「潜水服は蝶の夢を見る」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

難病を患った『ELLE』編集長ジャン=ドミニク・ボビーがまばたきだけで綴った著書を原作に、周囲の人々とのつながりを通じてジャンの心情が変化していく様子を描いたヒューマンドラマ。監督のジュリアン・シュナーベルはゴールデングローブ賞、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。 『ELLE』編集長として第一線で活躍していたジャンは、脳卒中の後遺症で体の自由を奪われてしまう。話すこともできなくなったジャンは絶望的な気分に陥ってしまうが、ある人物と再会したことをきっかけに少しずつ前向きになっていく。まばたきで意思疎通ができるようになったジャンは本を出版しようと思い立ち、これまでの人生に思いを馳せていく。

潜水服は蝶の夢を見るの主な出演者

潜水服は蝶の夢を見るのネタバレあらすじ

【起】– 潜水服は蝶の夢を見るのあらすじ1

※今回執筆いただいた内容は、別のID・に付け替えられて公開されました。

業務進行をいただいた内容が削除されたわけではありませんので、ご安心ください。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「潜水服は蝶の夢を見る」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×