「花と蛇(2003年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

映画「花と蛇(2003年)」の感想

ライターの感想

杉本彩さんが「体当たり」以上の演技を披露してくれた、すさまじい作品です。 これは相当にすごい。115分あるんですね。もっと短くてもいいくらいです。 見終わったとき、どっと疲れました(笑)。 ストーリーよりもショーの中身重視という感じの作品で、 ショーのところは戸惑いながら見ていました。 女性の目から見ても、杉本彩さんのヌードは綺麗で見惚れてしまいました。
    1 2 3 4 5

    「花と蛇(2003年)」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×