映画:美しき誘惑-現代の「画皮」-

「美しき誘惑-現代の「画皮」-」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

美しき誘惑-現代の「画皮」-の紹介:2021年5月14日公開の日本映画。「九尾の狐」伝説をモチーフとした物語。九尾の狐に取り憑かれた美しき妖魔に恋をした男の苦悩を描く。才色兼備な表の顔に妖魔という裏の顔を隠し持つ舞子を『夜明けを信じて。』の長谷川奈央が、彼女に心を奪われる太郎を『奇跡との出会い。-心に寄り添う。3-』の市原綾真が演じるほか、芦川よしみ、永島敏行、杉本彩、モロ師岡、矢部美穂、デビット伊東、千眼美子らが名を連ねる。原作と製作総指揮は宗教家の大川隆法。

美しき誘惑-現代の「画皮」-の主な出演者

山本舞子(長谷川奈央)、塩村太郎(市原綾真)、橘勝子(芦川よしみ)、武井剛(モロ師岡)、三宮美奈子(矢部美穂)、中島和良(中西良太)、松山会長(デビット伊東)、松田佳代(千眼美子)、塩村智子(杉本彩)、塩村歩(永島敏行)

美しき誘惑-現代の「画皮」-のネタバレあらすじ

【起】– 美しき誘惑-現代の「画皮」-のあらすじ1

美しき誘惑-現代の「画皮」-のシーン1

画像引用元:YouTube / 美しき誘惑-現代の「画皮」-トレーラー映像

〔徳島県川島町〕

政治家志望の青年・塩村太郎は山登りの格好をして、故郷にあたる徳島県川島町の山をのぼっていました。川島町には吉野川の美しい流れがあり、高越山(こうつさん)は地元民からも親しまれている山です。山腹に光るものを見た気がした太郎が立ち止まって目を凝らすと、そこに見えたのは海空(かいくう)のお姿でした…。

〔東京〕

美しく若い女性・山本舞子は、天狗稲荷神社へお参りします。階段をのぼって疲れた舞子は、自分とすれ違う若いカップルを見るとニヤッと不敵な笑みを浮かべました。わざとカップルの前でよろけます。親切で声をかけてくれたカップルの男性に「大丈夫です」と答えた舞子は、男性の肩をぽんと軽く叩きました。すると男性の顔色が悪くなります。舞子はお参りして去りました。

都会の駅前の巨大スクリーンでは、まだ33歳のITベンチャー社長・浜口巧の突然死がニュースで報じられています。浜口は心筋梗塞で倒れたと、女性キャスターはニュース原稿を読み上げました。しかしそのニュースを特に気にするわけでもなく、舞子は都心に立つ大きなビル、天の川銀行に出勤します。

舞子は天の川銀行の副頭取・武井剛の秘書をして2~3年が経過しています。秘書をする舞子の仕事ぶりは、優秀でした。取引先の長田社長の茶の好みを熟知して、ごぼう茶を出す気づかいを見せます。長田は舞子の気が回ることに喜んで自分の息子・祐也の縁談の口利きを、武井に頼みました。長田は老舗の菓子メーカー・赤坂製菓の経営者で、息子の祐也はまだ30歳過ぎでした。ゆくゆくは父の経営する大会社を継ぐ、御曹司です。

武井から紹介された舞子は、祐也と会いました。祐也はすぐ舞子に夢中になり、プレゼント攻撃をします。

舞子は20代後半です。才色兼備で、誰もが振り向く美しさを備えていました。同僚の若手ホープの男性・浅野が食事にと誘いますが、舞子は断ります。浅野を袖にするのはもったいないと同僚の女性に言われた舞子は、「ナンバーワンを探している」と話しました。ナンバーワンとは頭取かと聞かれて、「もっと広い視野を持つことね」と返します。舞子が望んでいるのは銀行でのナンバーワンではなく、日本を股にかけるレベルの話でした。

舞子は昼間には銀行で働いていますが、夜は週に2日、銀座の高級クラブ『Club Z』で働いています。昼間のいでたちとは異なり、ゴージャスに着飾った舞子は、ホステスとして店にやって来るいろいろな男性の品定めをしていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「美しき誘惑-現代の「画皮」-」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×