映画:西の魔女が死んだ

「西の魔女が死んだ」のネタバレあらすじと結末

西の魔女が死んだの紹介:サチ・パーカー主演で2008年に劇場公開された作品で、原作である梨木香歩の同名小説は、児童文学として高い評価を受けています。映画内でも「西の魔女」こと主人公のおばあちゃんが住む家が森の中に建てられており、ややファンタジックな作品の世界観を演出しています。学校に馴染むことのできない少女が魔女であるおばあちゃんと触れ合うことで、生きるために大切なものを見出していく心温まるストーリーです。

あらすじ動画

西の魔女が死んだの主な出演者

おばあちゃん(サチ・パーカー)、まい(高橋真悠)、ママ(りょう)、パパ(大森南朋)、郵便屋さん(高橋克実)、ゲンジ(木村祐一)

西の魔女が死んだのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 西の魔女が死んだのあらすじ1

西の魔女が死んだのシーン1 中学生のまいはクラスに馴染むことができず、ママに学校へ行きたくないと話します。
まいは母親と2人で暮らしており、単身赴任をしているパパとの3人家族でした。
ママは普段仕事をしているため、まいを田舎で暮らすおばあちゃんの元へ、しばらく預けられることになります。
イギリス人であるまいのおばあちゃんは、森の中にある一軒家で一人、自然に囲まれて暮らしていました。
まいはママとともにおばあちゃんの家を訪れ、一緒に食事を作るなど3人での時間を過ごしていましたが、まいが車に荷物を取りに戻ると、そこには見知らぬ男性が車内をのぞいているのでした。
おばあちゃんはその男を、近くに住むげゲンジさんだと言いますが、まいはゲンジに不信感を抱いてしまいます。
翌日の朝にママは自宅へと戻ってしまい、まいとおばあちゃんとの生活が始まります。
まいは森を散策し、ジャムを作るためにおばあちゃんと野イチゴを収穫しました。
摘んできた野イチゴを丁寧に洗い、砂糖とともに煮詰めてジャムを作っていきます。おじいちゃんも大好物だったという野イチゴのジャムを2人で一緒に作り、まいとおばあちゃんはパンにジャムを塗ってほお張るのでした。
その夜おばあちゃんは、自分の祖母の話しをまいに聞かせます。
おばあちゃんの祖母は透視と予知能力に優れており、海でおぼれそうになっている祖父の姿が見えたというのです。
祖母はその場で祖父に声をかけ、誘導したことで祖父を助けたのでした。
おばあちゃんの祖母と祖父のエピソードをまいに聞かせながら、おばあちゃんの祖母は魔女であったと語ります。
まいは、おばあちゃんに「うちは魔女の家系なの?」と尋ねると「大正解」と答えるのでした。
まいは森の中でお気に入りの場所を見つけ、自分のことについて考えていました。
家に戻ると、まいはおばあちゃんに、自分も魔女の能力を身につけたいと話しますが、おばあちゃんからは「魔女になるのは簡単なことではありませんよ」と優しく諭されてしまいます。
まいは、魔女になるための基礎トレーニングから始めることになります。

【承】- 西の魔女が死んだのあらすじ2

西の魔女が死んだのシーン2 おばあちゃんは魔女になるためには特別なことをするのではなく、精神力を鍛えること、そして自分で決めることのできる意思の力がなにより大切だと語ります。
そのためにまず行なうことは、規則正しい生活や食事、運動などの基本的なことだと話します。
しかし、今のまいにとってそんな生活スタイルの実現は、難しい課題でもありました。
まいはこれからの生活で1日の活動スタイルを決め、家事や洗濯、勉強にニワトリの世話など、スケジュールどおりに生活することから始めていきます。
まいは日々の活動を精力的に行なっていると、おばあちゃんはまいに畑で作物を栽培しないかと提案し、まいの好きな場所に畑を作ろうと言います。
まいは森の中で見つけた自分のお気に入りの場所を思い出し、そこに畑を作りますが、そこはあまり畑に適した土地ではありませんでした。
それでもおばあちゃんは、生命力の強い草や花を植えることを提案し、まいはそこに自分の畑を作るのでした。
おばあちゃんの優しさに、まいは「おばあちゃん大好き」と話し、おばあちゃんは「I know」と答えます。
まいは庭先に生えている草に「ヒメワスレナグサ」という名前を付け、大切に水をやるのでした。
そこへ、大きな音を立てて郵便屋さんがやって来ます。
手紙を持ってやってきた郵便屋さんですが、彼の乗っていたバイクは故障しており、息子の迎えを待つ間、郵便屋さんはおばあちゃんの家で過ごすことになりました。
おばあちゃんは郵便屋さんにかりん酒を振る舞い、まいとおばあちゃん、そして郵便屋さんは息子の話しなどで盛り上がるのでした。
郵便屋さんが帰ったあと、まいはおばあちゃんに、「おばあちゃんは魔法を使わないの?」と尋ねますが、おばあちゃんは「毎日のちょっとした変化が楽しみだから、変化を前もって知る必要がないのだ」と語るのでした。
ある朝、まいがいつものように卵を取りにニワトリ小屋へ向かうと、そこには無残な姿になったニワトリの姿がありました。
まいは思わず悲鳴をあげ、その場にうずくまってしまいます。

