映画:華麗なるヒコーキ野郎

「華麗なるヒコーキ野郎」のネタバレあらすじと結末

華麗なるヒコーキ野郎の紹介:1975年製作のアメリカの冒険ドラマ。誰よりも素晴らしい曲芸を見せようと大空を飛び続ける元空軍パイロットのロマンを描いていく。「明日に向って撃て!」、「スティング」に続き、ジョージ・ロイ・ヒルとロバート・レッドフォードが監督&主演コンビを組んで製作された。

あらすじ動画

華麗なるヒコーキ野郎の主な出演者

ウォルド・ペッパー(ロバート・レッドフォード)、アクセル・オルソン(ボー・スヴェンソン)、エルンスト・ケスラー(ボー・ブランディン)、メアリー・ベス(スーザン・サランドン)、ニュート・ピップ(ジェフリー・ルイス)、エズラ・スタイルズ(エドワード・ハーマン)、ドク・ディルホーファー(フィリップ・ブランズ)

華麗なるヒコーキ野郎のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 華麗なるヒコーキ野郎のあらすじ1

物語の舞台は第一次世界大戦後のアメリカ。このとき、各地を回る複葉機の曲芸飛行が人々を沸かせていました。物語の主人公、ウォルド・ペッパーもそんな一人でした。大戦中に空軍教官を務めていたウォルドは退役後、曲芸飛行士として各地を転々としていました。ウォルドの愛機には「偉大なるウォルド・ペッパー」と大きくプリントされており、その言葉通りウォルドは自らの操縦の腕に絶対の自信を持っていました。

ウォルドには尊敬してやまないパイロットがいました。それは、ドイツ軍のエースパイロットのケスラーでした。ケスラーは敵軍の人間でしたが、彼の残した武勇伝は数多くあり、ウォルドはそれらを事細かに覚えていました。その中でもウォルドのお気に入りは、4人の飛行士を相手にケスラーがただ一人で対決した戦いでした。ケスラーは経験の浅い飛行士を次々と倒し、ただ一人残った飛行士マッデンと一対一の戦いに臨みました。ケスラーはマッデンを圧倒しますが、そんな中マッデンの機銃が故障していることに気づきました。マッデンが操縦席から必死に機銃を直そうとしていることに気づくと、ケスラーは機体を寄せてマッデンに敬礼し、ドイツ陣営に戻っていったといいます。大戦中は出撃の機会を得られなかったこともあり、ウォルドは自由に大空を飛び回った英雄ケスラーに心酔していました。

戦場だけでなく、曲芸飛行の世界でもケスラーは名声を高めていました。ケスラーは「死のスピン」と呼ばれる技を持ち、急降下しながら何度も機体をスピンさせる姿でアメリカの人々を喜ばせていました。ウォルドはそんなケスラーに追いつきたいと心から願っていました。

曲芸飛行を続ける中で、ウォルドは元空軍パイロットのアクセルという商売仲間と出会いました。アクセルは縄張りを脅かすウォルドを牽制してきましたが、ウォルドはその仕返しに、今まさに飛行を開始しようとしているアクセルの機体の車輪を取り外しました。その後、ウォルドのいたずらのせいでアクセルは沼に不時着、機体は破損し、大怪我を負ってしまいました。

このとき、曲芸飛行人気は過激なものへと変わりつつあり、ケスラーの「死のスピン」のような危険な飛行が求められるようになっていました。ウォルドも時代の変化に対応しようと、アクセルとその恋人メアリーと協力して練習を積み、走る車から飛行機に飛び乗る芸を完成させようとしました。しかし、三人の連携はうまくいかず、ウォルドは大怪我を負ってしまいました。

そんなウォルドを心配していたのが、恋人のモードでした。モードはウォルドが死に急いでいると感じ、ウォルドに愛の言葉を囁かれても喜びより不安な気持ちが優っていました。モードの兄エズラは飛行機設計士で、ウォルドとともにケスラーを超える曲芸飛行を目指していました。そのために、エズラは高性能の単葉機の開発を急いでいました。

【承】- 華麗なるヒコーキ野郎のあらすじ2

その後、傷が癒えたウォルドはアクセルとともに新たな曲芸を作り上げました。それは、アクセルが操縦する飛行機の翼上をウォルドが歩く、というものでした。これだけでも十分危険で見応えのある曲芸でしたが、興行師のディルホーファーは色気が欲しいと言って、メアリーに翼上を歩かせることを提案。目立ちたがりのメアリーは乗り気になり、すぐに企画が立ち上がりました。

早速、メアリーはセクシーなピンクのドレスを着て曲芸に挑戦しました。メアリーはアクセルが操縦する翼上に立ちますが、あまりの恐ろしさにその場を離れられなくなってしまいます。メアリーの異変に気づいたウォルドはすぐに機体を発進させ、救助に向かいました。ウォルドは飛行機を別のパイロットに操縦させ、アクセルの機体に飛び乗りました。慎重に歩を進め、ウォルドはメアリーの元にたどり着きますが、メアリーはバランスを崩し、地上へと落下してしまいました。

メアリーの死を受けて、ウォルドとアクセルの免許は失効し、ウォルドは生きがいを奪われてしまいました。二人の免許失効を通知したのは、ウォルドの空軍時代の上官で今は航空監察官の立場にあるニュートでした。ウォルドはニュートのことを尊敬していましたが、ニュートは例外を一切許さない冷たい対応をとり、ウォルドを絶望させました。さらに、アクセルは曲芸飛行から引退する決意を固め、ウォルドは仲間も失ってしまいます。その後、免許を失ったウォルドに代わり、エズラが自ら開発した単葉機で曲芸飛行に挑戦することとなりました。

