映画:父の秘密

「父の秘密」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

父の秘密の紹介:ある事件をきっかけに壮絶ないじめを受けてしまう娘とその父の物語。第65回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門でグランプリを受賞。2012年メキシコ。

あらすじ動画

父の秘密の主な出演者

アレハンドラ(テッサ・イア)、ロベルト(エルナン・メンドーサ)、ホセ(ゴンサロ・ヴェガ)、ハビエル(フランシスコ・ルエダ)、カミーラ(タマラ・ヤズベック)

父の秘密のネタバレあらすじ

【起】– 父の秘密のあらすじ1

ロベルトとアレハンドラの父娘は、ヴァヤルタからメキシコシティへ引っ越してきます。交通事故で妻ルシアを亡くしたロベルトはこの地で新しい生活を始めようとしますが、妻を亡くした喪失感から立ち直ることが出来ません。

レストランのシェフとして働こうとするも、自分の思うように仕事をしない調理助手に嫌気がさして早々に辞めてしまったり、運転中にトラブルを起こして喧嘩をしてしまったりと自暴自棄になっていました。

一方、アレハンドラも心機一転を図るべく、母親の死を隠し明るく振舞ってクラスメイトと仲良くなっていきます。しかし、転校初日に行われた薬物検査でマリファナの陽性反応が出てしまい、ロベルトも呼び出されて次に発覚すれば退学させると宣告されてしまします。

ロベルトに問いただされ、アレハンドラはもう吸わないと誓います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「父の秘密」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×