映画:空飛ぶタイヤ

「空飛ぶタイヤ」のネタバレあらすじと結末

空飛ぶタイヤの紹介:2018年6月15日公開の日本映画。「半沢直樹」や「下町ロケット」など数々のテレビドラマ化作品で知られる人気作家・池井戸潤の同名小説を初めて映画化した、長瀬智也主演の人間ドラマ。トレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が、独自の調査を開始し、衝撃の事実を突き止める。

あらすじ動画

空飛ぶタイヤの主な出演者

赤松徳郎(長瀬智也)、沢田悠太(ディーン・フジオカ)、井崎一亮(高橋一生)、赤松史絵(深田恭子)、高幡真治(寺脇康文)、榎本優子(小池栄子)、門田駿一(阿部顕嵐)、小牧重道(ムロツヨシ)、杉本元(中村蒼)、室井秀夫(和田聰宏)、柏原博章(木下ほうか)、柚木雅史(浅利陽介)、柚木妙子(谷村美月)、長岡隆光(近藤公園)、野坂康樹(村杉蝉之介)、小茂田鎮(渡辺大)、北村信彦(矢野聖人)、平本克幸(田口浩正)、浜崎紀之(斎藤歩)、加藤宏芳(岡山天音)、真鍋敏彰(矢島健一)、ホープ銀行頭取(津嘉山正種)、安友研介(毎熊克哉)、高森将仁(加藤満)、進藤治男(筒井巧)、岡田俊樹(中林大樹)、三浦成夫(井上肇)、紀本孝道(小久保丈二)、多鹿路雄(高川裕也)、門田の恋人(池上紗理依)、益田順吉(木下隆行)、嶋本義裕(木本武宏)、野村征治(柄本明)、相沢寛久(佐々木蔵之介)、谷山耕次(六角精児)、高嶋靖志(大倉孝二)、濱中譲二(津田寛治)、巻田三郎(升毅)、赤松拓郎(高村佳偉人)、宮代直吉(笹野高史)、狩野威(岸部一徳)

空飛ぶタイヤのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①赤松運送のトレーラーのタイヤが走行中に外れ、歩道にいた女性を即死させた。整備不良ではないと気づいた赤松はリコールを疑うが、相手は大手財閥グループのホープ自動車で、事実を証明するのは難しい。 ②地道に同じケースを調べた赤松は新車で事故を起こした車を見つけた。ホープ自動車側でも沢田や井崎らが援護射撃をし、ホープ自動車の不正が明るみになった。

【起】- 空飛ぶタイヤのあらすじ1

空飛ぶタイヤのシーン1 平成29年、日本。

中小企業の『赤松運送』の社長・赤松徳郎のところに、とんでもない一報が舞い込みました。
それは、安友という若いドライバーが運転する自社の大型トレーラーのタイヤが、走行中に外れて空を飛び、歩道を歩く母子を直撃したという内容です。
子ども・貴文はかすり傷で済みましたが、母親・柚木妙子は死亡しました。
責任を問われた赤松は、頭を抱えます。

赤松はまず、整備課の門田駿一に事情を聞きました。
走行中のタイヤが外れる事態で、真っ先に思いついたのが「整備不良」だったからです。
赤松や総務課長の高嶋が警察に呼び出され、聴取に追われました。
車は時速40キロで走行しており、速度自体には問題がありません。

「タイヤが空を飛び、母親を殺した」という事故に、マスコミが食いつきました。
世間の注目度も高く、赤松運送に運輸局の特別監査が入ります。
かっとなった赤松は門田と口論になりますが、調べると門田は人よりも細かなチェックシートを作成し、人並み以上の努力をしていました。
赤松は門田宅を訪問し、疑った非礼を詫びて頭を下げます。


ほかに心当たりがない赤松の目は、自然と外へ向きました。
トレーラーを製造している「ホープ自動車」に問い合わせをします。
ホープ自動車は大手財閥グループで、「ホープ」と名のつく会社を多角経営しています。

同じ頃、赤松はホープ銀行へ融資を頼みますが、断られました。
銀行の担当者は、「脱輪事故は整備不良のせい」と思っているからです。
ホープ銀行は、ホープ自動車と同列のグループ企業です。

