映画:裏切りの街

「裏切りの街」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

裏切りの街の紹介:2016年11月12日公開の日本映画。「何者」の三浦大輔が、自ら脚本、演出を手掛けた舞台劇を原作にした映像配信サービス“dTV”のオリジナルドラマを劇場用に再編集。恋人と同棲するフリーターと平凡な専業主婦が、何気なくアクセスした出会い系サイトで知り合い、逢瀬を重ねるが……。

あらすじ動画

裏切りの街の主な出演者

菅原裕一(池松壮亮)、橋本智子(寺島しのぶ)、鈴木里美(中村映里子)、今井伸二(落合モトキ)、田村(駒木根隆介)、根本裕子(佐藤仁美)、橋本浩二(平田満)

裏切りの街のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①日々無為に過ごす裕一と、目的もなく主婦を続ける智子は出会い系で知り合い、なんとなく関係を持つ。発展性も実りもない関係を続けていたが、智子が妊娠すると同時に互いのパートナーに浮気が露見。 ②智子の夫・浩二は子を産んでくれと頼み、別れるつもりはないと裕一に言う。裕一の恋人・里美も伸二と浮気していたことを告白、別れない決断をする。

【起】– 裏切りの街のあらすじ1

東京都心。

〔7月〕

菅原裕一は、同棲する彼女・鈴木里美から毎日2000円の小遣いをもらって生活する、いわばヒモです。

そのうちに頑張ると口にするものの、実際のところは昼間から出会い系サイトを見てだらだら過ごす人物でした。東中野で暮らしています。

いっぽう専業主婦の橋本智子は、40歳を間近に控えていました。ふと出会い系サイトに、「30代前半。今から会えませんか。吉祥寺に住んでいます」というコメントを投稿します。

それを見た裕一がメッセージを送信し、荻窪で会うことになりました。裕一は2000円をポケットに突っ込むと、いそいそと出かけていきます。

智子は赤いワンピースを着ていると書いていました。荻窪駅前で、2人は顔を合わせます。

智子が「今年40歳になります」と見栄を張ったことを謝り、裕一もマスコミ関係の仕事と言いながら本当はフリーターだと明かしました。

初対面の2人は公園のベンチに座り、互いに模索しながら会話をします。

初めて会った時の挨拶の話、今日着て来た服のこと、昼間に見ているテレビ番組の話…智子がお笑いのサンドウィッチマンが好きだと判明しました。

話をした後、唐突に智子は「私そろそろ帰ります」と言い、連絡先を渡して去っていきました。

肩すかしを食らった裕一は、親友の伸二に電話して「今日出会い系で会った女がいきなり帰りやがってさ。すぐやれねーと意味ねーじゃん」と愚痴ります。

そうはいうものの、裕一も智子もパートナーに不満を抱えているわけではありません。

裕一のほうは…里美が必死で働き、自分の分の生活費や家賃も負担してくれていることに、申し訳なさを感じています。感じてはいるものの、里美がふと漏らす説教くさい言葉に反発も覚えます。

「俺、明日からちゃんとするわ」が口癖ですが、裕一は全く就職活動をしていませんでした。里美はそれに気付きながらも、どこかで「私を頼ってくれている」ということを嬉しく思い、2000円の小遣いでは浮気もできないだろうと高をくくっています。

智子のほうは…夫・浩二はよくできた男性です。仕事の付き合いで飲みに出かけることはあっても、積極的に家事も手伝い、智子をねぎらってくれます。

専業主婦という身に甘んじていながら、智子はどこかで「夫に借りを作るのは嫌」という気持ちを抱えていました。かといって、具体的にどうなりたいかというビジョンはありません。

〔1週間後〕

ひまを持て余した裕一は、ふと智子から連絡先をもらっていたことを思い出し、電話をかけてみます。

「間違えてかけちゃって」と誤魔化しながら、お笑いのM1が復活した話を振ると、智子が話に食いつきました。語り始めたので、会おうと誘います。

会ったものの、智子はすぐ帰りたがりました。裕一は思わず「じゃあわざわざ会う必要ない」と声を荒らげてしまいます。

智子は、結婚していることを裕一に告げました。裕一も、自分には彼女がいると答えます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「裏切りの街」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×