映画:父さんはオジロジカハンター

「父さんはオジロジカハンター」のネタバレあらすじと結末

父さんはオジロジカ・ハンターの紹介:2018年に製作されたアメリカ映画で、ジョシュ・ブローリンやダニー・マクブライドが出演したコメディドラマ。シカ狩りハンターとして有名な父が、12歳の息子と山で狩りをすることにし、親子の絆を深めようとする姿を描いている。

あらすじ動画

父さんはオジロジカハンターの主な出演者

バック・ファーガソン(ジョシュ・ブローリン)、ドン(ダニー・マクブライド)、ジェイデン(モンタナ・ジョーダン)、リンダ(キャリー・クーン)、グレッグ(スクート・マクネイリー)

父さんはオジロジカハンターのネタバレあらすじ

【起】- 父さんはオジロジカハンターのあらすじ1

パンテオン賞に2度輝いたこともあるハンターのバック・ファーガソンは、オジロジカ狩りが最も素晴らしいと、DVDの映像を通して宣伝します。
バックはカメラマンのドンと一緒に、次のDVDの撮影のシカ狩りに向かいます。今回は元妻との息子で12歳のジェイデンも連れていきます。親子の絆を深めるのです。
3人はチェロキーマウンテンにやってきます。バックは、祖父から受け継いだウィンチェスターの銃をジェイデンにプレゼントします。
これは家族の絆の象徴なのです。大人になることを学ぶ伝統でもあります。
しかし、ジェイデンは母の恋人のグレッグからもらった特製の銃のほうが気に入っている様子でした。ドンは撮影をしていましたが、カットします。
シカを待ち伏せている間、ジェイデンは音楽を聞いたり、お腹が空いたりと退屈な様子でした。
シカが近づいてきて、バックは道具を使って動物の声で引き寄せます。そしてジェイデンは銃を構えます。ついにこの瞬間がと喜ぶバックでしたが、電話がかかってきます。携帯電話をとるジェイデンでした。その音でシカは逃げてしまいます。
電話の相手はガールフレンドのキャロラインからでした。その様子を見て、バックは離婚前と同じで嫌な予感がしてきます。
その後、大きくてレアなシカが見つかり、バックたちは喜びます。シカが逃げた後、3人はキャンプをすることにします。

【承】- 父さんはオジロジカハンターのあらすじ2

バックのブーツは血だらけでした。これが狩りの証だと言うバックでしたが、ジェイデンはグロくて嫌がります。
そんな息子を見て、バックは父のブーツも血だらけだったこと、自分も子供の頃汚したくて仕方なかったことを話します。
その後、バックはグレッグが元妻にプロポーズしかけていると聞いて不機嫌になります。
翌朝、ジェイデンはこっそりとバギーに乗って遊びます。しかし大ジャンプして壊してしまいます。
気がついたバックは怪我したら大変なこと、弁償しなければならないことから怒ります。
ジェイデンは父が運転させてくれないからと言い返し、ブログ用に携帯で撮影をし始めます。我慢できないバックは、携帯を預かることにします。
ドンは恋人のキンバリーから引退のことを話され、しばらく休みたいと申し出ますが、バックから反対されてしまいます。
お昼休憩時、ドンはバックが自らプレッシャーをかけて一流のハンターになったことをジェイデンに話します。凍傷で親指を失ったなど、武勇伝を聞いたジェイデンは父を見直します。
そしてドンは、バックがジェイデンを嫌っているのではなく、愛しているのだと話します。ただ離婚がこたえただけなのです。ドンはジェイデンがガールフレンドに電話したいことから、携帯を貸してあげます。

【転】- 父さんはオジロジカハンターのあらすじ3

その頃、バックはジェイデンの携帯からグレッグの映像を消去して笑みを浮かべていました。
ドンから携帯を貸したと聞いて、面目をつぶされたと思ったバックは怒ります。
ジェイデンを見つけて、バックは怒りますが、ガールフレンドにフラれたと聞いて改めます。
ジェイデンは留年してしまったため、ガールフレンドに小学生は嫌だと言われてしまったのです。
ストレスのたまったジェイデンを見て、バックは銃の撃ち方を教えます。ジェイデンは撃ちまくってストレスを解消するのでした。
息子にグレッグをパパと呼ばせたことから、やけ酒をしたバックは元妻に電話しますが、切られてしまいます。
その後、ドンが卑猥な写真を息子に見せていて、バックは怒ります。不当な扱いを今まで受けていたこともあり、ドンも我慢の限界がきます。ドンはバックに殴られて帰ることにします。

【結】- 父さんはオジロジカハンターのあらすじ4

翌日、レアジカ狩りを諦めないバックは、息子と探しに向かいます。レアジカを発見することができて、今度こそ息子が仕留める場面をカメラに収めようとします。
しかしジェイデンはシカの顔を見て、中々撃つことができませんでした。シカが逃げ出し始めて、バックは息子を急かせます。するとジェイデンは、やはり撮影に戻ってきたドンの足を撃ってしまうのでした。
バックとジェイデンは、とりあえずドンの肩を持って移動することにします。ジェイデンは、ブーツがドンの血で汚れてしまうのでした。
落ち込む息子を見て、バックは一緒にいられる理由が欲しかったのだと、胸のうちを話すのでした。
このままではドンが危険なことから、バックは何とかしなければと思います。ジェイデンは、宣伝用に借りていたエアマットレスのことに気づきます。
さすが息子だとバックは褒めて、エアマットレスをボートにし、ドンを乗せて川を下ることにします。
急流の中、ジェイデンは銃が落ちて、取りに行こうと川に入ってしまいます。バックは飛び込んで息子を助け出します。
その後、流れが穏やかになったので、ジェイデンは作った曲をギターを弾きながら披露します。それは自分と父との曲でした。つい感動してしまうバックでした。
もう1台のバギーを置いてある場所まで来ることができて、ドンを乗せます。このバギーには、後1人しか乗れませんでした。
待っているのが退屈だという息子を見て、バックは管理所までドンを送ってこいと背中を押します。待っている間、バックはシカを見つけて銃を構えます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、舞台となっている山の景色が美しく、森や滝など自然豊かな風景に癒やされます。そんな自然いっぱいの中で、バギーをかっ飛ばしたり、ロープを渡ったりなどする登場人物たちの姿に、ヴァイタリティを高めることができます。
また、シカ狩りが目的であることから、度々野生のシカの姿を見ることができます。自然をバックにしながら、生きているシカの様子が見れるので、動物園とは違った雰囲気を味わうことができます。
そして、年が離れているドンとジェイデンの、友達のような仲の良さにほのぼのとします。さらに息子と親子の絆を深めようと、本音がついもれていくバックの姿も、人間らしくて良かったです。山を舞台に、男3人の熱い友情を見たい時にお勧めの映画です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください