映画:街のあかり

「街のあかり」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

街のあかりの紹介:2006年のフィンランド映画。名匠アキ・カウリスマキの監督・脚本作で、『浮き雲』『過去のない男』に続く“敗者三部作”の最終章。アキ・カウリスマキらしい独特な演出で、孤独な男が愛を知ったことで、人間性を回復していく姿を淡々としたタッチながらも丁寧に描き出す。

あらすじ動画

街のあかりの主な出演者

コイスティネン(ヤンネ・ヒューティライネン)、ミルヤ(マリア・ヤンヴェンヘルミ)、アイラ(マリア・ヘイスカネン)、リンドストロン(イルッカ・コイヴラ)、スーパーのレジ係(カティ・オウティネン)

街のあかりのネタバレあらすじ

【起】– 街のあかりのあらすじ1

フィンランド・ヘルシンキ。恋人も友人もおらず、警備会社で夜警員として働くコイスティネン。真面目な性格ながら人付き合いの下手さから、上司や同僚からも忌み嫌われています。そんなコイスティネンが唯一会話するのは、夜勤明けに立ち寄るプレハブのソーセージ屋のアイラ。コイスティネンは独り言のように、起業して同僚を見返してやろうと企む胸の内をアイラの前で語ります。そんなコイスティネンの話に、アイラは毛嫌いすることもなく耳を傾けていました。

ある日の休憩中にカフェにいたコイスティネンに、初対面の女・ミルヤが声を掛けてきます。「あなたが淋しそうだったから」とのミルヤの言葉に、恋愛経験のないコイスティネンはすぐに恋に落ち、映画を見に行く約束をするのでした。

気分を良くしたコイスティネンは、いつも通りかかるバーの店先に1週間も繋がれたままの犬を助けることにします。路上にいた少年から、飼い主が店の中にいると聞いたコイスティネンはウィスキーを1杯煽って、飼い主だと言う屈強な男たちに掛け合います。勝ち目な無いことも分からない程世間知らずなのか、コイスティネンはボコボコにされるのでした。

翌日コイスティネンは、お洒落をしてミルヤと映画館へ。恋に落ちたコイスティネンの視線は、スクリーンではなく終始ミルヤでした。コイスティネンは少し見栄を張ってレストランへ行き、束の間の幸せな時間を過ごします。彼女と別れたコイスティネンはソーセージ屋へ向かうと、“恋人と映画に行った”といつものように呟くのでした。それを聞いたアイラは早々に店を閉めてしまいます。彼女は密かにコイスティネンに想いを寄せていたのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「街のあかり」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×