赤松から問い合わせを受けたホープ自動車、戦略課課長・沢田悠太は、赤松の疑問をはねつけました。
いっぽうで沢田は、品質保証部の小牧に問い合わせると、小牧は沢田を飲みに誘います。
飲みの席で、小牧は品質保証部のネットワーク管理者・杉本元という男を紹介しました。
杉本は沢田に、「重役連が過去に『T会議』を開いた」と教えます。
「T会議」の「T」は、タイヤのことでした。
沢田は赤松をはねつけたものの、自社の商品に構造上の欠陥があるのではないかと、疑い始めます。


事件になっていないだけで、ほかにも同様の事故が起きているのではないかと考えた赤松は、独自で調査を開始します。

【承】- 空飛ぶタイヤのあらすじ2

空飛ぶタイヤのシーン2 3年前に群馬県で似たような事故があったと知った赤松は、『野村陸運』の社長・野村に会いに行きました。
野村は「ハブに欠陥がある」と考えています。ハブとは車輪の中心部にあり、車輪の外周と車軸とをつなぐものです。
野村陸運で事故を起こした車は、赤松運送で事故を起こした車とまったく同じトレーラーでした。
「車の構造上の欠陥が考えられる」と、野村も見ています。
但し、相手は『ホープ自動車』という大手財閥グループのため、表立って異議を唱えにくいというのが、野村の気持ちでした。


沢田は品質保証部の上層部の会議に乗りこみ、リコール隠しのことを指摘します。
しかし品質保証部の課長・室井秀夫は、沢田を相手にせず「商品だけ売ってろ」と言いました。

自社のリコール隠しを隠匿したままでよいのか悩む沢田は、複数の同僚から「そのことは忘れろ(黙っていろ)」とアドバイスされます。
そんな折、赤松が会社を訪れて、事故を起こしたトレーラーの部品返却を、沢田に求めました。
沢田はごまかしますが、赤松もリコール隠しに気づきかけており、「返却できないのには、理由があるんじゃないか」と指摘します。
手つづきに時間がかかると赤松を追い返した後、沢田に小牧が近づき、T会議参加者リストを見せました。


ホープ銀行の担当者・伊崎は、3年前にもホープ自動車がリコール隠しをした事実を知ります。
伊崎にそれを教えたのは、週刊誌の潮流社の記者、榎本でした。
榎本は赤松のところも訪問し、取材をします。


沢田は同僚の小牧から、3年前のリコール隠しの一件により、狩野威が常務に出世したことを聞かされました。
うまくすれば、自分も出世ができるかもしれないと考えた沢田は、敢えて実名でリコールを上司に提出します。
すると沢田の口を黙らせるため、「商品開発部へ回す」という通達が出ました。実質的な出世を意味します。
沢田は喜びましたが、いっぽうでうしろめたい思いを抱えます。

再び赤松と会った沢田は、補償金をえさにして赤松を黙らせようと考えました。
1億円という高額の口止め料を耳にして、会社を倒産させ社員たちを路頭に迷わせてはならない赤松は、大いに揺れます。

【転】- 空飛ぶタイヤのあらすじ3

空飛ぶタイヤのシーン3 〔柚木妙子 四十九日法要〕

赤松は四十九日法要に顔を出しますが、門前払いされます。
あとで夫・柚木雅文が追ってくると、「人が1人死んだのに、あんたたちがやってるのは、自分を守ることだけだ。家に帰ったら家族がうちにいないことを本気で想像してみろ」と嘆きました。
そして四十九日法要で配った、息子のよせがきを見せます。
幼い息子・貴文は「もう一度母と話したい」と書いていました。
それを見た赤松は、やはり補償金は受け取らず、徹底的にリコール問題を追及しようと考えます。


榎本が取材した記事が載る週刊誌が発売日を迎えますが、掲載は見送られていました。
上層部の判断で、ボツにされていました。そこにはむろん、ホープ財閥グループの圧力がかかっています。

さらに赤松には、ホープ銀行から融資の全額返済を要求されました。
さらに柚木家から、損害賠償請求と裁判の通知が届き、赤松は絶体絶命です。


今回ばかりはもう駄目かもしれないと、ほとほと疲れて帰宅した赤松は、妻から子どものいじめの話を聞かされました。
驚いた赤松に、妻は「もう解決した」と言います。
妻は1軒1軒しらみつぶしに当たり、いじめを起こした当事者かと聞いて回ったそうです。
結果クラスの掲示板が炎上し、いじめがやんだとのことでした。

それを聞いた赤松は、自分が動こうと考えます。
週刊誌の記者・榎本に書いた記事をよこすよう頼みますが、拒否されました。
その代わり、榎本は「ホープ自動車が過去に起こした、さまざまな事故のリスト」を渡します。
赤松はそれを見て、泣き寝入りした中小企業を1軒1軒あたることにしました。

どの中小企業も泣き寝入りし、はねつける反応をします。
沼津、石川、大阪、岐阜、秋田、愛知…赤松は全国を回って、聞き込みをしました。
すると愛知の高森という業者から「あの会社が入っとらんかね」と、赤松のようにホープ自動車の事故原因を調べていた会社があったことを教わります。
それは、富山県にある、富山ロジスティックという会社でした。

【結】- 空飛ぶタイヤのあらすじ4

空飛ぶタイヤのシーン2 〔富山ロジスティック〕

赤松に応対したのは、相沢寛久という男性でした。
相沢から受け取った社内調査書、国交省の調査報告書を、赤松は受け取ります。
そのうえで、赤松は刑事の高幡に提出しました。
高幡もそれを見て、驚きます。


同じ頃、口を閉じることで商品開発部へ異動した沢田は、居心地の悪い思いをしていました。
第一線で活躍するつもりだったのに、回ってくる仕事はどうでもいい内容ばかりです。
新提案をしてもことごとく却下されるに至り、沢田はようやく自分が、口止めのために異動させられただけで、出世の道があるわけではないと気づきます。

落胆する沢田のもとへ、杉本がやってきました。
杉本はやはりリコールを探っていたことが露見し、地方へ飛ばされる予定です。
杉本からT会議のデータ入りパソコンを受け取った沢田は、今度こそは道を誤らないよう決意しました。
沢田はそれを、警察署に証拠として提出します。ほかならぬ、ホープ自動車本社のシールが貼られている、廃棄されたはずのパソコン本体に入っているデータなので、最も信ぴょう性があるものです。


赤松が高幡に提出した証拠は、富山ロジスティックの事故車の「車検証のコピー」でした。
実は富山ロジスティックの事故車は、購入してわずか1か月、走行距離はたったの320キロのものでした。
今までホープ自動車が主張していた「整備不良」という理由は、新車の前には通用しません。
こうして刑事の高幡も動き始めました。

神奈川県警がホープ自動車の本社を家宅捜索するのが、テレビで報道されます。
それを皮切りに、ホープ自動車がいままで行なっていた不正が、次々に暴かれていきます。
各地で泣き寝入りしていた中小企業の経営者たちは、食い入るようにテレビ画面をみていました。


…後日。
同じように内部から不正を暴こうとしていた、ホープ銀行の井崎は、下請けの自動車会社に救済措置を施します。
これにより、赤松たちは金銭面で助かりました。

柚木家を訪問した赤松は、今度は被害者の夫・雅文に家へ上げてもらいます。
雅文は「失礼なことを言った」と詫び、頭を下げました。
それと同時に、ホープ自動車がどんなことをしたのか、赤松に問います。
赤松は「長い話になりますよ」と前置きをし、雅文に話し始めました…。


事故現場に花を手向けに行った赤松は、沢田と鉢合わせします。
赤松は、自分の証拠だけで今回の件が立件できたとは、考えていませんでした。
内部に告発者がいただろうという推理をぶつけますが、沢田は何も言いませんでした。それでも赤松は、察するところがあります。
赤松と沢田は無言のまま、別れました。

みんなの感想

ライターの感想

内容的にはありがちなヒューマンドラマ。爽快なラストであることも、王道。
しかしこの映画、主軸となるのは「赤松」「沢田」「井崎」。
3人ともにそれぞれ、事故の真相に迫っていくのだが、いままでの映画と異なるのは「3人が協力して、ではない」のだ。
おのおのが真相にたどりつき、そして勝手な行動を起こし(沢田が悪用して出世をたくらむなど)、でも最終的には会社の不正を暴く内容。
非常に「人間くさい」「真実味のある」中身。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「空飛ぶタイヤ」の商品はこちら