「私たちの偽装結婚」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

私たちの偽装結婚の紹介:2022年1月14日公開の韓国映画。「神と共に」シリーズのキム・ドンウクとドラマ『風と雲と雨』のコ・ソンヒが、偽装結婚する男女を演じるラブコメディ。結婚しないと親の財産がもらえないソンソクと、親の結婚圧力から逃げたいヘジュは、3年後に離婚する契約のもと偽装結婚を企てるが……。出演は、ドラマ『ラブレイン』のファン・ボラ、「ゴールデンスランバー」のキム・ウィソン、「未成年」のヨム・ジョンア。また、ドラマ『イカゲーム』のイ・ジョンジェ、「頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンがカメオ出演している。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田『未体験ゾーンの映画たち2022』で上映。

あらすじ動画

私たちの偽装結婚の主な出演者

キム・ドンウク – チョン・ソンソク コ・ソンヒ – パク・ヘジュ ファン・ボラ – ソン・ミヨン キム・ウィソン – チェ・チャンギュ ヨム・ジョンア – ソンソクの継母

私たちの偽装結婚のネタバレあらすじ

【起】– 私たちの偽装結婚のあらすじ1

私たちの偽装結婚のシーン1

画像引用元:YouTube / 私たちの偽装結婚トレーラー映像

大韓民国。2018年。

男性の名前はチョン・ソンソク。ソンソクは航空会社の御曹司で多くの女性と付き合ってきましたが、どの女性も付き合ってしばらくするとソンソクを振ります。お調子者のソンソクはそれが理解できません。

そんなソンソクの前に、シングルマザーの女性・ヘジンが現れます。ヘジンはヒロというまだ幼い息子を育てながら、パティシエとして小さな洋菓子店を経営していました。ソンソクはヘジンと結婚したいと思いますが、父親が結婚を許してくれそうにありません。

女性の名前はパク・ヘジュ。「陸上の妖精」と呼ばれた陸上選手でしたが、足をケガして引退を余儀なくされました。気づけば30歳を迎えており、母親と、3人の兄たちに結婚を急かされています。ヘジュ自身は結婚が幸せとは思えずにいました。周囲がうるさいので鬱陶しく思い、どこか遠くで1年くらいゆっくり過ごしたいと思っているほどです。

ソンソクとヘジンは偽装デートの待ち合わせをし、喫茶店で会いました。ソンソクは誰か偽装結婚してくれる相手がいないかと思っており、ヘジュは見合いしている振りでもすれば、とりあえず家族が安心するからという理由で偽装デートをしたのです。ヘジュは相手と会って適当に時間を潰せばそれでオッケーなので、30分いっしょにいればもういいと言います。

ヘジュが席でうたたねするあいだ、ソンソクはヘジンのプロフィールを調べて元陸上選手だったと知り、足首のケガを盗み見ました。ヘジュが起きてもう帰ると言い、2人は別れます。

帰りにふぐ専門店に入ったヘジュは鍋を食べたいと思ったのですが「鍋は2人前からお願いします」と断られました。そこへちょうどソンソクが店に入ってきたので、ヘジュはすかさず席を移動してふぐ鍋を頼みました。焼酎まで注文します。

ソンソクは「辛い鍋がほしかったのに」と不満そうな顔をし、車でやってきているのですが「代行を頼む」と言って、酒を呑むと言い出しました。2人は酒を酌み交わしながら、話をします。

ソンソクはヘジュに家庭の事情を話します。航空会社を持つ父は多額の財産を持っているわけですが、死んだあとの遺産は継母と弟に譲るというのです。ソンソクの実の母親は離婚して、いまはアメリカに住んでいます。ソンソクが結婚すれば、財産を半分譲ると父は言っていました。本命の結婚相手を父に認めさせるのは難しいので、誰か偽装結婚をしてくれる相手を探しているとソンソクは言います。

結婚相手には海外に家を買って住まわせる、籍も入れずに「入れた振り」だけする、報酬は弾む…とにかく形だけでも結婚してくれる人を探している、君が結婚してくれたらいいのに…というソンソクの言葉を聞いて、ヘジュは「真剣にやってみる?」と聞きます。

ソンソクは「カネと愛を手にするために」、ヘジュは「結婚から逃げるために」ふたりの利害が一致しました。ふたりは偽装結婚することにします…。(映画タイトル)

【1か月後】

ソンソクとヘジュは、両家の顔合わせをおこないます。

ソンソクの父と継母が弁護士とおり、財産分与の話をしています。そこにソンソクとヘジュ、ヘジュの母と長兄が同席しました。ソンソクとヘジュはそのまま、弁護士をまじえて結婚に関する契約書を交わします。

婚姻届けは提出したか聞かれたソンソクは、父親にうまくごまかします。ヘジュも兄に「これで結婚か」と言われますが、なだめます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「私たちの偽装結婚」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×