「苦役列車」のネタバレあらすじと結末

「リンダ・リンダ・リンダ」などで知られる山下敦弘がメガホンを取り、主演を森山未來が演じた一作。金なし、職なし、ロクデナシとなしなし尽くしの男の半生を描く。元は芥川賞受賞の西村賢太の小説になる。本作の役作りのために森山は3畳1間のドヤ街に実際に暮らした。2012年劇場公開作品。114分。

苦役列車の主な出演者

苦役列車のネタバレあらすじ

【起】– 苦役列車のあらすじ1

※今回執筆いただいた内容は、別のID・に付け替えられて公開されました。

業務進行をいただいた内容が削除されたわけではありませんので、ご安心ください。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「苦役列車」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×