映画:空母いぶき

「空母いぶき」のネタバレあらすじと結末

空母いぶきの紹介:2019年公開。かわぐちかいじ作、恵谷治監修による日本の漫画作品「空母いぶき」を原作とした実写長編映画。監督は「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」などで知られる若松節郎監督。主演に西島秀俊を迎え、原作にはない映画オリジナルのストーリーを描いている。相手国は架空の国家である「東亜連邦」となっている。主演以外にも、数多くの日本の著名な役者が出演している。

あらすじ動画

空母いぶきの主な出演者

秋津龍太(西島秀俊)、新波歳也(佐々木蔵之介)、涌井継治(藤竜也)、淵上晋(戸次重幸)、迫水洋平(市原隼人)、浦田徹人(工藤俊作)、岡部隼也(和田正人)、瀬戸斉明(玉木宏)、大村正則(袴田吉彦)、垂水慶一郎(佐藤浩市)、本多裕子(本田翼)、晒谷桂子(斉藤由貴)、藤堂一馬(片桐仁)、中野啓一(中井貴一)、田中俊一(小倉久寛)

空母いぶきのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 空母いぶきのあらすじ1

空母いぶきのシーン1 そう遠くない未来。12月23日早朝、東亜連邦は日本の領土である初島に20隻の戦艦を上陸させ、日本の巡視船くろしおの乗組員を拘束したという情報が流れてきました。そこで日本の首脳陣は、小笠原諸島沖で訓練を行っている最中であった護衛艦のいそかぜ、あしたか、はつゆき、しらゆき、潜水艦のはやしお、そして第五護衛隊郡一航空機搭載型護衛艦のいぶきを初島近郊へ向かわせました。このいぶきは、導入されると発表がされた際、国民から「日本に戦艦はいらない」と大バッシングを受けたのでした。垂水総理大臣は「いぶきは戦艦ではない」として、導入を決めたのでした。
いぶき船内。群司令の涌井は艦長秋津と副艦長新波に「偉いときにお客さん乗せちゃったな」と苦笑いして見せました。この時、いぶきには乗客が二人。まさにこのいぶきに関する取材をするために、大勢の記者から田中俊一、本多裕子が乗船していました。海上警備体制に入るサイレンが記者室のスピーカーから聞こえて不安がる二人。乗組員から「部屋から出ないように」と注意を受けますが、直後にいぶきは東亜連邦軍からのミサイル攻撃を受けて大きく揺れます。より不安になる二人。一方本部では、涌井群司令がその衝撃で壁に耳を強く打ち付け、三半規管を損傷。救護室に運ばれました。支持もままならなくなった涌井は、秋津に群司令権を移譲しました。

町のコンビニ。バイト店員の森山がレジの作業をしていると、店長の中野がやってきました。中野は、菓子パンの並べ方に注文をつけた後、明日に迫ったクリスマスイヴに備えて、お菓子セットを作る作業をすると言って従業員室に戻りました。

【承】- 空母いぶきのあらすじ2

空母いぶきのシーン2 最初の東亜連邦からの攻撃から数時間。いぶきが東亜連邦軍からロックオンされてしまいました。そのことが垂水首相を始めとする首脳陣に伝わります。激しい議論の末、垂水首相は日本初の防衛出動を命じました。
東亜連邦軍が5機の戦闘機を出動させました。あしたかが近づきます。そして、5機のうち4機が放ったミサイルはあしたかが撃墜しましたが、異なる方向に隠れていた残りの1機が2発のミサイルを発射しました。秋津が命令を下し、ミサイルと戦闘機は撃墜されましたが、日本の自衛隊の信念である「敵であろうとも死者は出してはならない」の元、東亜連邦軍のパイロットを捜索しますが、結局見つかりませんでした。

雑誌の編集社のデスクでネットを見ていた藤堂は、SNS上で、いぶきに対して防衛出動が発動されたという噂が少しずつ流れていました。編集長である晒谷にそのことを伝えると、いぶきに今現在本多が乗っていることを思いだしました。

それから更に数時間後。東亜連邦が魚雷を放ちました。はつゆきが突進し、いぶきの前にでて身代わりとなりました。いぶきは守られましたが、はつゆきは炎上。多数の負傷者と、自衛隊初となる2名の死者を出すことになってしまいました。

大きな物音を聞いて、思わずカメラを持って記者室の外へ出ていく本多。外に出ると、目の前ではつゆきが炎上していました。本多はその炎上の様子を動画に収めました。そして記者室へ戻ると、持ってきていた通信機器にパソコンを接続してその動画を編集社のデスクに送信しました。
本多から送られてきた動画を見て驚く藤堂。すぐに晒谷にも伝え、オフィスは騒然とします。現実に起こっている出来事とは思えないその映像に、思わず藤堂は「大丈夫か?本多」と呟きました。そしてすぐ様ネットニュースの記事を作成し始めました。

森山が休憩に入ろうと、中野の元へ行くと、まだ中野はお菓子詰めの作業を続けていました。「休憩入ります」と声をかけますが、全く反応しません。耳元に近づきもう一度声をかけると、中野は耳栓を外して返事をしました。「ごめんね。これ着けてると集中できるんだ」そういう中野の手元にはメッセージカードが置かれていました。森山が尋ねると、中野はサンタのメッセージカードを手書きで一枚一枚入れているのだと言います。満足そうに笑う中野は、そのまま作業に戻りました。

