映画:男はつらいよ45寅次郎の青春

「男はつらいよ45寅次郎の青春」のネタバレあらすじと結末

男はつらいよ 寅次郎の青春の紹介:1992年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズの45作目。御前様役の笠智衆、最後の出演作品。宮崎へ渡った寅次郎は、理髪店の女性店主・蝶子と親しくなる。東京で就職した泉が同級生の結婚式に出席するため、宮崎へ。そこで寅次郎と再会するが、寅次郎がケガをして…。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

男はつらいよ45寅次郎の青春の主な出演者

車寅次郎(渥美清)、諏訪さくら(倍賞千恵子)、車竜造(下條正巳)、御前様(笠智衆)、諏訪博(前田吟)、車つね(三崎千恵子)、たこ社長(太宰久雄)、満男(吉岡秀隆)、源公(佐藤蛾次郎)、及川泉(後藤久美子)、蝶子(風吹ジュン)、竜介(永瀬正敏)、及川礼子(夏木マリ)、麒麟堂(桜井センリ)

男はつらいよ45寅次郎の青春のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①泉が東京のCD屋に就職、同級生の結婚式に出席するため泉は宮崎へ、寅次郎とばったり再会。寅次郎は理髪店経営の女性・蝶子と親しくなっており、泉を追おうとして足をケガ。『くるまや』に寅次郎のケガ連絡が入り、話が大きくなる。 ②蝶子も寅次郎に好意を寄せていたが、寅次郎はよくないと考え満男らとともに東京へ戻る。泉の母が手術し、泉は仕事を辞めて名古屋へ戻ることに。満男は泉をあきらめない決意を寅次郎に語った。

【起】- 男はつらいよ45寅次郎の青春のあらすじ1

〝私、生まれも育ちも葛飾柴又です。
帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎、
人呼んで、フーテンの寅と発(はっ)します。

♪どうせ俺(おい)らはやくざな兄貴
わかっちゃいるんだ妹よ
いつかお前の喜ぶような
偉い兄貴になりたくて
奮闘努力のかいもなく
今日も涙の
今日も涙の陽が落ちる
陽が落ちる

ドブに落ちても根のある奴は
いつかは蓮(はちす)の花と咲く
意地は張っても心の中じゃ
泣いているんだ兄さんは
目方(めかた)で男が売れるなら
こんな苦労も
こんな苦労もかけまいに
かけまいに♪〟

…車寅次郎は16歳の時に家を出て、以降はその日暮らしの生活をしています。
職業はテキ屋で、何かを叩き売りしたり、人相見をしたりするものです。
ベージュのジャケット、ズボン、同じ色の帽子を着用し、背広の中は水色のシャツに腹巻きを巻いています。
寅次郎には、年齢の離れた妹・さくらがいました。さくらとは異母兄妹です。
寅次郎の父は他界し、さくらは「おいちゃん」こと叔父夫婦の経営する老舗『とらや』という和菓子屋で働いていました。
さくらは『とらや』の裏手にある印刷工場の博と恋仲になり、結婚します。
さくら夫婦たちには満男という息子も生まれ、すくすくと成長しています。
その後、『とらや』は『くるま菓子舗』、通称『くるまや』と名を変えました。
しかし、寅次郎だけは相変わらずふらふらしていました(映画『男はつらいよ』シリーズ参照)…。


(モノクロ画面にて)
…花の上野は不忍池のほとりにて、文学博士の車寅次郎が自宅の書斎で、いつものようにシェイクスピアのハムレットを翻訳していました。
日本橋の伊勢谷の呉服屋のひとり娘・泉が、家を抜け出します。
泉は明日の祝言を嫌って家出したのでした。泉は寅次郎の甥・満男と相思相愛だからです。
しかし、泉の父親は強欲で、万が一の時のために、用心棒を雇っていました。逃げ出した泉を追跡させます。
寅次郎のところへ、満男と泉が駆け込みました。寅次郎は2人を引き入れますが、そこへ用心棒の追っ手がかかりました。
寅次郎は文武ともに秀でた達人でした。追っ手の1人を投げ飛ばしますが、もう1人には投げ飛ばされます…。

