「白い花びら」のネタバレあらすじと結末の感想

白い花びらの木の紹介:フィンランドの田舎町で、仲睦まじく暮らす夫婦。ある日彼らの前に都会からやって来た伊達男が現れて、妻を口説き始める。
フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督が、同国作家ユハニ・アホの名作小説を映像化。1999年製作の作品だが、敢えてモノクロのサイレント映画に挑戦した。映画原題は主人公の名前の『Juha』。

白い花びらの主な出演者

ユハ(サカリ・クオスマネン)、マルヤ(カティ・オウティネン)、シュメイッカ(アンドレ・ウィルムス)、シュメイッカの姉(エリナ・サロ)

白い花びらのネタバレあらすじ

【起】- 白い花びらのあらすじ1

育てたキャベツを売り、家畜と共に田舎町で暮らしているユハとマルヤ夫妻。2人はまるで子供のように仲がよく、幸せでした。その昔、孤児だったマルヤはユハに拾われ育てられました。ユハは豪農の娘を嫁にすることも出来ましたが、マルヤの可愛さに魅かれ、年齢差を越え彼女を妻にしたのです。

ある日オープンカーに乗った気障な中年男・シュメイッカが都会から町にやって来ます。車のエンジンが故障し立ち往生していたところをトラクターに乗っていたユハが助けました。ユハは自宅の庭でシュメイッカの車を修理していると、シュメイッカは若いマルヤを見てすぐに反応します。一方マルヤも田舎では見かけない雰囲気のシュメイッカが気になりました。
ユハに指示されマルヤはシュメイッカを自宅の中へ通すと、彼は「あのみすぼらしい男の妻だなんてもったいない、僕と一緒に行こう」と誘惑してきます。純朴なマルヤは驚き動揺するものの、夫はいい人だと反論しました。

明日でなければ車の部品が入手できないため、シュメイッカは家に泊ることになります。彼は酒を飲むふりをして、ユハに大量に飲酒させて泥酔するのを狙いました。作戦通りユハは酔い潰れて先に寝てしまいます。マルヤがリビングのソファに客用の寝床を用意するとシュメイッカが迫って来たので、慌てて2階の寝室に逃げました。
翌朝、車を修理するユハの目を盗み、シュメイッカは家畜小屋にいたマルヤに接近します。こんな田舎では老け込むだけだとシュメイッカはマルヤにたらし込み、迎えにくるから待っててと告げました。マルヤの心は揺れ動きます。そして車は無事に直り、シュメイッカは去っていきました。

【承】- 白い花びらのあらすじ2

マルヤはシュメイッカのことで胸がいっぱいになり、仕事も手につきません。そして数週間後には、雑誌を参考にして派手な化粧や衣装にと都会に馴染むべくお洒落に目覚め、家事をしなくなりました。ユハにも冷たい態度をとり、そんな日が続いたため温厚なユハの堪忍袋の緒が切れます。しかしマルヤは寝床も別々にして、ユハに抵抗し続けました。

約束通り再びシュメイッカがやって来て、何も知らないユハは彼を歓迎しました。先日の礼にとシュメイッカはユハに酒、マルヤにスカーフの土産を渡します。しかしその酒を飲んだユハは深く眠り込んでしまい、その間にシュメイッカは「明日街へ出て行こう」と口巧くマルヤを言いくるめました。マルヤの気持ちは完全にシュメイッカに向き、“ここは息苦しくてしなびてしまう。シュメイッカと出て行く”とユハに手紙を残し、家を出ました。
都会へ向かう途中の渓流で休憩したマルヤとシュメイッカは、体を重ねます。マルヤは自分が知らなない世界での新しい生活に胸を高鳴らせました。
都会に到着し、2人は高級なホテルで夜を過ごします。翌朝マルヤは朝食を届けに来たボーイに起こされました。ボーイから預かったシュメイッカの手紙には“ここで待て”と記されており、その言葉だけでマルヤはときめくのでした。