ウォルド含め大勢の人々が見つめる中、エズラはまだ誰も成功させたことのない逆さ宙吊り飛行を始めました。順調に操縦しているかのように見えましたが、エズラはコントロールを失い、会場のはずれに墜落してしまいました。ウォルドがすぐに駆けつけると、エズラは負傷していたものの意識がある状態でした。ウォルドは急いでエズラを機体から引っ張り出そうとしますが、次第に野次馬が集まり、その中にはタバコを吸う者もいました。ウォルドは燃料に引火するリスクに気づきますが、そのときはすでに遅く、たちまち機体は火に包まれました。悲鳴をあげ苦しむエズラを楽にしようと、ウォルドは破損した機体の一部でエズラを何度も殴りつけました。エズラは間もなく何も言わなくなり、帰らぬ人となりました。

【転】- 華麗なるヒコーキ野郎のあらすじ3

ウォルドは親友の死に激しく動揺し、愛機に乗り込んでエズラの周りを低空飛行しました。エズラが観衆の見世物になっていることに耐えきれず、群がる人間たちを追い払おうとしたのです。しかし、理性を失ったウォルドは操縦を誤り、会場内に墜落してしまうのでした。

この事件によって、ウォルドは大怪我を負ってしまいました。ニュートはウォルドを見舞い、免許の永久剥奪が決まったことを通知しました。加えて、ケスラーが逆さ宙吊り飛行に成功したとニュートから知らされ、ウォルドは心身ともにつらい状況へと追い込まれていきました。

傷が癒えると、ウォルドはもう一度空を飛ぶ方法を模索しました。ウォルドにとって空を飛ばない人生など考えられず、法律に背いてでもその生き方を貫く覚悟を持っていたのです。そんな中、ウォルドはアクセルがハリウッドでスタント俳優として成功していることを知りました。ウォルドはハリウッドなら法律の監視も甘いとにらみ、ハリウッドに潜入しました。

ウォルドはアクセルと再会を果たし、あるスタントの仕事を紹介されました。それは、ケスラー対マッデンの飛行士対決を映画化するという企画で、製作陣は墜落シーンの撮影のために優秀な飛行士を募集していました。ウォルドは偽名を使ってその仕事に応募、採用されることが決まりました。

やがて撮影はスタート、ウォルドが現場入りすると、そこには予想外の人物がいました。それは、ドイツ軍を退役し、今はこの映画の技術アドバイザーをしているケスラーでした。ケスラーはこの映画をうそだらけとこきおろし、愛機のデザインが史実と異なるのにも目をつぶっていました。ケスラーは多額の借金を抱えており、文句を言える立場ではなかったのです。

ウォルドはケスラーとの対面に胸をときめかせ、自らの本名を明かしました。すると、ケスラーはウォルドがエズラとともに逆さ宙吊りに挑戦した飛行士だったことをすぐに思い出しました。その後、ウォルドはマッデンのスタントマンに大抜擢されることとなりました。それは、ケスラー直々の指名でした。

【結】- 華麗なるヒコーキ野郎のあらすじ4

ウォルドは撮影の合間にマッデンとの戦いについてケスラーから話を聞くことを楽しみました。実際はケスラーが優勢ではなく、均衡した戦いだったこと、マッデンの機銃が故障したとき、ケスラーは「マッデン、逃げろ」と思ったこと、それでも向かってくるマッデンに驚き、その勇敢さに敬礼をしたこと、そして、その後泣いたこと…ケスラーは感情を表さずに淡々と言葉を語っていましたが、ウォルドはそんなケスラーの言葉に感銘を受け、微笑みを浮かべていました。

いよいよケスラー対マッデンの撮影本番を翌日に控えた夜、ウォルドの前にニュートが突然現れました。ニュートは映画の噂を聞きつけ、ウォルドが撮影に参加しているとにらんだのです。ニュートはウォルドに明日の撮影を見に行くことを報告し、その場を去っていきました。もし飛行機に乗り込めば、すぐにニュートによって逮捕されてしまう…ウォルドは不安感を抱きました。

翌日、ニュートが現場に到着したときにはすでに撮影が開始し、ウォルドとケスラーは空へ飛び立っていました。ニュートは着陸後にウォルドを逮捕しようと、そのまま現場に残り撮影を見守りました。製作陣は台本通り飛行するよう指示していましたが、二人は本気の飛行士対決をする考えでいました。二人は装着を義務づけられたパラシュートをひそかに取り外し、事前に決めた飛行ルートも無視しました。やがて製作陣は二人が本物の空中戦に及んでいることに気づき、目の前で繰り広げられる迫力シーンに興奮し出しました。

空の上では、ウォルドとケスラーは一進一退を続け、両者の機体の翼は衝突によって破損していました。そんな中、ウォルドは勝負に出てケスラーの背後を取りました。しかし、ウォルドはそのままケスラーの機体に並行して飛行し始めました。両者の機体の翼が限界に達する中、二人はゴーグルを外し互いの顔を見合いました。ケスラーが微笑みながら敬礼すると、ウォルドもまた微笑んで敬礼を返しました。その後、ウォルドとケスラーは別れ、それぞれ独りで空を飛び始めました。「ウォルド・ペッパー 1895-1931」と書かれた笑顔のウォルドの写真を映して、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

夢に向かってがむしゃらに生きようとするパイロットをロバート・レッドフォードが熱演しており、男のロマンという言葉がぴったりな作品に仕上がっていると思いました。また、後半に登場するケスラーも強い印象を残しています。人生に疲れたような姿を見せつつ、空を飛ぶ話になると目を輝かせ、そのわずかな表情の変化が絶妙でした。ラスト、この二人の俳優が見せる穏やかな笑顔が感動的でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「華麗なるヒコーキ野郎」の商品はこちら