「甘い鞭」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

映画「甘い鞭」の感想

ライターの感想

公開当時、まさにブレイクし始めた頃の壇蜜さんがヒロインということで話題になった作品ですが、私は間宮夕貴さんが「最上ゆき」名義のグラビアアイドル時代から好きだったので、そういう意味で楽しみにしていました。女医となったヒロインの現在と17歳時代が並行して描かれるので、間宮さんは「もう1人のヒロイン」と言えるでしょう。「もう1人」と言えば、解釈の別れるラストシーンですが、ネットでも色んな意見が見受けられ、その中でも私は「ヒロイン自身の手」だという説が一番自分の好みかなあと思います。
    1 2 3 4 5

    「甘い鞭」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×