目覚めたユハはマルヤの手紙を読み、怒りに駆られ家を飛び出そうとしますが、激しい頭痛に襲われてしまいます。翌日ユハはマルヤの置手紙を持って妻がさらわれたと警察に届け出ますが、本人の意思で行ったならば警察は介入できないと一蹴されました。ヤケ酒を飲んだユハは、酒場で他の客に当たってしまいます。

【転】- 白い花びらのあらすじ3

ホテルにマルヤを迎えに来たのはシュメイッカではなく、柄の悪い男でした。それでも純粋なマルヤは何も疑わず男の車に乗ります。着いた先は擦れっ枯らしな女たちが暮らすシュメイッカらのアジトで、マルヤは小部屋を与えられました。シュメイッカの姉に会ったマルヤは喜びますが、そんなマルヤを尻目に姉は素っ気ない態度です。更にトランプに興じていた女たちがマルヤの部屋に乗込んで来ては「ガリガリですぐにへたりそう」とマルヤに向かって言い放ちました。シュメイッカはマルヤを夜の女にするために連れ出したのです。未だに現状に気付かないマルヤは、シュメイッカが店で他の女といるのを見てショックを受けました。

接客用の服を買い与えられたマルヤは、自分のためだと思いはしゃぎます。しかし店に出されたマルヤはそれとは知らずに、キスしてきた客を撥ね付けてしまいます。あなたのお友達は怖いと訴えるマルヤにシュメイッカは「働け」と素気無く命令し、彼女の頬を叩きました。嫌だと言い張ったマルヤは部屋に閉じ込められます。現実を知ったマルヤは、ユハと結婚式を挙げた時の幸せな記憶を思い出し、現実に呆然としました。
一方独り淋しく過ごしていたユハは、ベッドに飼い犬を寝せています。眠りながらもマルヤのいない左側を恋しくなぞりました。

ある日マルヤは周囲の隙を見て、アジトを抜出し駅へ向かいます。ところが電車に乗ろうとした瞬間、気を失い倒れました。病院へ運ばれたマルヤは妊娠を告げられます。シュメイッカの子供を身籠ったのでした。

【結】- 白い花びらのあらすじ4

秋。
寒いフィンランドの田舎町には既に雪が積もっていました。ユハは変わらず独りで家畜を育てています。外で飼っていた犬は、家の中で暮らしていました。

冬。
出産したマルヤはアジトへ連れ戻されました。

雪が溶けだし、花も咲き始めた頃。
復讐を決めたユハは斧の刃を研ぎ、スーツに身を包みました。犬を知人に預け、都会行きのバスに乗り込みます。
アジトへ着いたユハは、大きな体と恨みに満ちた迫力で門番を戦かせます。ユハはマルヤと再会すると赤ん坊を窓から投げ飛ばそうとしますが、マルヤに止められました。ユハは独りで店の中に突入すると、自分より大柄な男たちを次々と投げ飛ばしていき、シュメイッカまで辿り着きました。ユハの勢いに怯えたシュメイッカは銃を2発撃ちます。弾はユハの体に2発とも命中しますが、それでも倒れないユハはシュメイッカを追い込みます。厨房にある業務用の大きな冷蔵庫の中に逃げたシュメイッカをユハは斧で切りつけました。

ユハはマルヤと赤ん坊をタクシーに乗せ、駅へ向かわせます。駅に着いたマルヤは、赤ん坊を抱いて雑踏とは反対の方向へ進み出しました。
歩いてゴミ処理場へ辿り着いたユハは、ゴミの上で命尽きました。

みんなの感想

ライターの感想

往年のサイレント映画を彷彿とさせるような、ちょっと大げさなBGMと役者の動きに笑っていたのですが、話が進むにつれどんどんサスペンス調になり気付けばストーリーに没頭していました。個人的には通常のアキ作品の方が好きですが、デジタル時代にモノクロ・サイレントで作品を撮った監督の意欲を感じました。
ちなみにマルヤとシュメイッカを演じた2人は、この映画の約10年後に『ル・アーヴルの靴みがき』にて仲のよい夫婦を演じています。今作ではヒールだったアンドレ・ウィルムが愛妻家且つ勇敢な男を好演しており、その変貌っぷりを見比べるのも乙かもしれません。

映画の感想を投稿する

映画「白い花びら」の商品はこちら