…そんな夢を見ていた寅次郎は、海岸で居眠りをしていました。
目覚めた寅次郎は、まだ夢から抜けきらない気持ちです。


1992年、秋。

このところ、博と満男が朝のジョギングをするのが習慣です。
博は以前からしていたので慣れたものですが、満男は朝一番の運動にばてていました。
博はまだ若い満男にハッパをかけます。

高校卒業後に上京した及川泉は、レコード店の正社員として就職していました。満男との付き合いも続いています。
泉は社員寮で暮らしていました。
満男はさくらに「寮の食事はおいしくないらしい」と話し、泉の休みの前日に、泉を自宅に招くことにします。

さくらが『くるまや』でその話をすると、おいちゃんとおばちゃんは「なぜ『くるまや』に呼ばない」と悔しがります。
最近、『くるまや』でわいわいと食卓を囲むことが少なくなっており、おいちゃんとおばちゃんは寂しいのです。
こんな時、寅次郎ならば一緒に食べてくれるだろう、と言いながらも、いざ戻って来ると鬱陶しいな…と、複雑な心中でした。

その夜。泉が満男宅を訪問し、夕食を食べます。
泉が勤務するCD屋の話になり、泉は「だいぶ慣れた」と答えました。たまに珍客もいるそうです。
泉が驚いたのは、歌手もタイトルも分からずに、いきなり歌い出す男性がいたのだそうです。それは北原ミレイの『石狩挽歌』という曲でしたが、男性は上手に歌ったと泉が言いました。

【承】- 男はつらいよ45寅次郎の青春のあらすじ2

「寅さんみたいな人が、世間にはいるのね」と言ったことで、話題が寅次郎の話に変わります。
さくらが泊まっていくよう勧め、泉も首を縦に振りました。博宅から、泉は名古屋にいる母親・礼子にも電話します。

泉は満男に、同じクラブの同級生・木村忍が、九州旅行で知り合った宮崎の人と結婚すると話しました。同級生の中では、結婚する第一号です。
泉は忍の結婚式に招待されていました。それを聞いた満男が行きたがりますが、「忍は先輩(満男)のことが好きだったのよ」と泉は答えます。
満男がもてていたことを泉が話し、満男は照れました。


〔宮崎県 油津〕

喫茶店で休憩していた寅次郎は、入れ換わりに入ってきた女性・蝶子の代金もおごります。
かっこつけましたが、店を出たあとで所持金が少ないことに気づき、寅次郎はあせりました。
蝶子が店を出てくると、「散髪していかんね」と寅次郎を誘います。蝶子は理髪店を経営する女性でした。

蝶子に髪やひげを整えてもらった寅次郎は、蝶子の家に若い男性がいると知りますが、それは恋人ではなく、蝶子と15歳も年の離れた弟、竜介でした。
竜介はまだ若いのですが、地元の船乗りをしています。大きな船に乗り込んで、漁に出かけるのだそうです。
店を出ようとした矢先、寅次郎は雨に降られ、蝶子に夕食を御馳走になります。
所持金が少ないことを見抜かれ、泊まることも勧められました。寅次郎は好意に甘えます。

同級生の忍の披露宴出席のため、泉は宮崎に来ていました。
そこで泉は、寅次郎とばったり再会します。
喜んだ泉ですが、寅次郎が蝶子と一緒にいたことで遠慮し、寅次郎は蝶子と泉のどちらを追いかければよいか分からなくなり、階段で転倒しました。足首を痛めます。
おどろいた泉と蝶子は、救急車を呼びました。

泉が『くるまや』に連絡を入れ、寅次郎が救急車で病院に運ばれたことを話します。
大したことはないのですが、例によって『くるまや』連が大騒ぎをしたために、話がどんどん大きくなってしまいました。
その機に乗じて満男は、『くるまや』を代表して宮崎へ行くと言い出します。

翌日、早速満男は「寅次郎の見舞い」という名目のもと、その実、泉と会いたくて宮崎に行きました。
寅次郎は骨も靭帯も損傷はなく、今朝退院していました。
泉が満男を迎えにやってきますが、車を運転しているのは竜介です。
泉と竜介が親しげに話しているのを見て、満男はショックを受けました。

