映画:追憶と、踊りながら

「追憶と、踊りながら」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ヒューマンドラマ

追憶と、踊りながらの紹介:初老の中国人女性と、彼女の息子の友人であるイギリス人の青年。大切なものを失った二人が、悲しみを分かち合えずにいた。そこには隠された現実があった。カンボジア出身のホン・カウ監督の初長編作のイギリス映画。2014サンダンス映画祭最優秀撮影賞受賞、ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード三賞にノミネート、2015BAFTA英国アカデミー賞英国デビュー賞ノミネート作品。

あらすじ動画

追憶と、踊りながらの主な出演者

リチャード(ベン・ウィショー)、ジュン(チェン・ペイペイ)、カイ(アンドリュー・レオン)、ヴァン(ナオミ・クリスティ)、アラン(ピーター・ボウルズ)

追憶と、踊りながらのネタバレあらすじ

【起】– 追憶と、踊りながらのあらすじ1

ロンドンに移住して長いカンボジア系中国人のジュンは、息子のカイが友人リチャードと暮らすため、アパート型の介護施設に入所することになりました。

カイのために不自由な母国の政治体制から抜け出しイギリスに来たジュンですが、未だに英語も話せなければこの国に馴染みもしませんでした。

施設でも孤立し、息子の面会だけが楽しみなのですそんなジュンは自分を家から追い出す原因になったリチャードを激しく嫌っていました。

ジュンは施設での生活を厭わしく思いながらも、アランというイギリス人男性と出会い、交流を重ねています。

お互い言葉は通じなくても、二人は心が通っていました カイとリチャードは、本当は恋人同士でした。

カイはゲイであることをジュンに告げて3人で暮らしたいと考えていました。

しかし何度施設を訪れても、カイは言い出すことが出来ませんジュンを家に呼び告白しようとした日、彼女を迎えに行く途中で事故に遭いカイは命を落としました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「追憶と、踊りながら」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×