映画:踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」のネタバレあらすじと結末

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!の紹介:大ヒットドラマ「踊る大捜査線」の映画化作品として作られた作品で、前作「踊る大捜査線 THE MOVIE」の続編となる作品です。実写邦画歴代興行収入としては2019年現在まで1位となっており、興行的にも大成功を収めた作品と言えます。本作では警察組織と組織を持たない犯人たちという構図が描かれ、その中で主人公・青島や恩田が苦悩し、希望を見出していく様が描かれています。

あらすじ動画

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!の主な出演者

青島俊作(織田裕二)、恩田すみれ(深津絵里)、室井慎次(柳葉敏郎)、真下正義(ユースケ・サンタマリア)、柏木雪乃(水野美紀)、和久平八郎(いかりや長介)、沖田仁美(真矢みき)、袴田健吾(小野武彦)、秋山副署長(斉藤暁)、神田署長(北村総一朗)、江戸りつ子(小西真奈美)、小池茂(小泉孝太郎)

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のあらすじ1

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のシーン1 多くの建物が立ち並び観光地となったお台場・湾岸署管内で、女子高生が何者かによって噛まれるという事件が発生します。
さらに家族ぐるみでのスリ被害も多発しており、青島、恩田はそれぞれの事件の捜査に着手するのでした。
そんな中、お台場で会社役員が殺害され縄で縛られて吊るされているのが発見され、湾岸署内に捜査本部が設置され、署内では慌ただしく準備が始まります。
また刑事課のパソコンには署長が誰かに宛てて送った不倫関係を匂わせるメールがウイルスによってすべてのパソコンに一斉送信され、署長の不倫疑惑に騒然となります。
青島が神田署長の不倫相手探しに躍起になる中、本庁から室井管理官が警視庁初の女性管理官である沖田を連れて湾岸署にやって来ます。
事件の陣頭指揮を執ることになった沖田は、青島と顔を合わせるなり「事件は現場で起きているのではなく、会議室で起きているの」と言い放つのでした。
沖田は捜査会議でもキャリア組の報告や指揮を優先させ、所轄に対しては冷たい扱いをします。
地道な捜査を命じられる青島ら所轄組でしたが、この事件には新たな捜査手法として防犯カメラを用いた監視による捜査も導入されており、青島と恩田は室井によってその監視業務を任されるのでした。
ほどなくして第2の殺人事件が発生し、沖田は監視モニターに気づかなかった青島らを叱責します。
沖田は責任を取らせる形で室井を監視役に就かせ、室井は苦渋の表情でそれを受け入れるのでした。
沖田は犯人からの電話接触に備えて、交渉役となるネゴシエーターを湾岸署に呼びます。
それはかつて湾岸署で青島と同僚だった真下正義でした。
真下はキャリア組としてアメリカでネゴシエーターの研修を受けたあと日本に帰国し、警視庁初の交渉人となっていたのでした。
真下は殺人事件の犯人と電話で接触しますが、1度目の電話の相手とは違う人物であり、組織としての一貫性の無さに困惑していました。
しかしそれでも会話の内容から犯人に関する情報を引き出し、沖田に伝えるのでした。

【承】- 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のあらすじ2

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のシーン2 第2の事件の犯行現場には目撃者がおり、殺された女性の部下であった江戸りつ子が湾岸署に連れられてきます。
犯人に狙われる危険性もあり警察が保護しますが、沖田は彼女を説得してパーティへ出席させるのでした。
不特定多数の人が集まるパーティには犯人が現れる可能性もあり、沖田は捜査のためにりつ子をおとりにしようとしていたのでした。
もちろん会場には大勢の警察官が張り込み、青島と恩田もりつ子とともに会場に同行します。
しばらくするとパーティが行われている会場内で怪しい男たちを発見し、会話の内容から彼らを被疑者と特定した沖田はまわりに共犯者がいないか入念にチェックさせます。
緊迫した会場内で、青島と恩田はそれぞれ別件で追っている家族ぐるみのスリグループと、女子高生暴行の犯人を見つけます。
目の前で犯行が行われているにも関わらず、沖田らの指示により動くことのできない青島と恩田は、みすみす犯人を逃がしてしまうのでした。
そして肝心の殺人犯も一瞬の隙のうちに見失ってしまい、パーティ会場での犯人確保に失敗してしまうのでした。
湾岸署に戻った青島と恩田は、沖田に自分たちの仕事について訴えます。
事件の大きさで仕事をしているわけではないと語る恩田らに、沖田は「そんな捜査なんかしなければいい」と言い放ちます。
それを聞いて青島は、やってられないというようにコートを床にたたきつけます。
署長たちに呼び出され、不倫疑惑を捜査するのをやめるようにと釘をさされた恩田でしたが、恩田はそのことにはとり合わず、署長らに自分たちのやっている仕事の意義を問います。
青島も同様に仕事へのモチベーションを失ってしまい、自分たちのやっていることに希望を見いだせずにいるのでした。
そんな折、パーティに同行したりつ子が刑事課へとやって来て、お礼とともに青島に新しいコートをプレゼントしていきます。
せっかくだからと、よれよれになったコートを処分して新しいコートを勧める恩田でしたが、青島は自身が警察官いなった日に安く譲ってもらったというコートの思い出を話します。
青島がコートを安く購入できたのは、その店の店主がかつて警察官に優しくしてもらったからであることを思い出し、青島と恩田は自分たちのやっている仕事が決して無駄ではないことを悟るのでした。
自分たちの仕事の必要性を感じた青島は、雨が降るなか再び聞き込みをしに街へと出かけます。

