「野火」のネタバレあらすじと結末の感想

野火の紹介:2014年製作の戦争映画。監督・脚本・主演は塚本晋也。自身のフィリピンでの戦争体験を基にした大岡昇平の小説の実写化作品。2015年公開。

予告動画

野火の主な出演者

田村一等兵(塚本晋也)、安田(リリー・フランキー)、伍長(中村達也)、永松(森優作)、田村の妻(中村優子)、分隊長(山本浩司)、軍医(山内まも留)

野火のネタバレあらすじ

【起】- 野火のあらすじ1

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。田村一等兵は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされます。負傷兵が大勢いる病院では食料が困窮しており、数本のカモテ芋しか持たされていない田村は早々に追い出されてしまいます。部隊に戻ると分隊長に殴られ、入隊を拒否された田村は再び病院へと向かいます。
こうして駐屯地と野戦病院を行ったり来たりしているうちに、田村は病院の周囲をたむろする安田と永松の2人組に出会います。足を負傷している中年男の安田は、煙草をエサに永松青年を手下のように扱い、永松は田村の芋を奪い取ろうとします。
その夜、敵からの攻撃で野戦病院に火が放たれ、田村はあてもなく孤独に歩いて行きます。

【承】- 野火のあらすじ2

田村は無人の小屋に辿り着き、そこで芋を見つけます。さらに、近くに無人の村と教会堂を見つけ、田村はしばらくそこで休息を取ります。
そこへボートで遊んでいた男女2人が入って来ます。田村は彼らに銃を向けて現地語で「マッチをくれ」と頼みます。混乱した女は田村の言葉に耳を貸さずに叫び続け、やがて彼は女を撃ち殺し、男には逃げられてしまいます。
教会の床下を外すと、麻布の袋に入った塩がありました。田村はそれを持って村を出て、橋の上に立って銃を滝に投げます。
田村は3人の日本兵に出くわし、所属していた村山隊が全滅したことを知らされます。さらに、レイテ島の全兵士はパロンポンに集合すべしとの軍令が入っていました。塩に目をつけた伍長は、「俺たちはニューギニヤじゃ人肉まで食った」と笑いながら話し、田村を仲間入りさせます。

【転】- 野火のあらすじ3

パロンポンに向かう最中、路傍に転がる日本兵の死体が増えていました。そこで野戦病院で別れた安田と永松に遭遇します。彼らは兵士に煙草を売りながら歩いており、田村は2人と話をするうちに伍長一行とはぐれてしまいます。
追いついた田村は、塩を分けた伍長の部下から「俺たちについてきてもいいことはない」と告げられます。夜、大勢の兵士がほふく前進で丘を登っていると、敵からの奇襲を受けます。兵士は大量死し、生き残った田村は丘の頂上で負傷した伍長を発見します。彼は「俺が死んだらここを食べてもいいよ」と上膊部を叩きます。
その後伍長は死に、飢餓が極限まで達した田村は1本の赤い花が「あたし食べてもいいわよ」と話す幻覚を見ます。そこに永松が現れ、田村に水筒の水と猿の干し肉を与えます。

【結】- 野火のあらすじ4

安田も健在で、田村は彼の口車に乗せられて所持していた手榴弾を渡してしまいます。返せと言っても安田は返さず、永松に手榴弾を奪われたことを告げると、一旦逃げるように言います。安田は田村に向けて手榴弾を投げつけます。田村は肩の一片の肉をもぎ取られるも、その肉を口に入れます。
永松と河原に向かった田村は、安田を殺して肉を食べようと誘いかけます。田村が与えられたのは、猿の肉ではなく人肉でした。田村が難色を示すと、永松は「オレがお前を殺して食うか?お前がオレを殺して食うか?」と言います。
結局永松は安田を見つけて撃ち殺し、刀で手首や足首を切り落とし、肉にかぶりつきます。田村は永松に銃を向け、そこから記憶が途切れてしまいます。
その後、生き延びた田村は日本に戻り、自宅で手記を執筆していました。彼が窓越しにかつての記憶を鮮明に見る場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

  • 。さんの感想

    気持ち悪い

  • ちゃーちゃんさんの感想

    グロいというよりも、まとめる上官なしでは、異国の戦地ではすべて敵 私達が聞いてきた戦争は真実ではないのだなと震えた

  • アホかっさんの感想

    この映画を観てから食事は出来ないか

映画の感想を投稿する

映画「野火」の商品はこちら