映画:誰も守ってくれない

「誰も守ってくれない」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

誰も守ってくれないの紹介:ある刺殺事件をめぐる物語。撮影手法として「セミドキュメンタリー」を用い、「加害者家族の保護」という視点から描いた異色の作品。第32回モントリオール世界映画祭にて最優秀脚本賞受賞作。

あらすじ動画

誰も守ってくれないの主な出演者

勝浦卓美(佐藤浩市)、船村沙(志田未来)、三島省吾(松田龍平)、本庄圭介(柳葉敏郎)、本庄久美子(石田ゆり子)、梅本孝治(佐々木蔵之介)

誰も守ってくれないのネタバレあらすじ

【起】– 誰も守ってくれないのあらすじ1

事件のトラウマにより、離婚の危機に直面していた勝浦刑事。

ある日、小学生姉妹刺殺事件が発生し、18歳の少年が容疑者として浮上しました。

勝浦と同僚の三島がその事件の担当者として任命されましたが、任務は事件の解決ではなく、容疑者の家族の保護でした容疑者の家族は事件をきっかけに、地域住民やマスコミの標的にされ、好奇と憎悪の対象になってしまうためです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「誰も守ってくれない」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×