映画:街のあかり

「街のあかり」のネタバレあらすじと結末

街のあかりの紹介:2006年のフィンランド映画。名匠アキ・カウリスマキの監督・脚本作で、『浮き雲』『過去のない男』に続く“敗者三部作”の最終章。アキ・カウリスマキらしい独特な演出で、孤独な男が愛を知ったことで、人間性を回復していく姿を淡々としたタッチながらも丁寧に描き出す。

あらすじ動画

街のあかりの主な出演者

コイスティネン(ヤンネ・ヒューティライネン)、ミルヤ(マリア・ヤンヴェンヘルミ)、アイラ(マリア・ヘイスカネン)、リンドストロン(イルッカ・コイヴラ)、スーパーのレジ係(カティ・オウティネン)

街のあかりのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 街のあかりのあらすじ1

フィンランド・ヘルシンキ。恋人も友人もおらず、警備会社で夜警員として働くコイスティネン。真面目な性格ながら人付き合いの下手さから、上司や同僚からも忌み嫌われています。そんなコイスティネンが唯一会話するのは、夜勤明けに立ち寄るプレハブのソーセージ屋のアイラ。コイスティネンは独り言のように、起業して同僚を見返してやろうと企む胸の内をアイラの前で語ります。そんなコイスティネンの話に、アイラは毛嫌いすることもなく耳を傾けていました。

ある日の休憩中にカフェにいたコイスティネンに、初対面の女・ミルヤが声を掛けてきます。「あなたが淋しそうだったから」とのミルヤの言葉に、恋愛経験のないコイスティネンはすぐに恋に落ち、映画を見に行く約束をするのでした。
気分を良くしたコイスティネンは、いつも通りかかるバーの店先に1週間も繋がれたままの犬を助けることにします。路上にいた少年から、飼い主が店の中にいると聞いたコイスティネンはウィスキーを1杯煽って、飼い主だと言う屈強な男たちに掛け合います。勝ち目な無いことも分からない程世間知らずなのか、コイスティネンはボコボコにされるのでした。

翌日コイスティネンは、お洒落をしてミルヤと映画館へ。恋に落ちたコイスティネンの視線は、スクリーンではなく終始ミルヤでした。コイスティネンは少し見栄を張ってレストランへ行き、束の間の幸せな時間を過ごします。彼女と別れたコイスティネンはソーセージ屋へ向かうと、“恋人と映画に行った”といつものように呟くのでした。それを聞いたアイラは早々に店を閉めてしまいます。彼女は密かにコイスティネンに想いを寄せていたのでした。

【承】- 街のあかりのあらすじ2

実はミルヤは、マフィアのボス・リンドストロンの情婦で、宝石強盗を企むリンドストロン一味が送り出したスパイでした。リンドストロンたちは調査の末、コイスティネンの堅実でお人好しな人柄や、職場環境などを見定め、彼をターゲットに選んだのです。案の定コイスティネンは、ミルヤを疑うこともなく、初めての恋に夢中なりました。そのためコイスティネンはミルヤのためにも早く独立しようと、なけなしの金で受講した職業訓練校の卒業証書を持って、銀行へ融資の相談に出向きます。しかし担保も保証人もなければ、卒業証書は何の意味も果たさず、コイスティネンは侮蔑されて追い返されました。
落胆したその日の仕事中。これからショッピングセンターの巡回に向かうコイスティネンの前に突然ミルヤが現れ、ウィンドウショッピングがしたいとねだります。本来は部外者の立ち入りは禁止されているものの、コイスティネンは抗えずにミルヤを同行させました。ミルヤが来た理由は、宝石店のロックの暗証番号を盗み見するためでした。そうとは知らず、コイスティネンは彼女がカメラに映らないよう気遣う始末…。帰ったミルヤは早速リンドストロンに、暗証番号を報告するのでした。

その後コイスティネンは、ミルヤを家に招き肩を抱いてみますが、彼女に撥ねつけられます。更にミルヤは、母が病気なので実家へ帰ると別れを切り出しました。肩を落としたコイスティネンはヤケ酒を喰らって、アイラの店へ向かいます。事情を察知したアイラは何も聞かず店を閉めると、コイスティネンを部屋まで届け、優しく介抱してやるのでした。