【転】- 西の魔女が死んだのあらすじ3

西の魔女が死んだのシーン3 すぐにおばあちゃんがまいの元へ駆けつけ、おばあちゃんはゲンジにニワトリの死骸の処理を頼みました。
連絡を受けて来たゲンジは、手際よくニワトリ小屋を片付けて帰っていきます。
小屋の柵にはニワトリの羽と一緒に動物の毛のようなものが付いており、おばあちゃんは野良犬かイタチの仕業だろうと話します。
まいはひとり、森の中のお気に入りの場所で腰をかけていると、急な雨に襲われてしまいます。
突然暗くなり、風が吹く森の様子が恐ろしくなり、まいは走って戻ろうとしますが、道に出た途端にその場から動けなくなってしまうのでした。
偶然通りかかった郵便屋さんに発見され、まいはおばあちゃんの元へと帰されます。
その夜、まいは死ぬことが恐ろしくなり、おばあちゃんの布団にもぐり込むと、人の死についておばあちゃんに尋ねます。
おばあちゃんはまいに、「人の死とは魂が体から離れて、自由になることだ」と話します。
そして人の魂について話すと、「おばあちゃんが死んだら、まいに知らせてあげますよ」と語るのでした。
次の日、まいはおばあちゃんから、ニワトリ小屋の片付けのお礼を渡すためにゲンジの家へお使いを頼まれます。
ゲンジは無愛想ながらお礼を受け取りますが、まいはゲンジが飼っている犬の毛とニワトリ小屋の柵に付いていた毛が同じものではと疑います。
すぐに帰っておばあちゃんに報告しますが、おばあちゃんは「直感を信じることは大切なことだが、直感に取りつかれてはいけない」とまいを諭すのでした。
ある朝、おばあちゃんの家にパパがやって来ます。
単身赴任中だったパパは、ママも含めて家族3人で新しい場所で暮らさないかと提案します。
学校も転校することになると聞いたまいはその夜、おばあちゃんに自分が通っていた学校のことを話すのでした。
女子のグループの中で馴染むことができず、孤立してしまっていることを話し、環境を変えることで今の問題を解決することはできるが、根本的な解決にはなっていないと話します。
おばあちゃんは、その時の判断で良いのではと話し、楽に生きられる方を選択することに罪悪感を感じる必要はないと言うのでした。
翌日、まいは家族3人で暮らす決意を固め、パパに報告します。
それを聞いていたおばあちゃんは、少し寂しそうな顔を見せるのでした。

【結】- 西の魔女が死んだのあらすじ4

西の魔女が死んだのシーン2 家族と新しく暮らす場所は、おばあちゃんの家からは遠く離れていました。
まいはママが迎えに来る前に、自分のお気に入りの畑へと向かいますが、そこにはまいの畑のそばで地面に穴を掘っているゲンジの姿がありました。
ゲンジはまたも不愛想に「庭に使う土を掘っている」と言いますが、帰って来ておばあちゃんに訴えるまいは、自分の畑を乗っ取る気だと言って聞きません。
興奮気味のまいはゲンジを許すことなど絶対に出来ないと話し、ひどいことを口にしてしまいます。
それを聞いたおばあちゃんは、まいをビンタしてしまうのでした。
まいは自分の部屋へとこもってしまい、まいとおばあちゃんには溝ができたまま、別れの日を迎えてしまいます。
まい別れのときも、おばあちゃんにちゃんと挨拶をすることができないまま、車に乗り込んでしまいまうのでした。
それから2年の月日が経っていました。
新しい場所で学校に通うようになっていたまいの元におばあちゃんが危篤になったという連絡が入ります。
まいはママの運転する車の中で、自分がおばあちゃんとひどい別れ方をしてしまったことを悔やんでいました。
ママとまいは急いでおばあちゃんの家へと駆け付けますが、おばあちゃんはすでに息を引き取っていました。
おばあちゃんの家にはゲンジも来ており、ゲンジはまいに、自分がおばあちゃんとおじいちゃんに世話になったことを話します。
おばあちゃんの家の庭先には、大きく育った「ヒメワスレナグサ」が咲いていました。
まいは水をあげようと近寄ると、側にあるガラス窓に「ニシノマジョカラ ヒガシノマジョヘ オバアチャンノ タマシイ ダッシュツ ダイセイコウ」と書かれている文字を目にします。
まいは涙を浮かべながらおばあちゃんとの約束を思い出し、天に向かって「おばあちゃん、大好き」と言うと、誰もいない台所から「I know」という声が聞こえてくるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

都会から離れた自然の中で暮らすおばあちゃんの言葉や態度が美しく、童話の世界観も良く出ていたと思います。
実写でありながら絵本を読んでいるようで、見終わったあとに優しい気持ちになれる作品です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「西の魔女が死んだ」の商品はこちら