映画:男はつらいよ 寅次郎相合い傘

「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

男はつらいよ 寅次郎相合い傘の紹介:ひょんなことから蒸発サラリーマン兵頭と旅をすることになった寅さん。旅の途中で立ち寄った函館で、以前恋をした流しの歌手リリーと奇跡的な再会を果たす。そこから3人の珍道中が始まるのだが・・・シリーズ最高傑作との誉れ高い作品。

あらすじ動画

男はつらいよ 寅次郎相合い傘の主な出演者

車寅次郎(渥美清)、さくら(倍賞千恵子)、リリー(浅丘ルリ子)、兵頭謙次郎(船越英二)、車竜造(下條正巳)、車つね(三崎千恵子)、たこ社長(太宰久雄)、御前様(笠智衆)

男はつらいよ 寅次郎相合い傘のネタバレあらすじ

【起】– 男はつらいよ 寅次郎相合い傘のあらすじ1

ある日、以前寅さんが恋をした女性リリーが、寅さんを訪ねてとらやにやって来ます。そしていきなり離婚報告をして、とらやの一同を驚かせます。寅さんの不在を知った彼女は、そのまま旅に出てしまいます。

一方、その頃寅さんはひょんなことから知り合った「パパ」こと無気力サラリーマン、兵頭と旅の途中でした。数日後、たまたま入った函館のラーメン屋台で、ドサ廻りで全国のキャバレーを廻っていたリリーと二年ぶりの再開を果たします。

すぐに意気投合した寅さんとリリーは、翌日から兵頭を含めた3人で北海道を旅することになるのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