【転】- 街のあかりのあらすじ3

翌日。巡回を終えたコイスティネンの前に、再びミルヤが現れました。外へ誘い出したミルヤは、コイスティネンの飲み物に睡眠薬を入れ、今度は車に向かわせます。怪しむこともなく、操り人形状態のコイスティネン。ミルヤは彼が寝入ったのを確認すると、ショッピングセンターの鍵束をリンドストロンたちに手渡しました。一味は顔がバレないように宝石店のカメラをスプレーで塗りつぶし、あっという間に宝石を盗み出します。警備員が異常に気付きますが、鍵束の所持者はコイスティネンであるため、彼が疑われるのでした。

警察で事情聴取されたコイスティネンは共犯者の存在を問われますが、1人だったとミルヤを庇います。「君は利用された」と警察に指摘されたコイスティネンは、その時初めて現実に気付くのでした。証拠不十分でコイスティネンは釈放されるものの、もちろん職場は解雇。事件が大きく報道されたため、馴染みのスーパーでも、疑いの目を向けられてしまいます。
そんな中コイスティネンの帰宅を見計らって、ミルヤが部屋を訪ねて来ます。謝罪に来たと彼女は話しますが、鍵束を入れた袋をソファーに隠すのをコイスティネンは見逃しませんでした。仕事を終えたミルヤはあっさりと部屋を去り、袋には盗んだ宝石の一部も入れられていました。非情にも男たちが警察に通報したため、コイスティネンは無抵抗のまま逮捕されたのです。

最後までミルヤについて口を割らなかったコイスティネンは、重窃盗の幇助罪で禁固2年の刑に処され、初犯につき12か月後の仮釈放の権利が与えられました。アイラが裁判を見届けました。

【結】- 街のあかりのあらすじ4

服役したコイスティネンは、一度は脱走を考えるものの強固な警備を見て断念し、黙々と刑務をこなします。アイラが送った手紙も読まずに破り捨て、1年の刑期を終え出所しました。簡易宿泊所に寝床を確保し、前科を隠してレストランの厨房で働き始めます。
街でバッタリとアイラと再会したコイスティネンでしたが、「手紙は要らなかった」と素気無く言い捨て、彼女と別れました。コイスティネンの身を案じたアイラが、簡易宿泊所を訪ねて来ます。コイスティネンは、そのうち車の修理工場を開くと、いつものように吐露し、彼が希望を捨てていないことを知ったアイラは胸を撫で下ろしました。

その後コイスティネンは勤務中に、レストランで食事をするミルヤとリンドストロンに遭遇します。彼らは自分たちの身を守るため、コイスティネンに犯罪歴があることを店の経営者に通告しました。解雇されたコイスティネンは怒りが頂点に達し、ナイフでリンドストロンに襲いかかります。リンドストロンは手に怪我を負ったものの無事で、コイスティネンは手下の男たちに連行されました。その様子をいつかの少年が目撃していました。
激しく暴行されたコイスティネンは、人気のない港へ放置されました。少年から事情を聞いたアイラが、現場へ駆けつけます。瀕死状態ながら「ここじゃ死なない」と呟いたコイスティネンの体に、アイラがそっと手を添えます。それに応えるように、コイスティネンはアイラの手を握りしめるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

人との関りが無さ過ぎて、人を疑うことさえしなかったコイスティネンが人間不信になり。それこそが人間性を取り戻していく姿なのでしょう。皮肉ではありますが…。
99%悲しくて、1%の希望。カウリスマキ作品の中でも群を抜いて不憫で悲劇的な展開でした。その分ラストシーンはささやかなのに、とても力強くて印象的でした。
コイスティネンほど辛い体験はしたことがないけれど、まるで自分のことのようでした。やはりカウリスマキ監督がコイスティネンの心の機微を丁寧に描いているからだろうと実感します。他のカウリスマキ作品で毎度登場する演出と似た展開なのに、いつも新鮮なんですよね。カウリスマキ作の鑑賞後は、毎度感嘆です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください