「男はつらいよ43寅次郎の休日」のネタバレあらすじと結末の感想

男はつらいよ 寅次郎の休日の紹介:1990年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの43作目。渥美の体調不良もあり、今作品から年1回の上映ペース(シリーズの中では今までも年1回の場合あり)。両親の復縁を願う泉が上京し、泉に思いを寄せる満男は協力しようとするが…。

予告動画

男はつらいよ43寅次郎の休日の主な出演者

車寅次郎(渥美清)、諏訪さくら(倍賞千恵子)、車竜造(下條正巳)、御前様(笠智衆)、諏訪博(前田吟)、車つね(三崎千恵子)、たこ社長(太宰久雄)、満男(吉岡秀隆)、源公(佐藤蛾次郎)、礼子(夏木マリ)、及川泉(後藤久美子)、幸枝(宮崎美子)、一男(寺尾聰)

男はつらいよ43寅次郎の休日のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①大学生になった満男が思いを寄せる下級生・泉が上京。泉は、別居している両親に復縁してもらいたくて、父親を説得したいと言う。満男は泉についていくが、父は会社を辞めて大分・日田に住んでいた。 ②父に会いに出かけた満男と泉を追い、寅次郎と泉の母・礼子も日田へ。泉は父が新しい女性と幸福そうに暮らす様子を見て、両親の復縁をあきらめた。

【起】- 男はつらいよ43寅次郎の休日のあらすじ1

〝私、生まれも育ちも葛飾柴又です。
帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎、
人呼んで、フーテンの寅と発(はっ)します。

♪どうせ俺(おい)らはやくざな兄貴
わかっちゃいるんだ妹よ
いつかお前の喜ぶような
偉い兄貴になりたくて
奮闘努力のかいもなく
今日も涙の
今日も涙の陽が落ちる
陽が落ちる

ドブに落ちても根のある奴は
いつかは蓮(はちす)の花と咲く
意地は張っても心の中じゃ
泣いているんだ兄さんは
目方(めかた)で男が売れるなら
こんな苦労も
こんな苦労もかけまいに
かけまいに♪〟

…車寅次郎は16歳の時に家を出て、以降はその日暮らしの生活をしています。
職業はテキ屋で、何かを叩き売りしたり、人相見をしたりするものです。
ベージュのジャケット、ズボン、同じ色の帽子を着用し、背広の中は水色のシャツに腹巻きを巻いています。
寅次郎には、年齢の離れた妹・さくらがいました。さくらとは異母兄妹です。
寅次郎の父は他界し、さくらは「おいちゃん」こと叔父夫婦の経営する老舗『とらや』という和菓子屋で働いていました。
さくらは『とらや』の裏手にある印刷工場の博と恋仲になり、結婚します。
さくら夫婦たちには満男という息子も生まれ、すくすくと成長しています。
その後、『とらや』は『くるま菓子舗』、通称『くるまや』と名を変えました。
しかし、寅次郎だけは相変わらずふらふらしていました(映画『男はつらいよ』シリーズ参照)…。


…平安時代の終わりごろ。
貴族の寅次郎は、故郷を去って早や30年が経過したと、しみじみ感じ入ります。
「ふるさとは 遠きにありて 思ふもの」
そう思っていると、使用人の源公が、道に迷った女人がいると告げます。
寅次郎は、泊めてやれと命じました。
「名月や 池も巡りて 夜もすがら」
女人は、桜式部(さくら)と名乗りました。
ふたりは話しているうちに、生き別れた兄と妹だと気付き、涙の再会をします…。

…そんな夢を見た寅次郎は、旅先の民家で居眠りをさせてもらっていました。
起きた寅次郎は、さとごころがついて、電話をしたくなります…。

1990年、秋。
満男は八王子にある大学に合格しました。大学生になった満男は、のほほんと過ごしています。
満男はさくらに、下宿(ひとりぐらしを)したいと言い出しました。

【承】- 男はつらいよ43寅次郎の休日のあらすじ2

家から大学まで、バイクでも片道1時間、電車だと片道2時間もかかるからです。

『くるまや』へ行ったさくらは、おいちゃんとおばちゃんに満男の下宿の件を話しました。
おいちゃんは「ひとり立ちしたい年頃なんだろう」と言います。
そこへ、寅次郎から電話がかかりました。みんなの息災を確認し、電話を切ります。
寅次郎は御馳走になった店のあるじが「飲食代はいらない」というのを、いけないといって50円を渡して去りました。

満男は父の博に、「アルバイトをして下宿代を稼ぐから、ひとりぐらししたい」と告げます。
博は「大学に通うのに、勉強もせずにバイトか」と指摘し、さくらは満男が大学入学後、朝寝坊、夜ふかし、飲酒をするようになったとガミガミ言います。
満男は「ガキじゃないんだから」と、両親の過干渉をうるさがりました。
博が怒ってつい「家を出てけ」と言ったのに対し、満男は「はい分かりました。でもアパートが見つかるまで置いといてください」と頭を下げ、早々に退散します。
がっかりした博は、娘も作っておけばよかったと、さくらにこぼしました。

突然、泉が『くるまや』を訪ねてきました。
泉は父親と会いに東京へ上京したらしく、会えずにいました。
泉に気づいたさくらは引き留めて、家に泊めようと考えます。

満男は早々にアパートを決め、男友だち2人に頼んでレンタカーも借りて、その日のうちに引っ越しをしようとしました。
自宅へ戻ってきた満男は、泉がいると知ると途端に態度を変え、男友だちを追い返します。

博の家に、泉の母・礼子から電話がありました。さくらが応対し、「2~3日したら帰します」と話します。
夕食を囲みながらの博と満男の会話を聞いて、泉が「兄がいたら、こんななのかな」と言いました。そして、突然の上京の理由を話します。

泉の両親は、去年の5月に別居をしました(正式な離婚はしていない)。
別居の原因は、父・一男の浮気にありました。外に女の人を作っていたのです。
しかしまだ母の礼子は夫に未練があり、泉も、両親に復縁してもらいたいと考えていました。

【転】- 男はつらいよ43寅次郎の休日のあらすじ3

別居の話題に、経験のない博もさくらも適切な声をかけられません。
満男が「伯父さんなら、いい答えを出してくれるのに」と言ったことから、話題が寅次郎に移りました。
寅次郎の話題で盛り上がり、泉にも笑顔が戻ります。

夜、満男の部屋に泉が本を借りにきて、しばらくふたりきりで会話をします。
泉は、父の会社に行き、浮気相手の女性と別れてほしいと言うつもりでした。満男が、ついていくと申し出ます。
階下の博は、満男がよそさまの娘に手を出すのではないかと、はらはらしました。そんなことはいっさいなく、泉は本を借りて部屋を出ます。

翌日。
秋葉原に行った満男と泉は、泉の父の会社を訪問しました。
すると同僚の内藤という男性が応対し、泉に、父親は8月の終わりに退職したと告げます。
都会の生活が向かないからと言って、今は女性の故郷、大分県の日田市で暮らしているとのことでした。満男はその住所を聞きます。

『くるまや』に寅次郎が戻ってきました。さらに、満男と泉もやってきます。
泉は寅次郎との再会を喜びました。
『くるまや』での夕食時、泉は「帰る」と言います。
満男は泉を新幹線まで送っていきましたが、泉が博多行きのキップを買っているのを知ると、一緒に乗り込みました。同行するつもりです。

寅次郎も旅に出ようと腰を上げた時、満男から電話が入ります。
泉と一緒に大分へ行くと聞いたさくらと博は、パニックに陥りました。それに対し、寅次郎は新幹線の駅での2人の様子を、見てきたように再現します(おおよそ当たっている)。
寅次郎は「満男に任せろ」と言いますが、直後に泉の母・礼子が『くるまや』を訪問したことで、寅次郎の態度が豹変します。

泉が父を追って九州へ行ったと聞いた礼子は、娘が迷惑をかけていると詫びました。
寅次郎は礼子と共に、満男と泉の後を追って、寝台列車・ブルートレインに乗り込みます。

大分県、日田市。
満男が泉の父・一男の住所を聞いてきました。泉を連れていきます。
道中、泉は父と会ったらなんと言おうかと悩んでいました。満男は「伯父さんを連れてきたらよかったなあ」と言います。

【結】- 男はつらいよ43寅次郎の休日のあらすじ4

父・一男と再会した泉ですが、一緒に暮らしている女性・幸枝が、穏やかで優しい女性であり、父と幸枝の仲睦まじい様子をみて、何も言えなくなりました。
一男は幸枝と、博多の出張先で知り合ったそうです。現在、父は製材所で働いていました。
泉は幸枝に「パパをよろしく」と言って、立ち去ります。

落胆する泉にどう声をかけたらよいか戸惑う満男は、寅次郎の声を聞きました。寅次郎と泉の母・礼子を見つけます。
寅次郎の方も満男たちを見つけ、喜びました。4人がつどいます。

そのまま旅館へ泊まった寅次郎は、満男たちを見つけたと『くるまや』に報告を入れました。
4人は旅館の仲居さんに家族と間違われ、誤解をとかずにおきます。
男同士、女同士に分かれて眠った満男は、礼子に本気になるなと、寅次郎に言い聞かせました。
礼子は泉の様子から、夫が女性とうまくいっているのだと知り、号泣します。

翌日。
女性陣は先にチェックアウトしていました。
満男は旅館を走り出て、泉が乗るバスを見送ります。
寅次郎と満男も、東京へ戻りました。

旅に出る寅次郎へ、満男が「世話になったから」と、デパートで購入したセーターをプレゼントします。
満男の思いが嬉しい寅次郎は、「困ったことがあったら、風に向かって俺を呼べ」と言いました。

その後。
名古屋の母・礼子の勤めるスナックに、寅次郎からの花束が置かれていました。
店の女性たちは、寅次郎を引き留めたのですが、寅次郎はすぐに去ったそうです。
訪れた男性との関係を聞かれた礼子は「私の恋人よ」と、店の女性たちに答えました。
花束をもらった礼子は、寅次郎の心遣いが嬉しく、花束を見ながら微笑みます。

…新年。
満男は外出先で、男友だちと遊びに出ていると自宅へ電話を入れました。
さくらが「友だちが来ているわよ」と言い、泉に代わります。
すると満男は「すぐ帰る」と答え、男友だちを放って帰りました。
泉に会いに戻る道中、満男は「幸せってなんだろう」と考えます。
本人にとっては幸せでも、他者にはそう見えない場合には、どっちが真実なのだろうか…そう考えた満男は、「人間は本当に分かりにくい生き物だ」と思いました。

寅次郎は旅の空で、商売仲間のポンシュウと一緒になって、CDを売っています…。

みんなの感想

ライターの感想

前作品につづき、満男と泉の物語。ただしここに今回、寅次郎と泉の母・礼子が絡んでくる。
夏木マリは気が強そうな、でも美人。だから寅次郎がころっと参ってしまうのも判る。
満男と泉のカップルも見ていてほほえましいし、寅次郎を満男が慕っている様子が描けていた。
寝台列車・ブルートレインも、今はないもんね。
満男が人間的に成長し、あれこれ思い悩む様子もグッド。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「男はつらいよ43寅次郎の休日」の商品はこちら