「評決」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

映画「評決」の感想

ライターの感想

電話のベルが鳴り続ける中、そのまま暗転するラストシーンが絶妙で、個人的には今まで見た映画の中でも3本の指に入るくらいの名ラストシーンではないかと思っています。序盤は本当に「ダメ弁護士」そのままの主人公が、心の中でくずぶっていた正義感に目覚め、逆境に立たされながら立ち向かう姿は、思わず鳥肌が立つくらい感動的です。決して派手な作品ではありませんが、ニューマンを始めとした抑えた演技が光り、クライマックスの最終弁論での長回しショットも、声を荒らげて訴えるわけではないのですが、思わず見入ってしまう「映画の力」を秘めていると思います。
    1 2 3 4 5

    「評決」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    こちらもおすすめ

    ×