そのまま満男は、寅次郎が厄介になっている蝶子の理髪店へ行きますが、すっかりすねていました。泉が竜介と仲がよいのを、嫉妬しています。
地元ではお祭りが開かれているのですが、満男は「行かない」と言いました。
店に、竜介の婚約者・由美がやってきたことで、よけいな嫉妬をしたことに気づき、満男は急に生き生きし始めます。
祭りに出かけていき、泉たちと合流しました。

明日の早朝に出航が控えているのに、竜介はステージの上で歌っています。
誤解はとけたものの、満男は竜介ばかりが注目されるのが面白くなく、泉にしきりと「帰ろう」と言います。
満男の気持ちを知ってか知らずか、竜介はステージから「東京から来てくれたカップルです」と、満男と泉をスポットライトで照らしました。

【転】- 男はつらいよ45寅次郎の青春のあらすじ3

夜。
寅次郎は、満男と泉の関係と進展具合について質問します。
「愛しているなら態度で示せ」と寅次郎がアドバイスしますが、満男が同じことを寅次郎にも言い返しました。毎回寅次郎は、好きな相手にちゃんと態度で示せずにおり、図星を突かれた寅次郎は返す言葉がありません。

泉は、蝶子に独身でいる理由を聞きました。蝶子は、不思議な話をします。
理髪店で男性の髪を切って送りだす、ということを繰り返していた数年前のある日、見知らぬ中年男性が客として来ました。
その男性は寂しかったのか、散髪の最中に蝶子へいきなり「一緒に暮らさんか」と、声をかけたそうです。
蝶子は突然すぎて、ろくに答えもしないまま、送り出してしまったそうです。男性もそのまま去りました。
蝶子は「もしその人が次に現れたら、今度は『はい』と答えようと思っている」と泉に話しました。

翌朝、夜も明け切らないうちから、竜介は出航していきました。
竜介は船に乗りながら、姉の蝶子に「このまま寅さんと結婚しろよ」とアドバイスします。
それを二階で聞いてしまった寅次郎は、長井すると迷惑だろうと、満男と泉と共に帰ることを決意しました。
満男は泉と浜遊びをします。
泉は、蝶子から聞いた話を満男にすると「私は、幸せは自分の手でつかむ。待ってるなんて嫌」と言いました。

満男が泉を連れて帰ると言い出します。寅次郎も、一緒に帰ろうとしました。
するとそれを聞いた蝶子は、なぜもっと早く言ってくれなかったと激しく怒り、浜辺から車で立ち去ってしまいます。
蝶子は寅次郎がしばらく滞在すると思っており、裏切られたような気分だったのだろうと、泉が言いました。
泉は「しばらくいてあげれば」と口添えしますが、満男が「伯父さんは帰るべきだ」と分析します。
今までのパターンだと、一か所の土地に飽きた寅次郎が出て行くことになるのは必至で、どうせ去るなら早めの方が、まだ傷が浅いと言うのです(満男の分析、正しい)。
蝶子が車で戻って来ると、駅までみんなを送りました。

足を負傷して帰還するという寅次郎のために、『くるまや』の連中は急いで迎えの準備をしていました。
片足が不自由だと生活が不便だろうと、御前様が座イスを貸してくれるそうです。
たこ社長は洋式便器を持ってきました(ふたと便座のみ)。それを和式の便所に乗せて使えばいいとアドバイスします。
たこ社長のところには、人手不足のためか、外国人の従業員もひとり加わっていました。

寅次郎が松葉杖をついて帰って来ると、無沙汰を商店街のみんなに詫びます。
今回の宮崎での寅次郎の話は、博が満男に「ざっくりと」聞いていました。満男も大人になっているので、父親の博にすら、あまり伯父の恋の詳細を告げ口するようなことはしません。

『くるまや』で博が、満男と泉の恋の行方はどうなるだろうかと、寅次郎に聞きました。
寅次郎は「もうひとやま、ふたやまはあるだろう」と答え、たとえばの話で、駆け落ちの話をします。

