映画:蜜蜂と遠雷

「蜜蜂と遠雷」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

蜜蜂と遠雷の紹介:2019年10月4日公開の日本映画。2017年に史上初となる直木賞&本屋大賞のW受賞を成し遂げた、恩田陸の同名小説を映画化。若手の登竜門とされるピアノコンクールを舞台に、才能あふれる4人の男女の挑戦と成長を描く。監督は、初の長編映画『愚行録』で新藤兼人賞・銀賞を受賞した石川慶。世界を目指すピアニストには松岡茉優、松坂桃李らが扮し、劇中の演奏を河村尚子、福間洸太朗ら一流のピアニストたちが担当する。

あらすじ動画

蜜蜂と遠雷の主な出演者

栄伝亜夜(松岡茉優)、高島明石(松坂桃李)、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)、風間塵(鈴鹿央士)、高島満智子(臼田あさ美)、仁科雅美(ブルゾンちえみ)、ジェニファ・チャン(福島リラ)、ピアノ調律師(眞島秀和)、クロークの女性(片桐はいり)、菱沼忠明(光石研)、田久保寛(平田満)、ナサニエル・シルヴァーバーグ(アンジェイ・ヒラ)、嵯峨三枝子(斉藤由貴)、小野寺昌幸(鹿賀丈史)

蜜蜂と遠雷のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①芳ヶ江国際ピアノコンクールに臨むマサル、塵、亜夜、明石。それぞれの事情を抱えたピアニストたち。 ②年齢制限を抱えた明石は2次予選で敗退するが、納得。天才少女と言われつつ母の死で音楽界から離れていた亜夜は、克服して復活した。

【起】– 蜜蜂と遠雷のあらすじ1

蜜蜂と遠雷のシーン1

画像引用元:YouTube / 蜜蜂と遠雷トレーラー映像

クラシックの世界では近年、3年に1度開催される、芳ヶ江(よしがえ)国際ピアノコンクールに注目が集まっています。

このコンクールの優勝者が、のちに著名コンクールで優勝を飾ることが多く、評価が高くなっていました。

コンクールには、世界で「天才少年」「天才少女」と呼ばれる者たちが集まり、しのぎを削ります。

〔第10回芳ヶ江国際ピアノコンクール 第1次予選 11月9日~13日〕

栄伝亜夜は、幼いころの母との思い出を振り返ります。

母といっしょに「雨だれ」の連弾をした亜夜は、その当時は母親の笑顔見たさに、ピアノを続けていました。

天才少女と呼ばれ、数々のコンクールを総なめにしていた亜夜でしたが、7年前にそれは絶たれます。

大好きな母が亡くなってしまい、13歳だった亜夜は、ショックでピアノを弾けなくなったのです。

ステージをドタキャンし、以後しばらく表舞台から姿を消していました。

このたび20歳になった亜夜は、芳ヶ江国際ピアノコンクールに出場します。

自分の順番を待つ亜夜は、いつになく緊張していました。

震える指を押さえながら亜夜が待っていると、視界に古ぼけた靴が入ります。

靴の持ち主は、風間塵(後述)でした。

目が合った亜夜は、塵に微笑みかけられます。

審査員の女性・嵯峨三枝子は、ピアニストの演奏を冷静に審査していました。

今回の予選には512名の応募があり、うち24名が二次へ進みます。

そこからさらに6名が本選へ進むのでした。

同じ審査員のナサニエル・シルヴァーバーグと話をした三枝子は、最後に勝つのはマサルだろうと言います。

今大会の大本命は、19歳のマサル・カルロス・レヴィ・アナトールという青年でした。ジュリアード音楽院に通う、期待の星です。

マサルは、ナサニエルの教え子でもありました。

仁科雅美はカメラマンで、高島明石の元同級生でした。

明石は28歳で、年齢制限ギリギリで今年のコンクールを受けています。

雅美は明石だけでなく、コンクールの出場者にインタビューをして、ドキュメンタリーの製作をしていました。

コンクール会場でマサルを見た亜夜は、思わず声をかけます。

亜夜とマサルは幼馴染でしたが、亜夜がピアノから遠ざかっていたため、会っていませんでした。

2人は懐かしくて親しく話しますが、ジェニファ・チャンがマサルを呼びにきます。

第1次予選が終わり、審査が始まります。

会場では、16歳の少年・風間塵の評価が二分されていました。

音楽の技術はそう優れたものではないとして、相手にしない審査員もいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「蜜蜂と遠雷」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×