは感謝を告げ、加奈子は初めて笑顔を見せるのでした。
それからキビ刈り隊は1時間早く起きて作業を始め、夜は車のライトを照らしながら作業を続けることになります。
誰一人として弱音を吐く者はおらず、みな真っ黒に焼けたキビ刈り隊は全員が精力的にキビ刈りを行ないました。
途中からは松葉杖をついた田所も作業に参加し、畑にある全てのサトウキビを刈る目処がつくのでした。
刈りつくされ広くなった畑で、田所は大輔をキャッチボールに誘います。
そこに池永も参加し、大輔たちが楽しそうにキャッチボールをする姿を見ていた美鈴に、ひなみは「男の子もいいよね」と話すのでした。
加奈子もジャージの腕をまくり、笑顔を見せながらひなみに声をかけます。
最後のサトウキビを刈る役割は、競争で決められることになりました。
一番早くサトウキビの元までたどり着き、くくり付けられているバンダナを取った人が最後のサトウキビを刈ることになります。
田所は「よーい」と声をあげるとスタートの合図をすることなく自分だけ松葉杖でスタートしはじめ、気づいたメンバーは慌てて走りだします。
ひなみは出遅れてしまいますが、先に着いたメンバーがもつれている間にバンダナに手をかけたのはひなみでした。
ひなみは「ビリはビリだったけどね」と言うと、残ったサトウキビを1本ずつ刈り取り、他のメンバーに渡していきます。
全てのサトウキビを刈り終えると、ひなみは広い空き地となった畑を見渡し、歩いていくのでした。
次の年、おじいとおばあの家には新たなキビ刈り隊が集められ、サトウキビの収穫について説明する田所の声が響いているのでした。

みんなの感想

ライターの感想

サトウキビ畑だけでなくそこに吹く風や青い空など、観るたびに沖縄の自然を感じることのできる映画です。
派手さはありませんがふとしたときに見返したくなる作品で、いつ観ても心をやすらかにしてくれます。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「深呼吸の必要」の商品はこちら