映画:神様のカルテ

「神様のカルテ」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

神様のカルテの紹介:長野県松本の病院に勤める内科医の成長を、信州の自然と共に描くヒューマンドラマ。原作となっている同名小説は、2010年の本屋大賞第2位にも選ばれた。挿入曲を手掛けているのは辻井伸行。

あらすじ動画

神様のカルテの主な出演者

栗原一止(櫻井翔)、栗原榛名(宮崎あおい)、外村静枝(吉瀬美智子)、東西直美(池脇千鶴)、安曇雪乃(加賀まりこ)

神様のカルテのネタバレあらすじ

【起】– 神様のカルテのあらすじ1

信州・松本市の本庄病院に勤務する内科医・栗原は、一年前に結婚した妻・榛名と元旅館のアパートで暮らしている。

栗原が勤務する病院は中規模で、激務のために三日間寝ないということもざらにあり、時には自分の専門外の診察まで行うこともあった。

緊急の患者が運ばれれば名札を「内科医」から「救急医」と付け変え、24時間体制の診療に対応しながらも、信頼できる看護師や妻に支えられて医師生活を送っていた

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「神様のカルテ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×