【結】- 男はつらいよ45寅次郎の青春のあらすじ4

その駆け落ちの話が、夢で見たものと同じで(映画冒頭のシーン)、寅次郎自身が翻訳家になっているつもりなので、横で聞いていたおいちゃんは呆れました。
まじめな相談をしているつもりなのに、寅次郎に茶化された感じになったのです。
たこ社長と揉めた寅次郎は、松葉杖をつかなくても両足をついて立てることが一同に露見し、きまり悪くなって二階へ退散します。

さくらは御前様に、寅次郎と宮崎の理髪店の女性・蝶子の話をしました。御前様は、源公の慣れない手つきで頭を剃ってもらっています。
御前様は「寅がその女性と結婚して、床屋を開いてくれればいい。源の腕前は下手で、私はいつかこいつに殺されそうだ」と言いました。
(注:くしくも本作公開3か月後に、御前様役の笠智衆は他界。今作品が最後の出演作。ただし次作からも死については話題に触れず、御前様はいる設定になっている)

泉の母・礼子が手術することになりました。
国立名古屋病院から電話がかかり、「大変なので来てくれ」と泉に言います。
仕事で忙しいからと断って電話を切った泉ですが、やはり母親が気にかかり、CD店の店長に休みをくれと願い出ました。
上司が無理だと答えると、泉は会社を辞め、母親のところへ戻る決意をします。

泉が『くるまや』に報告を入れました。
さくらが満男の大学へ電話を入れ、満男を電話口に呼び出します。
泉が東京を去ろうとしているのを知った満男は、そのまま大学を飛びだして東京駅へ駆け付けました。
泉は、病気の母親に付き添って、名古屋で仕事を見つけると言います。
当分会えないのかと嘆いた満男は、「僕は結局、泉ちゃんの周りをうろうろしているだけの、間抜けだった」と言いました。
発車間際、泉の方から満男にキスして去ります。

満男が『くるまや』へ行くと、寅次郎が旅に出かけるところでした。
さくらは、泉と会ってきた満男が寅次郎に相談したいだろうと思い、見送る役を満男に頼みます。
満男は寅次郎に「僕は泉ちゃんを簡単にあきらめない」と宣言しました。寅次郎は甥がたのもしく成長していると知り、喜びます。
見送ったものの、泉と別れた満男は傷心もあり、「本当は僕も旅に出たい気分だ」と泣き始め、寅次郎から「お前には大学の勉強があるだろう」と励まされました。

新年。
博と満男の朝のジョギングは、まだ続いていました。満男がやる気を出しています。
泉から年賀状が届いていました。母は元気になったそうです。
仕事も名古屋で見つかっており、泉は働いていました。

寅次郎は下呂温泉で、商売をしています。
バブルが崩壊した結果、つぶれた会社の品を破格で売りだしていると口上を切っていると、客の中に知った顔がありました。蝶子の弟・竜介とその婚約者・由美です。
竜介と由美は結婚し、新婚旅行で下呂温泉へ来ていました。
寅次郎は竜介から「蝶子がその後、突然店に来た人と結婚し、店を畳んで博多へ行ってしまった」という衝撃発言を聞きます。
(この話を聞いたのは泉だけなので、事情を知らない竜介にとっては「びっくり」なのだろう)
心配になった寅次郎は店を放り出し、事の詳細を聞くために、竜介を近くの喫茶店に誘いました…。
(寅次郎は必ず好きになった女性が幸福になっているか、訪ねて確認するくせがある。
今回もたぶん、竜介から詳細を聞いた後、なんだかんだと言い訳をつけて博多へ行き、蝶子が幸せになっているか確かめにいくであろう)

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

バブルが崩壊してる~、衝撃の回。いやあ、世相がちゃんと反映されているので、毎回世相の確認も楽しい。
就職したばかりなので、まとまった休みをもらえない泉の会社のことなどは、まさしくこの時代ならでは、だなあ。
寅次郎の渥美清は痩せているのを隠すためか、マフラーを着用。
御前様の最後の出演作。出演陣の高齢化が痛々しくなってきて、切ない。
ストーリーは、満男サイド、寅次郎サイド両方あるのだが、どうしても寅次郎の衰えが気になって、話が身に入らない。
ちなみに泉は46、47では触れられないものの、48でまた出てくる~。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「男はつらいよ45寅次郎の青春」の商品はこちら