映画:瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)

「瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

瘋癲老人日記の紹介:1962年10月20日公開の日本映画。谷崎潤一郎の文学作品の映像化。息子の嫁に欲望を感じる舅を描いた作品。嫁と舅の禁断の関係を、若尾文子と山村聰の名コンビ共演で描く。脚フェティシズムという、老人の性倒錯を描写する谷崎の作品を、“中央公論”連載谷崎潤一郎原作を「やっちゃ場の女」の木村恵吾が脚色・監督した。撮影もコンビの宗川信夫。

あらすじ動画

瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)の主な出演者

卯木督助(山村聰)、卯木颯子(若尾文子)、婆さん〔督助の妻〕(東山千栄子)、卯木浄吉(川崎敬三)

瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①77歳の督助は、息子の嫁・颯子の足に魅力を感じている。督助の気持ちを知った颯子は、督助にうまく取り入り、金をせしめていく。 ②死期が近づいていると感じた督助は、颯子の足型を取り、墓に仏足石を刻みたいと思う。颯子の足型を取った督助は満足。

【起】– 瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)のあらすじ1

瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)のシーン1

画像引用元:YouTube / 瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)トレーラー映像

大きなお屋敷に、大家族が住んでいます。

屋敷にいるのは、77歳の卯木督助、その妻(ご隠居さま)、息子の浄吉、その妻・颯子、お手伝いさんたちです。

督助は軽い脳溢血を患い、左手に軽い障害が残っていました。寝たり起きたりの生活をしています。

卯木家は裕福で、家には住み込みの看護婦・佐々木がいました。

佐々木が督助の健康上の面倒をみます。

颯子が有楽座に行って留守のあいだに、ふだんは元気な督助の妻、通称:ご隠居さまが、タイルのところで滑って転倒しました。

高齢ということもあり、看護婦の佐々木が寝かせ、その日は大事を取らせます。

やってきた医者に、ご隠居さまは「歌舞伎の助六を見たけれど、大したことはない」とぼやきました。

ぼやきからも分かるとおり、ご隠居さまのケガは、ひどいものではありません。

督助の妻を診察した医者は、督助も診察します。

督助は左手にマヒが少し残っていますが、動くことはできました。

督助の息子・浄吉が帰宅しました。

実の母親の転倒のことを聞きますが、大したことがないと知ると、浄吉は家を出ようとします。

浄吉には、踊り子の愛人が外にいました。浄吉はそこへ行くつもりです。

浄吉と入れ替わりに、颯子が有楽座から帰ってきました。

お手伝いさんから義母のけがを聞いた颯子は、早速ご隠居さまのところへ顔を出します。

颯子はかいがいしくご隠居さまの腰を揉みながら、会話の相手をしました。

近々、督助が喜寿の祝いをするのです。

身内の会合を熱海でするから、熱海の旅館を取っておくよう言われた颯子は、腰を揉む手を止めずに返事をします。

熱海の旅館に家族が集まって、督助の喜寿のお祝いが開かれます。

20年前に京都へ嫁いだ娘・陸子や、家を出ている息子・四郎も、参加しました。

長男の浄吉は仕事をしており、その席にはいません。

宴会の席で、アユのはらわたが苦手だという颯子が、督助に食べてくれと言います。

督助は喜んで受け取り、食べました。

看護婦の佐々木に注射しろと言われた督助は、嫌がってしぶりました。

しかし颯子が注射をすると言うと、督助は素直に従います。

督助は、息子の嫁である颯子のことが好きでした。

77歳ではありながら、まだ女性に興味がある督助は、颯子のことを性的な目で見ています。

颯子は、督助の息子の浄吉と結婚しているのですが、現在の浄吉と颯子の夫婦仲はよくありません。

喧嘩をするほどではありませんが、浄吉は愛人を囲っていますし、颯子は浄吉のいとこの春久と、親しくしていました。春久は督助の甥っ子に当たります。

若くて美しく、すらりとした颯子を、督助は露骨にかわいがりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「瘋癲老人日記(ふうてんろうじんにっき)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×