【転】- 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のあらすじ3

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のシーン3 捜査本部には犯人からの電話がかかって来ていました。
電話に出た真下は犯人の名前を確認しますが、またしても先ほどの電話とは別人のようで、真下がにらんだ通り犯人は組織に縛られることのないリストラされたサラリーマンのようでした。
青島や恩田をはじめ外で聞き込みをしていた捜査員は、付近にある公衆電話に注意を向けます。
犯人は話している最中に誰かに声をかけられたようで、真下との電話中に別の誰かに向かって話している様子でした。
監視カメラでモニターしていた室井はその様子から公衆電話で話している犯人を発見し、捜査員を向かわせます。
犯人が電話を切ったあと、すぐに公衆電話に到着したのは湾岸署刑事課の柏木雪乃で、彼女は電話ボックスを確認中に後ろから犯人に銃を突き付けられ、そのまま拉致されてしまうのでした。
現場に青島や恩田らも駆けつけ、まわりを捜索しますが、犯人の姿は見当たりません。
ふと見ると恩田は何かに気がつき、コンビニの前にいる家族ぐるみのスリグループを逮捕するのでした。
電話中に犯人に声をかけてきたのは、この窃盗目的の家族ぐるみのスリグループだったのでした。
窃盗グループの父親は子どもがいないことに気がつき、騒ぎ出します。
沖田はまたしても犯人を取り逃がし、さらに捜査員を拉致されてしまったことでお台場を封鎖する指示を出します。
しかしお台場には多くの幹線道路や鉄道、トンネルなどが通っており、すべてを封鎖するには多くの手続きが必要となるのでした。
また今現在も工事が進んでいる地図にないトンネルなどもあり、犯人の居場所の特定は困難を極めていました。
家族ぐるみのスリグループが犯人から盗んだ財布には、蒲田トンネルの地図が入っていました。
真下らは犯人が蒲田トンネルを使って移動していることを特定し、青島とSATは建設中の鎌田トンネルを捜索します。
青島はそこで犯人たちがいた形跡を発見し、奥へと進んでいくのでした。
恩田は蒲田トンネルの出口側を捜索していると、雪乃とともにエレベーターから出てきた犯人たちと遭遇します。
まわりには観光客なども多くおり、銃を向けたまま興奮している犯人たちに騒然となっていました。
青島とSATも現場に到着し、SATは沖田に発泡許可を求めますが沖田は躊躇し、そこで行方不明となっていた家族ぐるみのスリグループの子どもを発見した恩田は、その子をかばうような形で犯人に撃たれてしまいます。

【結】- 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のあらすじ4

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のシーン2 犯人たちはその場を立ち去り、青島は恩田のもとへ駆けつけ救急車を呼びます。
捜査員が撃たれたことでうろたえ、自分を見失っている沖田にベテラン指導員の和久が詰め寄ります。
和久は病院へと向かい、血まみれのコートを着て戻ってきた青島は「どうして現場に血が流れるんだ」とモニター室の室井に言うのでした。
それを聞いた室井は席を立つと捜査本部へと向かいます。
沖田は上層部の命令により現場の指揮を降ろされることになり、代わって室井が指揮を執ることになります。
室井は土地勘のある犯人が隠れられそうなポイントを見つけ出すためにキャリアや所轄、役職など関係なく刑事たちに情報を求めます。
それを聞いて現場の刑事たちからは地図にない情報が寄せられ、刑事たちは怪しい箇所の捜索に向かうのでした。
有力な手掛かりがいくつも出る中で、湾岸署の観光者相談係の山下圭子は署長と一緒に夕日を見に行った隠れスポットを口にしてしまいます。
これによって署長の不倫メール事件の相手が山下であることがバレてしまうのでした。
室井は捜査員に上からの指示を待たずに現場の判断で動くことを許可します。
真下らは現場へと向かい、そこで監禁されている雪乃や潜伏している犯人グループを発見します。
犯人グループの数人は逮捕され、残りは車を使って逃走していました。
青島は再びレインボーブリッジへと向かいますが、依然としてレインボーブリッジは封鎖されておらず、青島の脇を犯人たちが乗った車が通り抜けていきます。
青島は犯人たちの車を必死に追いかけますが、レインボーブリッジの途中で車から降りてきた犯人は青島に勝利を宣言し、走り去っていくのでした。
青島の元から遠のいていく車は一瞬にして光に包まれ、次の瞬間にはヘリから降りてきたSATに包囲されていました。
SATの隊長は「我々も自分たちの判断でここへ来た」と青島に告げるのでした。
青島は集まってきたマスコミのカメラに向かって輸血の必要性を訴えます。
テレビを見て湾岸署の前には多くの人が献血へと訪れ、魚住係長は自分の腕を噛まれながらも、行列に紛れていた連続噛みつき魔を逮捕します。
病院では恩田の手術が成功し、駆けつけた青島とキャビアを食べに行く約束をするのでした。
恩田に付き添っていた和久は、青島と室井に警察の今後を託して去っていきます。
数ヶ月後、殺人事件の捜査が評価された室井は表彰され、青島は表彰式を欠席して現場で遺留品の捜索をしていました。
そして恩田も退院し現場に復帰しており、そこはいつもの湾岸署の日常に戻っているのでした。

みんなの感想

ライターの感想

所轄の事件と本庁が追う複数の事件を絡めながら、テンポよく物語が進んでいく内容で、最後まで楽しんで観ることができました。
組織の中の苦悩のような日常的なエピソードからドラマチックな展開も盛り込みつつ、映画としてバランス良く作られている作品だと感じました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の商品はこちら