本多が撮影した、はつゆきの炎上シーンを収めた動画は藤堂らによってネットニュースとして拡散され、瞬く間に民間人の眼に届くことになりました。

【転】- 空母いぶきのあらすじ3

空母いぶきのシーン3 指令室の秋津の元へ、はつゆきの炎上動画が流出していることが伝えられます。記者室にいる本多の仕業だと気づいた担当員は、本多から通信機を没収します。しかし、秋津はそれを本多に返すように命じました。

休憩を終えて再びレジに向かった森山は、その異様な光景に驚きます。大勢の客が店内に詰めかけており、レジは大行列となっていました。一人で対応していた同僚は森山を見るなり助けを求めます。急いでレジに入る森山。バーコードを読み取る間に客に事情を聴くと、「戦争だよ、戦争」と慌てた様子で答えます。よく理解ができない森山でしたが、とにかくこの行列を裁くことに必死になりました。

垂水総理の元にも、映像流出の知らせが届きます。急いで垂水は会見の準備を進めます。会見では記者たちに対して「これは戦争ではなく、自衛を目的とした戦闘である」という皆を発しました。混乱する会見場を垂水は後にしました。

いぶきの元には東亜連邦軍の戦闘機10機が向かっているという知らせが届きました。到達までは約30分。アルバトロス隊が5機いぶきから飛び立っていきます。秋津館長は、自身が戦闘機に乗っていた経験も踏まえ「向こうが撃つまで撃ってはならない」「迷ったら撃て。1機も失うな」と呼びかけました。海上で戦闘を繰り広げる連邦軍とアルバトロス隊。順調に撃墜していきますが、柿沼が乗る機がロックオンされてしまいました。特攻も頭をよぎった柿沼ですが、操縦席に置いていた妻と、生まれたばかりの子供の写真を見て思いとどまり、脱出に成功しました。海に落下する柿沼。秋津は、柿沼の捜索と、同じく海に落下した連邦軍の戦闘員の捜索を命じました。そして無事に両者共に発見。海からいぶきに引き上げました。
担架で運ばれる両者。目を覚ました連邦軍員は、担架を運ぶ隊員の腰に下がっていた拳銃に目をつけ、担架から飛び降りてそれを奪い取りました。気づいた柿沼は彼を抑え込みます。大人数で取り押さえますが、次の瞬間、銃声が響き渡りました。そして、柿沼が腹部を抑えながら倒れました。銃声を聞いて外へ飛び出した秋津、新波、本多。隊員の一人が柿沼を撃った敵員に銃を向けますが、それを秋津は制止します。「柿沼は生きていたのに!生きていたんだ!」と泣き叫ぶ隊員を落ち着かせ、秋津は敵員に英語で優しく語ったあと、温かい食事を提供するように隊員に命令しました。本多はその様子も撮影していました。
想像を絶する出来事が次々と起こり、憔悴する本多。そんな本多を見て田中は、かばんに入っていたお菓子の詰め合わせを取り出し、本多に渡しました。「孫にあげるつもりだったけど、もう無理だね。食べちゃって」と言いました。本多がその靴の形をした箱の中を見ると、誰かが書いただろう手書きのサンタからのメッセージカードが入っていました。そこには「世界中みんな友達」と書かれていました。それを呼んだ本多は心を打たれ、先ほどの秋津の映像も、本多はネット上にアップロードしました。

【結】- 空母いぶきのあらすじ4

空母いぶきのシーン2 その後も戦闘が繰り広げられ、ついにいぶきの前には5隻の戦艦や潜水艦が立ちはだかります。発射された魚雷はくろしおに命中。その乗組員の救出作業も進められるなかで、いぶきは一隻で立ち向かうことを決めます。すると、次の瞬間、順番に敵船が何者かによって撃たれていきます。状況が飲み込めない秋津。すると、数艦の潜水艦が浮かび上がってきます。それは、アメリカ、ロシア、中国などの主要国の潜水艦でした。垂水からの連絡を受け、更に世界中に拡散された秋津の敵員に対する行動に胸を撃たれた各国が助太刀に入ったのでした。

本多はこの1日で経験した出来事をカメラに向かって話し、記録に残しました。田中が英語に訳して、世界中に発信されました。

すべての商品が売り切れ、疲労困憊で床に座り込む森山。そこへ、全く一連の騒動を知らなかった中野がやってきて、その様子をみて驚きます。強盗が入ったと勘違いする中野に、森山は「お菓子ください」と言いました。

秋津は新波に「食事を用意してくれ」と言いました。「ただちにお持ちします」という新波に秋津は「いや、食堂でみんなと食べたい」と言いました。

お菓子詰めの作業を終えた中野は

みんなの感想

ライターの感想

常に緊迫した映画で、ハラハラする作品でした。緊張感があり良かったと思います。
  • すこんぶさんの感想

    戦艦じゃなくて空母だし
    支持じゃなくて指示でしょ、
    もう少し勉強しよう。

  • ぶきぶきいぶきさんの感想

    おーい(-o-)/
    文章途中で終ってますよー!

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「空母いぶき」の商品はこちら